阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんな事を考えているのか、など「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報をお求めの方は、
右のバナーの公式サイトや facebook、Instagram、Twitterをご参照下さい。

夏休みの遠出(伊勢神宮編)

author : かず   [ 一般 ]
2018.08.31 Friday 23:01 | - | trackbacks(0) | 

どうも。

知能・機能創成工学専攻のかずです。

 

今回はこの8月に行ったとこの続きで、伊勢神宮に行ったことを書こうと思います。

私は大学の近くに下宿しているので、お盆に家に帰った際、親が伊勢神宮に行こうと提案されました。

私自身伊勢神宮にはいったことなかったのと、たまにしか実家に帰らないので親孝行を兼ねて二つ返事で引き受け、車で片道約2時間半かけて行ってきました。

歩く過程も多かったのですが、曇りで暑くもなく寒くもなくちょうどよい天気でした。

時間があまりなかったので内宮だけ行きましたが、五十鈴川の宇治橋や正宮 皇大神宮などを実際に見て伊勢神宮を満喫しました。

 

宇治橋

皇大神宮へ続く階段(皇大神宮は撮影不可)

 

帰りは内宮前にあるおかげ横丁でご飯やお土産物を購入しました。

おかげ横丁は江戸時代末期から明治時代初期の鳥居前町の町並みを再現した観光地であり、とても雰囲気の良い場所です。

伊勢ということもあり、伊勢海老ではありませんが海老天丼を食べてお腹も満たし、とても充実した一日でした。

親も満足してくれたようでとてもよかったです。

 

おかげ横丁

海老天丼

 

伊勢神宮へ訪れた際はぜひおかげ横丁にも足を運んでみてください。

また、下宿生の方であまり実家に帰らないという方や、普段なかなか親孝行できないという方は、ぜひ機会を見つけて親孝行してください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

それではまた。

受験生のみなさんへ✎✐🔥

author : すみっコ   [ 一般 ]
2018.08.31 Friday 16:02 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは!!

応自2回のすみっコです🐱

 

今回は受験生に向けて少し話したいと思います。

夏休みもついに終わりですね!

どんな夏休みでしたか??

 

私の高3の夏休みは本当に勉強漬けで、

オープンキャンパスの日以外は

ほぼ毎日12時間とか勉強してました…

途中で心が折れそうになったり

なんのためにこんなことしてるんやろ?とおもったり

1日1日がとにかく長くてつらかったです。

きっとみなさん人により違うとは思いますが

それぞれつらいことも多かったのではないでしょうか?

 

この夏休み、

めちゃ頑張れた!悔いなし!

という人もいるかもしれませんが、

もっと頑張れたのに…もう終わってしまった…

と後悔している人の方がきっと多いですよね。

それは自分の意識の高さゆえなので

まずはひとまず自分を褒めてあげてくださいね!

 

そして夏休みが終わり秋になれば

二次試験対策も進めていくことになると思います。

難しい問題も増えますが

あきらめずに1問1問立ち向かってみてください。

 

間違えたとき、

うわ、解けへんかった…最悪や…

と思うのではなくて、

解けへんとこ見つけれた!よかった〜

今のうちに解けるようにしとこ!

とポジティブに考えて、

勉強を楽しんでくださいね!!

 

では今回はこのへんで✋

スマホを お留守番させてみた

author : ミッケ   [ 一般 ]
2018.08.30 Thursday 17:07 | - | trackbacks(0) | 

 

こんにちは!ミッケです。

 

みなさんは、ずばり “スマホ中毒” ですか…??

 

突然質問させていただきましたが、今やこの質問は意味をなさないかもしれませんね。最近は、駅でも歩道でもどこでも、スマホを触っている人を本当に多く見かけるようになりました。何だかもう、“スマホ中毒”が当たり前になってきて、もはや死語になってしまうのではないか…という勢いです。

 

今やなくてはならない存在、“スマホ”。

受験生のみなさんの中には、“スマホが気になって勉強に集中できない…” という経験がある方も多いのではないでしょうか。かく言う私もその一人で、先日終わった大学院入試の勉強に飽きてくるとついつい見てしまうことが、目下の悩みでした。

 

そんなある日、大学の図書館に来てから家にスマホを忘れてきたことに気付きました。最初はあちゃ〜と思いましたが、勉強しているとだんだん、“スマホがないことのメリット”が見えてきました。

 

通知が気にならない!

 

もし来ていたとしても見る手段がないので、だんだんどうでも良くなってきます。

 

目が疲れにくい

 

それまでは常に目が少しシュパシュパしていましたが、家に置いていくようになってからは目に潤いが戻り、勉強に集中しやすくなりました。

 

一日に自分に来る連絡の重要性について

 

今までは1日に数回連絡をチェックしていましたが、一日スマホを放置しておくと、夜家に帰って来たら一日分の連絡が溜まっていることになります。そこで改めて、一日分総合しても、自分には大した連絡は来ていないとわかりました…(メリット…?)。それはそうですね、毎日図書館にこもっていたら…(笑)

 

 

勉強中、スマホで教科書に載っていないことを調べたり、堅苦しい教科書の内容を嚙み砕いて書いているサイトを探したりすることもあると思います。それも、図書館などのネット環境が整った所へ行けば解決。

 

ないならないで、意外と特に不自由はないのだということに気付き、それからは毎日スマホを“敢えて忘れる” ようになりました。

 

もちろん、電車の時間を調べたり、送迎の連絡をしたりなど、スマホがないと不便…という方も多いと思うので、全ての人にとって有用な方法ではないとは思います。けれどもそこまで差し迫った使う用がないという方は、ぜひとも試してみてほしいと思います。

 

それではまたお会いしましょう(‘ω’)

貴重なキャンパスライフ

2018.08.30 Thursday 16:09 | - | trackbacks(0) | 

ファミール小鉢ランキング1位はオクラの巣ごもりだと思います.

 

どうも,こんにちは

応用理工学部4年××(ばつばつ)です.

5月の投稿から3か月ほど経ってしまいました,申し訳ございません.

 

さて,この空白の3か月,私が何をしていたかといいますと,ずっと院試勉強をしていました

 

7月頭から8月20日(試験前日)まで,朝8時に研究室に来て,一日勉強し,夜10時に家に帰る生活を続けていました.もちろん土曜も日曜も毎日14時間勉強.いやー,ほんと死ぬかと思いました.得意教科は満足のいく出来だと思いますが,苦手な小論文,面接はぼろぼろでした...結果は31日発表ということで,ドキドキしながら待とうと思います.

 

皆さんにお伝えしたいことといえば,大学生活を無駄にしないでほしいってことですね.院試勉強しながら,私ってこの四年間なんも勉強してこなかったんだなーと実感させられました.「とりあえず大学卒業できれば」くらいの気持ちで毎日を過ごしていたのですが,院試という試練の前にめちゃくちゃ苦労することになりました.社会ってうまくできていて,頑張ってきた人はどこかで楽ができ,さぼってきた人はどこかで苦しむことになるみたいです.

 

大学生活6年間(院に行かなければ4年間),私は4年目に突入しましたが,長いようで案外あっという間に過ぎていきました.

 

まだ1年生2年生,もしくは受験生の方には,人生において貴重な大学生活を送っていただきたいです.楽しいこと,楽なことをしたい気持ちもわかります.しかし,その中でも,将来どんなことを仕事にして生きていくか,そのために今何をすべきか,少なくともそういった将来のビジョンを持ち続けることが重要だと思います.僕みたいに何も考えずShad〇wverseとかSplat〇onとかに時間を溶かし続けるような生活では必ず後悔します.皆さんの大学生活が貴重なものになりますように.

 

私も残りの大学生活,気持ちを改め,やるべきことにしっかりとチャレンジしていきたいと思います.

 

それでは

湯治…

author : nacl   [ 一般 ]
2018.08.30 Thursday 11:03 | - | trackbacks(0) | 

最近は暑さも和らいで、いつもの夏ぐらいの暑さになってきましたね(まあ、それでも暑いですが…)

 

こんにちは、鎖骨骨折中のnaclです。

 

皆さんはお盆をどのように過ごされましたか?私は、友人と乗鞍岳にチャリで走りに行く予定だったのですが、鎖骨骨折によりできなくなりました…。それはショックだったのですが、さみしそうな私の背中を見かねた友人が、車で下呂温泉に湯治に連れて行ってくれました!

 

下呂には一度自転車で行ったことがあるのですが、車で向かうとお盆ということもあってかどこも混雑ですごく疲れますね…。やはり混雑時期には自転車で動いた方がストレスフリーなような気がします。

 

久しぶりに旅館というものに泊まりましたが、やはりいいものですね。ご飯はおいしいし、お風呂は最高!男子大学生の集まりということである程度察してもらえたのか、部屋は別館の端で、「ある程度は騒いでいただいていいですよ」という神対応っぷり…。客に応じた対応が旅館が支持され続ける理由なのだと感じました。

 

そういえば、下呂だけ行くのもということで、白川郷にも行きました。前回はチャリで行ったので1人で回ったのですが、誰かと一緒に回っても楽しいところだと思いました。また、丁度諏訪湖で花火大会があるということで、花火大会にも行きました。諏訪湖といえば、「君の名は」と呼ばれる映画のモデルとなった場所でもあり、その効果もあったのか人が尋常じゃないほど多かったです。ただ、花火は非常にきれいでした。私は香川の花火大会と淀川の花火大会しか見たことが無いので、他の花火大会を見るというのも新鮮で楽しかったです。

 

本来の目的だった湯治ですが…効いている気はします笑。絶対プラシーボ効果のような気もしますが…皆さんも怪我をしたら温泉に行きましょう!

 

夏休みの遠出(花火大会編)

author : かず   [ 一般 ]
2018.08.29 Wednesday 23:02 | - | trackbacks(0) | 

どうも。

最近更新を怠っているかずです。

どうもすみません。

 

今回はだいぶ前の話になりますが花火大会に行ったことを書こうと思います。

研究室は基本的に夏休みはありませんが(そもそも授業がない)、8月に入りどこか遠出をしたいなと考えていました。

研究室で新しくロードバイクを購入した友人がいたため、できれば自転車で行こうということに。(僕はいわいるママチャリですが)

どうせなら夏らしいところへということで探していると、花火大会が目に入り「これだ!」と思い、近隣の花火大会を探しましたが・・・運悪く淀川の花火大会は終わっていました。

しばらく予定を確認していると、あるではありませんか、琵琶湖の花火大会。

ということで、大阪大学吹田キャンパスから自転車で琵琶湖の花火大会に行ってきました。

二人ともロングライドは初(しかも僕はママチャリ・・・)、不安で仕方ない中出発しました。

予定通りいけば3時間程度で行けるのでひたすら自転車をこいでこいでこぎまくって・・・花火を見るために頑張りました。

花火を見るという目的がなければ、おそらく途中で帰っていたと思います(笑)

予定より少し遅れ、琵琶湖周辺についたころに花火の音が聞こえてきました。少し遅れてしまった・・・

ですが、無事到着して達成感もあり、きれいな花火を見れてとても満足しました。

 

木の間から見える花火

 

ですが、本番はここからでした・・・

自転車で帰らなければならないのです。

行きで「花火を見る目的がなければ引き返してたな」と話していたのですが、帰りは花火という目的はなく・・・ただひたすら帰るだけ。

自転車で長距離移動するときは帰りもしっかり考えなければいけないと改めて感じました。

とはいえ、無事帰ってきて、行動しなければ得られなかった達成感や経験を得られたのでとても満足しました。

若いうちにもっと無茶をしていこうと思いました(笑)

もう学生としては若くありませんが・・・

 

皆さんもぜひ、やりたいことがあれば多少の無茶はしてみてください。

自分の限界なども知ることができます。

もちろん安全には十分配慮してくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

それではまた。

OC

author : あーる   [ 一般 ]
2018.08.29 Wednesday 18:49 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは。あーるです。

 

8月は部活もあって大学にまだ通っているんですが、最近高校生が大学によくいますね!

制服着た高校生が食堂でお昼を食べていたりするのをよく見かけます。

オープンキャンパスなのかな?

 

 

僕は高3の夏に工学部向けのオープンキャンパスに行きました。

たくさん資料をもらって期待を胸に家で読んでいました。

そのころは何となく応用理工学科か応用自然工学科かなと思っていたのですが、インターネットで調べてもいまいち分かりにくいし、研究室レベルで知ることはできるけど難し過ぎてよくわからない。という状態だったので実際に行ってみて中の様子を見ることができたり、ネットでは見れないようなことが載ってる冊子などが貰えて非常に参考になりました。

あと、ここに行きたい!と思えたのでいいことばっかりでしたね。

今では当たり前に使っている生協も高校生の時にはなぜかとても魅力的に思いました。笑

普通の食べ物しか買っていないのにです。笑

オープンキャンパスで賢くなったり全部がわかったりするわけではないけど、モチベーションアップや大学内の雰囲気を味わえるのでとてもオススメです!

オープンキャンパスだけでなく11月には学祭もあるのでオープンキャンパスに行けなかった人は参加してみると大学の雰囲気を味わえていいと思いますよ!

高3だけでなく高2高1の高校生も是非参加してみてくださいね!

 

それでは!

中間発表について

author : だーつの   [ 一般 ]
2018.08.28 Tuesday 21:33 | - | trackbacks(0) | 

みなさんこんばんは.

 

だーつのです.

今日は前回述べたとおり,優先配属について書きたいと思います.

 

 

機械工学専攻は学部4回生になると,大学院入試を受ける必要があることを述べました.

ですが,学部3回生までの成績が優秀であると,大学院入試を免除される制度があります.

これが優先配属です.

しかも,院試が免除されるだけでなく,希望の研究室に優先的に配属されるといったメリットがあります.

院試の過酷さは前回の記事で述べた通りですので,院試を受けなくていいのは本当にアドバンテージです.

 

しかーし,優先配属の人はその分楽かというと,そうではありません.

院試がない代わりに研究成果を教授陣の前で発表する必要があります.

ですので,夏まで遊んでていいわけでもなく,研究を一生懸命頑張ることになるのです.

 

いかがでしたか?

私は,機械工学専攻の学生はやはり日頃の講義をまじめに受講し,良い成績を修めて置くことが重要だと思います.

特に,卒業後大学院に進学するつもりであれば,院試はとても大変なので,優先配属を狙うことを強く勧めます!

研究は研究室に所属してから,先輩方に教わることができるので,なんとかなりますよ.

大事なのは,上記のことを知った上で前もって策を講じて行動することではないでしょうか?

 

 

それでは!

 

 

 

応理1年の時間割

author : バケット   [ 一般 ]
2018.08.28 Tuesday 16:04 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは、

応理1年のバケットです

 

高校生、受験生の皆さんは大学の時間割ってイメージできますか?

私は高校生の頃、講義をいろいろ選べるだろうって思ってました

でも、実際に入学してみると、思ってたより必修科目が多かったりしました

今回は私の時間割を紹介していきたいと思います

 

 

これが私の1年前期の時間割です

黄色は選択科目、赤は必修科目です

卒業に必要な単位数を稼ぐため、

私はこの他にも夏季集中での基礎セミナーもとってます

 

それぞれの授業についてざっくりと説明していきます

   健康科学…保健体育のことです

  第二外国語…ロシア語、中国語、ドイツ語、フランス語から選べます。

     図学…コンパスと三角定規で

        物体の上から見た図と横から見た図を作図します

     力学…高校の物理の力学が発展したもの。分かるとおもしろいです

     英語…高校より簡単かもしれません

応用理工学序論…毎回違う先生が講義をします。聞き流しておけば大丈夫です

  線形代数学…数学の行列についての授業です 計算が大変です 

   化学概論…高校の化学の知識である程度なんとかなります

    解析学…高校の微分積分が発展したものです。 難しいー

   化学実験…3限〜5限となっているが実際にはもっと早く終わります

 基礎セミナー…選択科目。取らなくても良いです。ちょっと変わったセミナー

        が多いです。私は飯舘村環境放射線研修というのを取りました

 

私の前期の時間割はだいたいこんな感じです

そして、下が私がこれから後期で受ける授業の時間割です

 

 

必修科目しかありませんね(^_^;)))

後期から始まる電磁気学は特に難しいと噂に聞いたので、

しっかり勉強したいと思います

 

海外ドラマ

author : umatugaku   [ 一般 ]
2018.08.28 Tuesday 09:33 | - | trackbacks(0) | 

5日振りぐらいです。こまめな更新のマメ男です、umatugakuです。

 

大学院試も無事終わりました。多分普通に受かってるでしょう。

ここ最近は束の間の休暇を過ごしています。

 

ここ数日間は衰えに衰えた英語力を呼び覚ますために、friendsという海外ドラマを見ていました。結構古いアメリカのテレビドラマで1話が大体22,3分で手軽に見れますし、使われる英語はそんなに難しいものではありませんし、テクノロジーが進んだ便利な世の中なので、早すぎて聞き取れなかった英語は調べれば、スクリプトが出てきますし、そして何よりもおすすめできるポイントが、話が面白いという点ですね。6人の男女のお話なのですが、恋愛をしている人を他の5人が面白おかしくからかったり、世間知らずのお嬢様を、ユーモアたっぷりに皮肉ったりするような話です。ただ、嫌味になるようなことはありませんし、話のテンポが早く、気がついたら、1話が終わって、次の話に進むので観賞を終えるタイミングが難しいかもしれませんね。

 

今から続きを見ようと思うので、本日はこの辺で失礼します。

<< | 2 / 172 PAGES | >>