阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんな事を考えているのか、など「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報を
お求めの方は、公式サイトや facebook、Instagram、Twitterを
ご参照下さい。

久しぶりのドライブ

author : じゅんたろう   [ 一般 ]
2020.06.29 Monday 17:42 | - | - | 

じゅんたろうです。最近忙しすぎて、ブログを書く暇もありませんでした。

 

最近はzoomで研究室ミーティングをしたり、学会(これも姫路で行われるはずだったのですが、オンラインになりました)の準備をしたりと、大忙しでした。

 

 

そんな中、緊急事態宣言が解除されて1か月ほどたったので、京都にドライブに行ってきました。舞鶴というところです。旧海軍(今の海上自衛隊)の跡地がありまして、船舶海洋工学コースのじゅんたろうには、テンションのあがる街です。

 

そこでは、軍港クルーズをしてきました。30分1300円で、停泊中の軍艦や、造船所をぐるりと回れるものです。やはり船はいいですね、皆さんもぜひ造船所や軍艦の見学をしてみてはいかがでしょうか。その迫力には、圧倒されますね。

 

本当は、舞鶴で「海軍カレー」を食べたかったのですが、ホテルの朝バイキングがおいしすぎて、結局食べませんでしたまた再チャレンジしたいです。

 

 

 

ちなみに、広島県の呉もおすすめですよ。大和ミュージアムもありますし、造船所もあります。港町で、とても素敵なまちです。

 

では今日はこんな感じの、ゆるーい感じで終わります。

やんないんじゃない,できないんだ!

author : その他   [ 一般 ]
2020.06.27 Saturday 18:43 | - | - | 

お久しぶりです,電子情報工学科のながおです.

自宅での作業になってから数か月,ようやく週2くらいで研究室に行けるようになりました.

4〜6月は主に論文の執筆をしていたので,自宅が遠い分自宅での作業で効率が上がったように思います.

...効率は.

 

というわけで,今回は「できること」と「やらないこと」について話そうかな,と思います.

 

高校生,もしくは大学1年生(くらいかな?)の皆さんは,自宅で授業や講義を受けているわけですが,

実際に学校に行った時と比べてどうですか?

授業は自室で受けられるし,知らないことはすぐ聞けるし,効率面ではおそらく自宅の方がいいという人が多いと思います.

でも,出席だけしておいて授業を見ない,という選択もできるわけですよね.

これは「授業を受けることができる」一方「でも受けない」という選択をしているわけです.

 

ぼくもかなり気分屋なので,深夜でも作業ができることにかまけて

「日中作業ができる」一方「でも日中はやらない」という選択をしてるわけです.

こういう「できるけどやらない」ことを繰り返していると,どうなるかご存じですか...?

 

そう,「できなく」なります!!!!!(体験談/個人差あり)

今までできたことを体が受け付けなくなります.

たまにはやるか〜という気分になっても,うまくいかずに「また今度でいいや」となることがほとんど.

その結果だんだん今までできたことができなくなるわけです...

いかに「できることをしっかりとやる」という意識と環境が大事かわかります.

そもそも,「できるけどやらない」は他人から見れば「やってない」ことと同じですしね...

 

というわけで,今回は「できること」と「やらないこと」についてお話ししました.

大学四年生にもなって情けないですが,こんな世の中のせいもあり共感してくれる人は多いはず...!!

そもそも最近投稿していなかったのも,「できるけどやらない」...ってね!!!!!!!!!

それでは今回はこの辺で...()

I'm a student at Osaka University.

author : その他   [ 一般 ]
2020.06.27 Saturday 18:40 | - | - | 

こんにちは機械工学専攻M1のジャッキです.

本日は話題になっているあれについてお話ししたいところですが,大学のブログに書くのはどうなんだと思ったので,少しだけそれたことを書きます.

話題になっているあれとはタイトルから察していただきたい所存です.

あと,今回調べた内容を少々書きますが,ネットで得た知識ですので,信憑性はわかりませんとだけ宣言しておきます.

 

自分が今回の一件でまず疑問に思ったことは大学の英語名称ってそもそも誰が決めてるの?ということです.

調べてみると日本語名称も英語名称も大学を設立する法人が決めるようです.

会議などで決めた大学名を文部科学省に提出し,認可をもらうようです.

文部科学省のHPを除いてみると,「大学の設置認可申請・届出の状況について」という項目がありました.

その部分に「公私立大学の〜」と記載があったので,国立はまた違う名前のつけかたなのかもしれません.

というわけで,文部科学省の認可さえおりればわりと自由に名前はつけれるっぽいなというのが感想です.

 

ついでに,いろんな大学の英語表記についても調べてみました.

みなさんご存じの通り,大阪大学の英語表記はOsaka Universityです.

これはちゃんと公式HPで確認しました.

直感でいえばどこの大学も○○ Universityで良いのでは?と思いますが実際はいろいろ種類があります.

まず,university,college,etc..の違いがあります.universityが総合大学で単科大学がcollegeなどです.

次に,universityのなかでも○○ University派とUniversity of ○○派があります.

前者の場合,○○にはなにを入れてもいいんですが,後者の場合は○○には地名や分類など一般的な単語が入ります.

例えば,Kwansei Gakuin Universityは成立してもUniversity of Kwansei gakuinはちょっと違うかなといったところでしょうか.

それから,英語表記が日本語と異なるパターンもあります.

例えば近畿大学は英語表記ではKindai universityですね.

Kinkiでは外国語であまりよくない意味に聞こえてしまうということで改名したそうです.

桃山学院大学はSt.Andrew's Universityでした.宗教と関係あるみたいです.

日本語にすると全部「○○大学」になりますが,英語表記は様々な種類がありました.

調べてみておもしろかったです.統一された名前のつけかたが無いのが衝撃的でした.

例えば,北海道教育大学,愛知教育大学はそれぞれHokkaido University of Education,Aichi University of Educationですが,大阪教育大学はOsaka Kyoiku Universityでした.なんでやねん.

 

 

もう一度書いておきますが,この内容はあくまで個人でネットから調べた内容に基づいて書いております.

間違いがあったときに責任をとるのが怖くてかなりあいまいな文章になってしまいました.

みなさんもネットに書いてあることはあまり信用せずに生活してください.

 

大学の名称についていつの間にか1時間以上調べていました.

やっぱり気になったことはどんどん調べちゃいますね.

研究もこれだけ順調に進むといいなぁ.

心に残る言葉

author : その他   [ 一般 ]
2020.06.26 Friday 15:26 | - | - | 

こんにちは。工学研究科マテリアル生産科学専攻のはなです。あっという間に六月も終盤に差し掛かってきましたね。ここ最近アッという間に一週間が過ぎてびっくりしました。

 

皆さん毎日いろんな授業を聞いたり、先輩から話を聞いたり同期と話したりする中でふといいなと言葉が心に残ることってありませんか?今日は最近心に残った言葉について書こうかなと思います。

 

今週の火曜日に豊中キャンパスで新入生向けのイベントのTAをした時のことです。阪大の総長からの新入生への励ましのお言葉を聞いていた時の話が心に残ったので紹介させていただきますね。突然なのですが、なぜ大学に入って英語以外の第二外国語を勉強すると思いますか?私は入学当初はなんで英語もそんなにできないままで他の言語を勉強するのだろうって考えていました。中国語を選択していたのですが、「発音難しいしテスト嫌やなぁ。」くらいにしか感じていませんでした。その答えを(かなり遅いのですが)M1になった今見つけられた気がしたのです。

 

西尾先生から新入生へのお言葉の中で、「他の国の言葉を学ぶことは、他の国の文化を学ぶことに他なりません。」とおっしゃっていたのを聞いて、前から疑問に思っていたことの答えを得られた気がしました。おそらく、大学に入学したての頃の私がこの言葉を聞いてもあまり実感もなく、右から左へと聞き流していたと思います。自粛期間中にハリーポッターの原書を読んでみました。その時に感じたのが翻訳ではなく原書だからこそ味わえるニュアンスとかがあるなと思いました。また、留学生と言語について話した時に西尾先生と同じようなことを言われたことがありました。そう言った経験があったからこそ先生の言葉が私に残ったのかなと思います。

 

結局この話を通じて私が言いたいのは、たとえ専門分野が理系よりでも言語は余裕があるのであればしっかり勉強した方が視野が広がるのではないかということです。大学生の四年間でしかできないことはたくさんあると思います。ぜひチャレンジしたい!と思ったらぜひやってみてくださいね。

 

なんだか今日も重たくなってしまいましたが、次回こそはもう少し軽い感じで行きたいです。ここまで読んでくださってありがとうございました。

「梅雨」入り

author : daigo   [ 一般 ]
2020.06.26 Friday 12:54 | - | - | 

お久しぶりです!皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 

ついに梅雨入りしてしまいましたね。と言ってもたまに晴れてくれたりして過ごしやすい日となっていますが。

今日はそんな「梅雨」の由来ついて書こうと思います。

 

「梅雨」に「梅」の漢字が使われた由来は、中国にあるといわれています。中国の揚子江周辺では梅の実が熟す頃が雨期にあたり、そのことから「梅」の字を使うようになったとされているのです。
ただ、中国から伝わったときは「梅雨(つゆ)
」ではなく、「梅雨(ばいう)」として伝わったそうです。

雨によって黴(かび)が生えやすくなることがあげられます。そこから「黴雨(ばいう)」という言葉が生まれたというもの。ただ、語感が良くないので「黴」の字ではなく「梅」という字になったそうです。

 

 

僕自身、じめじめしていているし、中々外に出られない日々が続く梅雨が嫌いでしたが、こうやって調べてみると少し好感度を持てるようになりました。

皆さんも是非嫌いなものに出会った時こそ、そのことにについて調べてみるのをオススメします!

 

 

 

✏院試に向けて勉強中✏

author : あーる   [ 一般 ]
2020.06.25 Thursday 18:10 | - | - | 

こんばんは。マテリアル科学コース4回生のあーるです。

 

気が付けばもう6月ももう終わりですね。

 

4月に研究室に配属されて早3か月、ようやく6月から研究室に行くことができるようになりました。

研究室に行けるようになるといっても、卒業研究に本格的に取り掛かるのは例年院試後の秋頃になるので、それまでは少し研究、残りは院試勉強という感じです。なので、学校に行くようになっても研究室に行くというよりは図書館に行って勉強をしています。


この自粛期間に院試勉強を始めました。

マテリアル科学コースでは院試科目は数学+専門教科で構成されており、専門教科は

 

’力学

∈猯疏反コ

材料強度学

ず猯舛領漏

ジ蚤諒性論

Σ蹴愴娠論

輸送現象論

 

の7個から5個を当日に選択するという方式です。

 

とりあえずは過去問をベースに、わからない範囲をインターネットや教科書を参考にしながら勉強しています。

 

 

(当然?)忘れている部分は多いのですが、初めて勉強するときよりも明らかに理解できるようになったなと感じます!!

 

これは内容を覚えているから理解しやすいというわけではなく、これまでに学んできたいろいろな学問を通して数学的、物理的な考え方が身についているからなんだと思います。

 

個人的には、材料力学は以前まで結構苦手で教科書を読んでもよく理解できなかったのですが、今当時と同じ教科書を見ながら勉強していると、良く理解できるようになったなと実感しています。

 

初めて学ぶ学問というのはとっつきにくくなかなかわかりづらいと思いますが、わからないなりにしっかり考えることでいつか頭の中で繋がることもあると思うので、1から3回生の人は今難しくても頑張って考えるようにしてみるといいと思います!


それでも院試勉強はなかなか大変ですが(笑)合格できるようにコツコツ頑張りたいと思います。

 

それでは。

🐻ツナ缶と哲学

author : その他   [ 一般 ]
2020.06.24 Wednesday 10:40 | - | - | 

皆さんこんにちは🐸工学部応用理工学科2回生のぱすかる🐻です!

 

第32回投稿の今回は、おにぎりについて書こうと思います🍙

 

 

皆さんは、おにぎり、好きですか?

私は、コンビニでバイトしていることもあり、時々食べます。食べずとも、バイトに行けば1日に何十個というおにぎりと出会います。

いろんなおにぎりの種類がある中で、圧倒的人気・圧倒的納品数を誇るのがツナマヨです。

皆さんの中にもツナマヨ派はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

ある日私は、ツナマヨを食べながらおもいました。

ツナマヨ食べてるとき、マグロ食べてるって思わないけど、これマグロだよな。

これは、おかかも然りです。

おかか食べてるとき、カツオ食べてるって思わないけど、おかかはカツオですよね。

なんか不思議な感じがしませんか?

 

 

っていう話を友達にしたところ。

なんと。

 

 

ツナ缶は、マグロのツナ缶と、カツオのツナ缶があるらしい。

 

 

皆さんご存知でしたか?

私はツナってマグロの事を指すんだと思ってましたが、そうとは限らないようですね🤔

スーパーに行ったとき確認してみると、たしかにマグロが原材料の缶と、カツオが原材料の缶がありました。

 

 

となると、今まで私が口にしたツナマヨの中には、きっとカツオのツナマヨもあったのでしょう。

 

 

そうであるならば、私は、ツナマヨを媒体として、カツオをマグロにしてしまっていたことになります。

 

 

カツオはカツオです。カツオはマグロではありません。でも私の中でそれはもはや、マグロだったのです。

ツナマヨはカツオにもマグロにもなれるのです。

 

 

これ、キノコとかでもいえます。

シイタケはシイタケだし、エリンギはエリンギだけど、シイタケもエリンギもキノコです。ジャージャー麺に入ってる細かいきのこは、シイタケですか?エリンギですか?って話です。

 

 

ではこれ、人間にも同じことが言えるでしょうか。

 

私と、私の友達は、どちらも日本人女性です。では、私は友達になれるでしょうか?

もちろんなれません。マグロとカツオはちがうのと同じです。

 

では、私達のことを全く知らない人から見たらどうでしょう。(つまり、2つのツナがあったとき、どちらがマグロでどちらがカツオかわからない人ですね。)

私がわざと、友人の名前で自己紹介します。一方、友達は私の名前を名乗ります。

 

すると、第三者は、私を私の友達だと思い、友達を私だと思って接します。(マグロだと思ってカツオ食べてますね。)

なんだかこれ、不思議な感じがしませんか?

 

 

。。。

 

 

 

すみません以上になります、、、。結局、なんの結論もないんですが、この間友達とこういう事をLINE で語ったよ、って話です。

 

 

 

とにかく!ぜひ、次コンビニに行った際は、ツナマヨの成分表示を見てみてくださいね☺

それでは、また次回投稿でお会いしましょう🙌🏻

論理的思考能力

author : Mt.Guchi   [ 一般 ]
2020.06.20 Saturday 15:43 | - | - | 

こんにちは!情報科学研究科M1のMt.Guchiです.

 

今回はタイトルのとおり,ひたすら私に足りていないと思われる論理的思考能力についてご紹介したいと思います.

皆さんは論理的思考能力とは何たるかをご存じでしょうか?論理的思考能力というのは,物事を道筋立てて考えることができる能力のことです.論理的思考能力が目に見える形で現れる瞬間といえば...数学の答案なんてどうでしょうか.A→B→C→Dと答えるべきところをA→B→Dなんて飛ばして書いてしまうのは論理的ではないと言えます.A→C→B→Dなんていうのも論理的ではないですね.つまるところ,物事を順序通りに1ステップずつ捉えることができるかどうかという点が論理的かどうかを決定する要素になります.

と同時に,これを数学の問題で発揮するだけではなく,実際の生活でうまく活用できるかどうかという能力が社会でも求められています.研究室に配属された皆さんはそれを痛感しているでしょうし,就職活動を進めている皆さんも論理的思考能力の重要性に気づくようになったのではないかと思っています.

 

今,私は研究室で大学院生活に勤しんでいるわけですが,毎日自身の論理的思考能力の欠如に嘆いております.研究発表でも正しい道筋を反れてしまったり,論文でも途中何を言っているか分からないような文章を書いてしまったりと,我ながら自分の弱小な論理的思考能力には驚かされます笑 昔から考えることは好きで,今も日常生活ではいろいろなことに思いを巡らせたり分析をしたりするのですが,当時の自分は論理的ではなく感情をベースにして動いていたのでしょうかね.

 

あと,関係があるかは分からないですが,私は高校〜大学の学部時代に,教科書や参考書の独学が非常に苦手でした.これも論理的思考能力が足りなかったせいなのかもしれません.前から順番に読めば分かるはずの内容でも,前から捉えるのが苦手な私からすれば非常に難解に思えてしまうわけです.

 

こういった過去を通じて今の自分が思っていることは,正しく考えるクセをつけようということです.

ただやみくもに感情を走らせたり思い込んだりして様々な問いの答えを導出するのはきちんと頭を使うより楽なので,私は今までそのスタンスで生きてきました.ですが,社会ではそのような曖昧な能力よりも,きちんと1ステップずつ丁寧に考えられる,そんな訓練をしてきた人間の方が信用できるはずです.なので,今この記事を読んでくださっている方にも是非これから日常の疑問や事実を論理的に捉えるようにしていただきたく思います.

 

ちなみに,励ましの言葉になるかは分かりませんが,研究室に入ってから私の場合は教科書を自分の力で読むことが若干得意になったこと,人狼が少し強くなったことなど,論理的思考能力の改善は少なからず見られるような気がしているので,もし論理的思考能力に自信がない方はまだまだこれから頑張っていきましょう! <おわり>

コロナ・ショックがもたらしたパラダイム・シフト(後編)

author : A.Mizunoawa   [ 一般 ]
2020.06.16 Tuesday 18:30 | - | - | 

みなさん、ご機嫌いかがお過ごしですか。ご無沙汰しています。工学研究科生命先端工学専攻M2のA.Mizunoawaです。

前回に引き続き、コロナによってもたらされた変化についてのお話をしたいと思います。

2020年6月16日、緊急事態宣言が解除されて3週間ほどが経ち、いまだマスクや消毒は欠かせぬもののこれまでの日常とかなり近い生活が徐々に戻ってきているという印象です。三密を回避できない場所にはまだまだ行けそうもありませんが、学校や会社に行ったり休みの日に外に出歩いたりすることはかなり普通になってきました。

コロナ中には学校は休校になり、会社での仕事は概ねテレワークが主流になっていました。学校も会社もきっと「やむを得ぬ措置」としてそうしていたのであり、故に、コロナが落ち着き始めると少しずつ元の形態へと戻っていくようです。

ここで僕が思うのは「当たり前のように全てをそっくりそのまま元に戻してしまっても良いのだろうか?」ということです。たとえば、オフィスまで足を運ぶ必要が無く気楽に自宅等で作業することができるテレワークという素敵な働き方が一時的であれ広まっていたというのに、その流れをわざわざ断ち切ってまで再び不毛な通勤を多くのサラリーマンに強いるのは正しいのだろうか、と思います。もちろん、対面でなければできない種類の仕事もありますし、自宅作業により社員の能率が格段に低下してしまったという会社もあるかもしれません。しかし一方で、Twitter社が社員に対する恒久的なリモートワークを認めた事例が裏付けるように、実はオフィスに集合せずとも各々が自宅で成果を挙げられるような仕事も確かにあるわけです。日本には「昔からそういうものだからそれに従うべきだ(判子文化など)」であるとか「ストイックに努力していなければ仕事をしているとは言えない(「楽して稼ぐ」を是としない風潮など)」と考えている人が多いので、たとえ誰かがテレワークで今までと同じだけの成果を上げていたとしてもいずれは通勤を強制させられることになるのだと予想します。しかし、せっかく変革を起こすチャンスだというのにそういう復元力が発生するのは馬鹿らしいことだなと僕は思います。

ただ、学校に関しては流石に遠隔授業で完結させるのは難しいでしょう。学校には教科教育だけではなく部活動や友達との交流を通じた人格形成を担うという側面もありますので、子供を家に閉じ込めた状態で従来通りの教育を施すのはどう考えても不可能です。しかし、我々には心に留めておかなければならないニュースがあります。「コロナ禍による自粛が長引けば経済が破綻し命を絶つ者が増える」そう一部からは批判されていた自粛政策ですが、蓋を開けてみると、4月の自殺者は前年比20%減と、直近5年で最大の減少幅になったという事実です。どうしてでしょうか? それは恐らく、短期間の間に世界にウィルスが蔓延したと同時に、奇しくも人間関係から生じるストレスが霧消したことと関係があると思われます。つまり、人間関係で思い詰めて自ら命を絶っていた人が少なからずいたということです。社会人が仕事に行き詰まって……というケースもあるはずですし、学校でのいじめを苦に自殺してしまった子供も今まで大勢いたわけです。そういう人たちからすれば「自粛よ、早く終われ」「学校に行かせてくれ」という世間の大多数が抱いていた意見には全くもって同意できないわけです。むしろ自粛期間は彼らにとって安息の時間であって、学校に戻ることは苦悶の再開だということになります。「そんな彼らのために自粛を延ばすべきだ」なんて主張をする気はありませんが、そういう人たちがいるということを我々は気に留めておかなければならないと思いますし、学校関係者はきちんと向き合うべきでしょう。

それでは、今回はこの辺で。See you again!

🐻若さって、羨ましいですか?

author : その他   [ 一般 ]
2020.06.13 Saturday 18:35 | - | - | 

みなさんこんにちは🐣工学部応用理工学科2回生のぱすかる🐻です!

 

第31回投稿となる今回は、私の価値観の変化について書こうと思います。

 

 

突然ですが、、 ブログを読んでくださっている皆様、おいくつでいらっしゃいますか?

 

 

このブログ自体、受験生をターゲット(つまり高校生ぐらいですね)としてるわけですが。

高校生より歳上の方の割合も結構高いんじゃないかと思います。

 

 

 

ちなみに私は現在21歳でありまして。

法律的には大人で、お酒飲めます。めったに飲みませんが。

中学生とか高校生からみても、21歳は大人って感じするかもしれないですね。

でも、30代以上の方から見たら、まだまだ若いなぁっと感じるんじゃないかと思います。

でもきっと、70歳の人からみる30歳の人も、まだまだ若いんでしょうね。。。

 

 

ところで皆さんは、自分より歳下の子の事を見て、どう思いますか?

羨ましく思いますか?

 

 

私は、数ヶ月前まで(あれはまだ私が20歳だったころ、、、、🤔)、17歳とか若い!!いいなぁ!まだ18なの!?羨ましい!高校生か!めっちゃいいやん〜!ティーン羨ましいー!

と思っていました。

 

 

でも、春休みに短期でやってた飲食バイトで、だいぶ考え方が変わりました。

 

ある日、バイトの休憩中に歳下の子(18歳とか、19歳ですね。)と、喋ってて、違和感を覚えたんです。

 

あれ?私、この子たちとなんか、考え方がちがうな。持ってる知識が違うな。

、、、なんか、子供にみえる、、?

って、思ったんです。

 

それは別にその子達がどうこうって訳じゃなく、ただ単に生きてる年数が違うから(バイト経験とか、大学生かどうかとか。)発生する違和感だったんですね。たぶん。

 

 

 

私前までは、こう思ってたんです。

0歳から15歳(つまり中学生)って、子供の領域で。

16歳から30歳までは若者の領域。

で、私はその若者枠の3分の1のところまできて。歳下をみて。羨望してたんですね。

 

 

でも、突然、気づきました。

 

これ、若者の領域、もっと分割されてない?

 

16歳から20歳までが、若者の中で1番若くて、(これをA領域とします。理系っぽいですね☺)21歳から25歳までが次に若くて(B)、26歳から30歳がその次に若い。(C)

 

そう考えると、私はAを卒業してBに来てるわけです。

 

思うに。前までは、Aの中の最年長で。下が見えてて、戻れる気がして、戻れるなら戻りたくて。それで羨ましがってたんですね。

 

でも、いつの間にかBにきていて。

そうすると、Aの子たちの事を羨ましく思わなくなっていて。あー、まだ子供だな、この子たち。って思うようになっていたのです。

これはきっと、幼稚園児のことを羨ましいと思わない感覚と同じです。

(いやまぁ、たくさん遊べて、純粋で、羨ましいって思うこともあるけど。じゃあ、あの頃に戻りたいかっていわれると、それは違うくないですか?)

わざと極端な言い方をすれば、

私をAの子たちと一緒にしないでよ。的な感情が生まれてたわけです。 

 

 

そうすると、今はBの1番下なわけですから、どちらかというと、23.24.25とかが憧れの年齢になるわけです。上を見るようになったんですね。

今は、25歳になったら(まぁ、おそらく私はまだ学生やってるわけですが。)どんな考え方になるんだろう。っていうのがすごく楽しみです。

 

 

 

歳を取ると、出来なくなることとか、体力の衰えを感じたりとか、責任が重くなったりとか。あるのかもしれないけど。

でもきっとそれと同じぐらい、出来るようになることもたくさんあるんだろうなぁ。と思います。

努力次第で出来ることを増やしていけるんだろうな、とも。

 

 

20歳の顔は親から授かったもの。

30歳の顔は自分の生き様。

50歳の顔はあなたの功績。

シャネルの有名な名言です。

ここまで格好良く歳を取るのは難しいかもしれないけど。

なにせ、年齢を重ねるって良いですね☺

 

 

ながーいブログ(最長かもしれません(汗))を最後まで読んで頂きありがとうございました笑

それでは、また次回投稿でお会いしましょう🙌🏻

<< | 2 / 221 PAGES | >>