阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんなことを考えているのか、など、「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報をお求めの方は、右のバナーの公式ページをご参照下さい。

暑い...

author : じゅんたろう   [ 一般 ]
2017.08.03 Thursday 16:04 | - | trackbacks(0) | 

どうもじゅんたろうです。TOEICの結果が返ってきました。リスニングもリーディングも、均等に取れて、点数は675。まあ、十分でしょう。ですが将来必ず役に立つと思うので、これからさらに努力しようと思います。とりあえず塾で高校英語を教えられるぐらいの点数は取れたので一安心(笑)。就職までに750を超えることを目標にがんばります!

 

さて、最近、大学にかけられるお金ってかなり減っているんだなあと感じます。阪大は図書館で一人一台ノートパソコンの貸し出しを行っていたり、かなりめぐまれていますが、一般的な公立大学などは、ノートパソコンはおろか、学内のWi-fi環境が十分でないなど、設備が不十分だなあと感じました。学力向上を目指して政府は動いてくれていると思いますが、やはり最低限、設備(特に教育環境)投資は行ってほしいものです。実際阪大も夏休みの図書館の開館時間が減らされるそうです悲しい。

 

あと最近思うのですが、慢性的な教員不足が叫ばれていますが、公立高校でも大学生のチューターを募集したらどうか?と思います。特に教職課程を取っている人は、それを教育実習にあてることができるようにすると、かなり効率がいいと思いますね。僕は別に教員免許を持っていなくても、普段の授業のフォローなら、大学生でも全然可能だと思います。むしろ高校での少人数授業が可能になるので、結果として成績は向上すると思います。皆さんはどう思いますか?

 

さて、我が家では家計にうるさい母親がいるので、クーラーはめったにつけてくれません。日中は大学の図書館または市の図書館に避暑しにいっています。図書館に行けば、家でクーラーを使うことなく、それが環境問題にも貢献できるし、なにより勉強がはかどります。みなさんもどうぞ、図書館に行きましょう!まだまだテストが残っているので今日はこのあたりで。暑さに負けずがんばりましょう!

踊る右手、踊らないWi-Fi

author : Mt.Guchi   [ 一般 ]
2017.07.27 Thursday 23:56 | - | trackbacks(0) | 

こんばんは、電子情報工学科2年のMt.Guchiです!

 

今日は、電子情報工学科らしくないことを言います。

 

実は、今。実家でインターネットが使えません。。。

契約の時期を間違えて、一か月謎にネット回線の空白ができてしまいました。

 

その期間くらいは、スマホのテザリングでパソコンをネットにつなごうと思っていたのですが、それをしていると案の定7月5日くらいで通信制限が来て、もはや携帯もただの箱となってしまったのです。

 

今は、吹田キャンパスのWi-Fiでレポートを提出し、帰りに通るあべのハルカスのWi-Fiで好きなドラマの動画を見る、という謎の生活を送っています。そして、この記事についてですが、サークルの先輩の家のWi-Fi経由で投稿しています( ˘ω˘ )

 

こういった生活を送るのが人生で初めてなのですが、真剣にネットワーク環境のありがたみを感じます。一昔前まではダイヤルアップ接続などといって、路上はおろか、家の中などでも限られた場所でしかインターネットができなかったそうですが、今や通信制限ですら辛いと言ってしまう始末。いかに私たちが現代の技術に依存しているかが、身に染みました。

 

一方、そのおかげといってはなんですが、スマホやパソコンを見る機会が激減し、テスト勉強が今まで以上に捗っているような気がします(;´・ω・)

もし来月からネット回線が普及しても、電子機器の時間はちゃんとコントロールしなければ。。。

 

ということで、量子論の勉強してきまーす( ;∀;)

英語を好きになろう( ´ω` )/

author : すみっコ   [ 一般 ]
2017.07.27 Thursday 20:02 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは😊

応自1回のすみっコです!!

 

今回は英語について語ろうと思います🙂

みなさんは英語が好きですか?

私の周りには英語の勉強はしたくない、とか

英語は苦手だ、とかゆってる子が

たくさんいるような気がします。

 

理系で物理選択のばりばりのリケジョな私ですが

1番得意な教科は英語です( ˙꒳˙ )

阪大の入試でも、英語が悪かったら

確実に受かっていませんでした…

英語が得意だとメリットがたくさんあります!!

まず、大体の入試で英語は受験科目に含まれます。

中期や後期でも英語なら安定して点を稼げます( ˘ᵕ˘ )

そんなに簡単に英語の実力は落ちないので、

1度身につけておけば軽い復習のみで大丈夫です✨

また、洋楽や洋画を楽しむこともできます🎥笑

まずは英語を好きになりましょう( ੭ ˙ω˙ )੭

 

私が思う、英語の良い勉強法は

とにかく英語に触れること です!!

受験生のときに自分で考えたものなのですが、

勉強しよう✏と机に向かっている時は何の教科のときでも

常に目の前に広げた単語帳を広げてください。

そして問題を解いて疲れたときは

目の前の単語を眺めて楽な勉強に切り替えます。

物理や数学の勉強と比べればめっちゃ楽ですし、

そのおかげで意外と覚えられます('ω')

 

あとは、寝る前に単語帳についてるCDなどを

聞くのもオススメします。

英語をぼーっと聞いてるといい感じで眠たくなるので

寝る前に聞くのは合理的だと思います( ・ω・ )/笑

寝る前の記憶は残りやすいらしいので

昼間に眺めた単語を、夜耳で聞いて復習して、

次の日の昼間も何度かちらちら見れば

それだけである程度単語が頭に残るはずです!!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます😊

今回はこのへんにしたいと思います( ˙ᵕ˙ )

Let's enjoy English 🇬🇧🇺🇸

熱力学(1):ファンデルワールスの状態方程式

author : A.Mizunoawa   [ 一般 ]
2017.07.24 Monday 23:00 | - | trackbacks(0) | 

みなさん、ご機嫌いかがお過ごしですか。応化3回生のA.Mizunoawaです。

突然ですが「高校で学習する内容は全てが真実とは限らない」と言われたら、あなたはどう思いますか。そんなことあるわけがない? そうでしょうか。たとえば振り子の周期の公式は、物理を履修している方ならT=2π(l/g)1/2であると記憶していることかと思いますが、これは厳密に言えば本当は少し違ったりします。正しくは

になるのですが、このような「厳密に言えば正しくない」ことが高校の学習内容には意外とあります(θを微小角に近似することでT=2π(l/g)1/2になるので、この公式が全くの嘘というわけではありません。あくまで「厳密な正解ではない」という話です。きちんとした教科書には「θは微小角とする」と注釈が付いているはずです)。その一例として、今日は熱力学方程式PV=nRTについて見ていこうと思います。

熱力学状態方程式はp=nRT/Vであることは高校でも学習すると思いますが、これはあくまで理想気体についてのみ成立する式です。実在気体でも成立するより厳密な式は

であり、これは1[mol]あたりの体積をVmとすれば、

と書くことができます。この式はファンデルワールスの状態方程式と呼ばれており、aとbはファンデルワールス係数と呼ばれる気体ごとに特有の温度に依存しないパラメータです。

aとbはそれぞれ「ファンデルワールス力」および「排除体積効果」に由来しています。つまり、理想気体では分子を体積の無い点だと単純化して考えていたのに対して、実在気体における分子は理想気体と異なり「厳密に言えば」大きさが存在するため、動ける範囲がVではなくてそれよりもいくらか小さい値になります。これをV−nbとしています。また、実在気体には「厳密に言えば」理想気体では考えてなかったファンデルワールス力(=分子間力)が働くので、分子の衝突の結果である圧力はいくらか引力により減少することが見込まれます。その値は分子のモル濃度の2乗に比例することが知られているので、a(n/V)2だけ引き算をするというわけです。

空気抵抗は実在するのに高校力学がそれを無視しているように、何事を考えるにしてもまずは単純化したモデルにおける場合を理解しないことには先へ進めません。高校の理科というのは総じてそういった単純な場合の議論が多いのだと、大学に入ってから少しずつ気が付き始めました。(大阪大学に限らず)将来大学に入って専門に進んだ際、高校の勉強からやり直さなくてはならないということがないように、高校生のみなさんは一つひとつ着実な理解を伴いながら自分の勉強を進めていってください。

それでは、今回はこの辺で。See you again!

Final Test (and another OUISA Hour yeay!)

author : monmon   [ 一般 ]
2017.07.23 Sunday 17:18 | - | trackbacks(0) | 

Hi guys!~ monmon here~

Since most of the students are going to have finals from next week (omg it's next week omg), this time I'll just post a shorter post this time! (Go study guys lol)

Next week, we are going to have another OUISA Hour, this time is about Saudi Arabia. If you are interested in Saudi Arabia or learn about another country, please come! It will be fun and most importantly it's FREE! :) more information here

Also, we have another event after you guys have done with final exams, which will be super fun since it called "Fun Run"! It will be a sport event when you can run around Suita Campus while having fun games :) please check it out here

 

OK that's all for now (I need to go back to my books omgomg finals)

Good luck for everyone's finals~~

 

 

受カレー

author : 谷口   [ 一般 ]
2017.07.22 Saturday 09:10 | - | trackbacks(0) | 

みなさま,こんにちは.

 

生命先端工学専攻M2の谷口です.

先日,研究室で毎年恒例の「院試激励会」を行いました.

院試激励会は,大学院前期課程の受験を控えた4年生と,後期課程の受験を控えた一部M2に向けて行われます.

今年は4年生全員と3人のM2が対象でした.

 

毎年,院試に受かれー!という願いを込めてカレーを作り,みんなで頂きます.

 

 

それから,今年は先生(インドネシア人)がインドネシアのお祝い料理を持ってきてくれました.

 

 

ご飯がおしゃれな感じ?に盛られていて,その周りには卵やテンペ(大豆の発酵食品),チキンなどがありました.

辛い味付けが多かったですが,とってもおいしかったです.

見た目もお祝い感がでてますね!!

 

院試勉強は大学受験とは違い,1か月くらいで勉強する短期集中型です.

テスト範囲は大学の授業で使用した教科書のうちの3冊程で,その他に英語はTOEICやTOEFLです.

 

とにかく,全員無事合格できますように!!

 

サーカスの象の話

author : あひる   [ 一般 ]
2017.07.20 Thursday 21:22 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは.
あひるです!

いきなりですが,サーカスの象の話を知ってますか?
結構有名な話なので,知っている人もいると思います.

サーカスの象は子供の頃から鎖につながれて,芸ができるように教え込まれています.
ですから逃げようとしても逃げられないという経験を散々している象は
体が大きくなり,簡単に鎖を壊せるようになっても,
自分で逃げ出すことはなく,おとなしくしているのだとか.

で,今日の話は,これって子どもから大人っていう過程でも同じだよねって話です.

きっと皆さんも,子どもの頃って親だったり,先生だったり,いろんな大人が
「これはダメだよ.」「失敗するから諦めなさい.」
って教えてくれたと思います.
これってある意味「鎖」じゃないですか.

でも私は,それ自体は善意だと思っていて,
きっと自分自身が失敗してきた経験から,子どもが失敗しないように助言を与えたりとか,
安全を確保するために,危険そうなもの・わからないものには近づかないようにしたりとか.
そういう何かしらの思いやりで鎖をつけるってことは,ある意味必然というか
それこそが幼い子には教育の一部だったりするわけだと思います.

ただ鎖でがんじがらめになった子どもは,大人になってどうなるかというと,
きっと象と同じで,自らの責任で何かをするってことができなくなるんだと思います.
正直大学に行くと,高校よりも圧倒的に自由で,自分が何をするか選択できるようになります.
けど,鎖がなくなっていることに気付いていない人は,その選択肢は見えないし,
見えても,その選択をすることはありません.だって自分は動けないと思ってるから.
そしてどんどん自分の人生を自分のものとして見れなくなります.
自分の人生じゃないから,興味がなくなります.自分のことなのにどこか他人事です.
こうなるとやばいです.自分の人生に興味がないから自分が何をしたいかもわからない.探しもしない.

だから大人になったら,自分の足元をじっくり見てみることが大切かなと思います.
その鎖は本当に大切なものですか?そんなに意固地になって守っていたいものなんですか?
世間体,常識,家族のしがらみ,誰かの助言,お金.
そんなものより,あなたの意志が何より大切だと思います.
それをシンプルに追い求め続けられたら,それが苦しい道であれ,
きっと自分の人生を生きているという実感のうえで苦しめます.
好奇心を殺さないでください.一度殺すとそれがきっと癖になって自分への興味を失います.

私の場合,高校で出会ったある友達の存在が転換点でした.
そいつは,クラスの人気者だったにも関わらず,ネガティブで余計なことを考えるタイプでした.
ただそいつは,徹底的なアンチポピュリズムで,人の敷いたレールの上を歩きたくない,
自分の足で,自分の人生を歩きたいという思想を持っていました.
もちろんそれが原因で人とウマが合わないことも,先生と対立することも度々あり,
日々苦しんでいましたが,私はその生き方がすごく崇高で,羨ましく思えました.

後から考えると彼はもしかしたら極端すぎたのかもしれませんが,
外の声に惑わされず,自分で道を切り開いていくさまは,かっこいいものでした.
それを見ていると,自分がいかに敷かれたレールの上で,他人の人生を生きてきたのか
気づくことができました.
私にとっては,それが足元の鎖がなくなっていることに気付いた瞬間でした.

私はそういう友達が居たからこそ,ラッキーな経験ができましたが,
もし何も考えず,大人になっていたら大学で何してたんだろうと思います.
きっと元来保守的な性格なので,適当なサークルに入って,そこそこの成績を残し,
はみ出さない人生を送っていたのだと思うんですけど,それを考えると,
今のはみ出し人生のほうが,好きだなと思います.

皆さんはどんな人生がお好みですか?一生サーカスの象で満足ですか?

オープンキャンパス🏫

author : すみっコ   [ 一般 ]
2017.07.19 Wednesday 17:28 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは☀

応自1回のすみっコです!!

 

暑すぎて阪大坂(石橋駅から阪大の豊中キャンパスまでにある坂)が

苦痛でしかたない毎日でございます( ¯−¯ )

私は家が兵庫なんですけど

大阪の方が暑いような感じがしますね…

ヒートアイランド?ってやつですかね…🏢

 

これから8月1週目にかけてテスト三昧なんですけど

終わったら大学生初の夏休みです🌞🌴🌺🐠

そして高校生のみなさまにとって

夏休みにはオープンキャンパスもありますね。

工学部のオープンキャンパスは

8月の10日にあるみたいです!!

申し込みは既に始まってしまってると思いますが、

興味がある人はぜったい行ってみた方がいいです!

 

受験生の夏休み、私は工学部と薬学部のオープンキャンパスに

両方参加したので2日連続で阪大に行きました🙂

阪大に通う感じを体験できて良かったです!!

食堂とかにも行ってみてくださいね😌

受験生の夏休みは勉強ばっかりで疲れることも多いので

帰りに大阪によったりすれば息抜きにもなります✨

将来やりたいことが決まってる人は

研究の内容などもしっかり聞いてみて

やりたい研究が出来るかどうかを確認するのも大事だと思います。

 

 

では今回はここまでです( ˘ᵕ˘ )

夏バテせずに頑張っていきましょう!!

受験生の夏休み、どう過ごす?

author : ふたば   [ 一般 ]
2017.07.19 Wednesday 11:15 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは、ふたばです!

 

そろそろ梅雨明けですかね。

ゲリラ豪雨など急な雨は多いですが(昨日も遭遇してしまいました..笑)、暑くなってきましたね。体調に気をつけてください。

 

 

さて、この記事を読んでいる高校生や中学生のみなさんはまもなく夏休みになると思います。(大学生はテスト前であと2週間あるんですがねぇ笑)

 

ということで、今日は自分の経験を踏まえつつ受験期の夏休みはどう過ごすべきかということについて少しお話ししたいと思います。

 

夏休みの受験勉強ってなにを想像しますか?

 

過去問解いて、実践力をつける。

 

これはまだ早い!

過去問演習なんて寒くなってからでも間に合います。

 

じゃあなにするのか。

 

しっかりと基礎を固めること。

これが1番大事というか、これに専念するべきです。

 

塾や予備校などで夏期講習で入試レベルの講座取りましょうみたいに言われるかもしれませんが、それは二の次です。

 

今までやってきたテキストや問題集を何度も解き直し、基礎をしっかりと固めることが本当に重要なんです。

 

この時期にしっかりと基礎を固めたかどうかが、実践演習を重ねる秋以降の成績の伸びに関わってきます。

 

なので、しっかりと基礎を固めることを意識してこの夏を乗り越えましょう!

寒くなる頃にきっとあの夏の頑張りが繋がったんだと感じる時がきます!

 

それでは、またー

 

P.S. この記事を書いている間に近畿は梅雨明けが発表されたようです

🌱004

 

 

 

 

 

阪大を楽しむ!〜講演会やセミナーなどイベントの機会〜

author : ゆる   [ 一般 ]
2017.07.17 Monday 19:04 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは。ゆるです。

 

今日は、大阪大学で行われる講演会やセミナーの話です。大阪大学では、本当にたくさんの講演会などがしょっちゅう開かれています。私は入学してまだ3か月ほどですが、もういくつもの講演会などに参加してきました。

 

内容は、海外から招かれた講師によるリーダーシップに関する講演や、国連の職員になる方法を教えてくれる、外務省や国連職員の方による講演、などから、レポートの書き方やタイムマネジメントの仕方を教えてくれるミニセミナーまで、いろいろな種類があります。

 

私は先ほど述べたものすべて参加しましたが、それぞれ学ぶことが多く、参加していなければ知ることのできなかった情報や知識などを手に入れられて、自分の視野を広げてくれたりスキルアップできたりする良い機会となっています。

 

しかし、私が参加してきたこのような講演会の内容すべてに最初から興味があったわけではありません。私はちょっと気になったことはとりあえず参加してみる質なので、とにかく時間さえあればそこまで興味がなくても、とりあえずいろんなことに参加してみることにしています。最初は特に興味なくてもちょっと経験してみると、新しい発見があったり、これ面白い!と思ったりすることも多く、本当に何がきっかけで自分の人生を左右するかわからないので、人生は面白いなーとつくづく感じています(笑)興味のない講演会などには行こうと思わないかもしれませんが、めっちゃ興味あるというわけではなくても、ちょっと気になる、とか、ほかの予定ないし暇だなって思った時には、挑戦すると、自分の可能性を広げられるとっても良い機会になると思います!(^^)!

 

今回は紹介していませんが、以前紹介した多言語カフェなど、講演会やセミナーに限らず、阪大にはこのような素晴らしい機会、イベントが本当に本当にたくさん散りばめられています。みなさんもぜひ阪大に入ったら、いろんな機会を利用して、いろんな経験をして、大学生活楽しんでくださいね(*^^*)

 

それでは今日はこのへんで〜!

<< | 2 / 147 PAGES | >>