阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんな事を考えているのか、など「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報をお求めの方は、
右のバナーの公式サイトや facebook、Instagram、Twitterをご参照下さい。

いつも通りがベスト

author : Mt.Guchi   [ 一般 ]
2017.12.06 Wednesday 22:47 | - | trackbacks(0) | 

こんばんは!電子情報工学科2年のMt.Guchiです。

 

ここ数日、本当に寒いですよね……。

駅からキャンパスに向かって歩く時に痛感します。

 

さて、既に12月に入っておりますが、受験生の皆さん、調子はいかがでしょうか。

僕自身、アルバイト先の受験生の背中を頻繁に見るので、嫌でも数年前の自分を思い出します。

 

ということでですね、数年前の自分を振り返った上で、私なりのアドバイスを一言述べさせていただこうと思います。

 

本当に一言です。それは、

「いつも通り」

でいて下さい。

 

受験直前になればなるほど、普段より無理してしまいがちになります。勉強していたら寝るのが遅くなっただとか、今日のノルマが早く終わったから明日の分までやってしまおう、など。

 

前者が良さそうで悪いことは、皆さんお分かりだと思います。心の焦りを夜更かしの勉強によって解消したくなりますが、こういう時こそ素直に布団に入った方が、圧倒的に回復が早いです。

睡眠って本当にすごいです。どれだけ嫌なことがあったとしても、なぜか次の朝には傷が浅くなります。当然、忘れはしませんが、その悩みのせいで自分の思考が遮られてしまう、といったことはなくなるはずです。

 

さて、問題は後者。一見良さそうですが、何が悪いのでしょうか。

これには、一日のノルマを超過して行ってしまうと、当日のノルマを前日や翌日にまたがって終わらせようとする癖がついてしまう、という問題点があります。

 

例えば、今回はたまたま前倒しの形をとることが出来たものの、次回、もしかしたら当日のノルマが終わらなさそうな場合に、今度は翌日にやればいいや、という妥協が生まれてしまう可能性が高くなってしまいます。

 

このように、一度前倒しを許してしまうと、延期も許してしまいたくなってしまうのです。なので、余力があるからといってそのまま進めるのではなく、普段より早く終わらせることが出来た自分へのご褒美として、その余った時間を音楽を聴いたり漫才を見たりする時間に充てればよいと思います。

 

また、あまりにも余る時間が多すぎる場合、そのノルマは自分に適しているか、勉強しながら調整していく必要があると思われます。数日かけてでも、自分に合った少なすぎず多すぎないノルマを見つめ直しましょう。

 

次回の投稿でも、受験に関することを述べたいと思っております!

センターまで一か月強。

「いつも通り」がんばりや!

センター試験について

author : nacl   [ 一般 ]
2017.12.06 Wednesday 14:27 | - | trackbacks(0) | 

研究室での年末発表も終わり、今年の大変なイベントはすべて終わりました。

こんにちは、気分はもう年越しモードのnaclです。

今年もほぼ終わりを迎え、受験生はセンター試験の勉強をしている時期でしょうか。あと30日ほどでセンター試験がが近づき、焦っている受験生もいるかと思います。

 

そこで、センター試験の勉強法を理解度順にお教えしたいと思います。

 

理解度大…演習用の問題集(青チャート、重要問題集など)の問題ならほぼ解けるという人

このような受験生はセンター試験の問題は考えれば全部解けてしまうと思います。ただ、センター試験は時間との勝負ですので時間をかければ解けるというのでは意味がありません。センターの過去問などで時間間隔を身につけましょう。大問ごとに解く順番とかける時間を決め、センターが難化した時でも確実に点数を取れるようにしましょう。

 

理解度中…問題集の問題で難しいものは解けないという人

センター試験の問題で、大問の最後の方の問題が解けないというのであれば問題ないです。センター試験の最後あたりの問題は配点が小さい割に難しいことが多いので上のように時間間隔を身に着けて自分の理解度で挑めば十分だと思います。ただ、分野によって問題が解けたり解けなかったりするという人は要注意です。センターは全範囲からまんべんなく出るので苦手分野を作ってしまうと、その分野が出た時に泣き寝入りするしかなくなります。弱点となっている分野は今のうちに補強しましょう。

 

まだ理解ができていない…問題集の基礎問題が解けないという人

まず大前提として焦らないようにしてください。伸び幅が大きいので、勉強すれば点数の伸び幅もかなり大きいです。基礎ができていない可能性があるので、センターは時間は気にせず解いてみて、分からない問題は教科書に戻ってしっかり原理を理解するようにしてください。また、最終手段として、「センター試験の問題を解きまくる」というのも手です。センター試験は結構同じような問題が使いまわされるので、何年分かをやっていくと、「この問題前にも見たな…」となってくると思います。良問も多いのでやりこめば必ず力になります。

 

そろそろオープン模試やセンタープレの結果が返ってくることだとは思いますが、一喜一憂せずに自分の行きたい大学を目指して頑張ってください。特に現役生は本試験の最後の最後まで伸びしろしかないので諦めず勉強しましょう!

 

 

MTB

author : じゅんたろう   [ 一般 ]
2017.12.02 Saturday 00:20 | - | trackbacks(0) | 

どうもじゅんたろうです。先日はマウンテンバイクの試乗会に参加してきました。最近オープンした店で、気になったので店に入ると「試乗してみる?」と言われて次の日早速、試乗させてもらいました。しかし、その「試乗」を甘く見ていたのです

 

マウンテンバイクはその名の通り、山道などの未舗装路を走るための自転車です。僕はてっきり、のんびり自転車をこいで、「ああ、いい景色だなー」なんて言いながら楽しむものだと思ってました。しかし。実際に連れていかれたのは、かなり激しい下り道。まさかのダウンヒルでした。幸いにも、かなり質の高い自転車であったため、何度かこけましたが無事に下りきることができました。いやあ、なかなかそこまで試乗させてくれる店はないですね。店主いわく、「マウンテンバイクは、百聞は1試乗にしかず」らしいです。実際、僕は明日マウンテンバイクを購入してきます(笑)。お値段20万くらいまたバイトを頑張らないと!

 

少しマウンテンバイクの説明をします。ロードバイクは、もっぱらツ−リングに使います。当然、目的地があることが前提ですね。しかしマウンテンバイクは違います。そこらへんの山(当然、立ち入り禁止のところはダメです)で、しかも自分でルートを決められるという、いわば「乗り手次第」のスポーツなのです。来年僕は4回生なので、ロードバイクを使ったツーリングは、時間的に厳しくなってくると思います。しかし、僕は高槻市に住んでいるので、今後は近くの山でサッとトレイルすることも可能です。いい趣味を見つけられてよかったです。あとは練習しまくらなくては。では今日はこのへんで。

進路の決断

author : ふたば   [ 一般 ]
2017.12.01 Friday 10:35 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは、日が短くなり、寒くなってきましたね。中間テストの時期が近くなり日々レポートなり勉強なりに追われて寝不足気味のふたばです。

 

 

受験生の皆さんはセンター試験のプレテストなどが終わり(あるいは間も無く終わり)、センター対策に本腰を入れている人も多いと思います。この模試の結果はおそらく12月中旬ごろに返ってくるんではないでしょうか。

 

結果によって受験校や志望学部学科を考えて出願先を絞っていく決断しなければなりません。

 

皆さんは何を優先して決断しますか?

判定の結果、学びたい分野などなど色々基準はあると思います。

 

もちろん、模試の判定もある程度考慮しなければなりません。でもこの判定はあくまで11月末の判定です。本番3ヶ月前の成績です。

3ヶ月ってものすごく成績が変わりますよ

 

自分の学びたい分野についてあれこれ考えながら、大学行ってこんなことしたいって思いながら勉強していると成績って伸びてきます。

 

何が言いたいかというと、自分の学びたい分野に進むことを優先したほうがいいということです。

 

自分の学びたい分野に進んだほうが大学生になってからもやっぱり楽しいです。

課題がしんどくても、将来のことを考えると頑張れます。

 

 

1番大切なのは学びたいという気持ちです、そうすれば自然と勉強へのモチベーションがあがり、成績もついてくるものです。

 

前も言ったかもしれませんが、大学生になった自分を妄想してみてください、きっと勉強へのモチベーションがあがりますよ!

 

それでは、今日はこの辺でー

電子書籍のススメ

author : あひる   [ 一般 ]
2017.11.29 Wednesday 16:05 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは!
あひるです。

先日Kindleを買ったんですが、これが結構良くて
なんでもっと早く買わなかったんだと思ったので、
今回は大学生にとっての電子書籍の良いところを紹介したいと思います。

・本屋に行く必要がない
まず、もし電子書籍を持っていれば、
無性に本が読みたい!今読んでる本を読み終えてしまった!から
ノータイムで次の本を検討・購入できます。
大学生はなんやかんや時間がありませんし、
近年本屋がどんどん閉店していっているので、
家の近くに全然本屋がないっていうパターンもありえます。
しかし、やっぱり本屋に行って立ち読みしないと
買う決心がつかないっていう慎重なひともいるかもしれませんね。
安心してください。電子書籍でもためし読み機能があります。
ちょっと読んでみてから検討することは十分可能です。

・本棚が要らない
一人暮らしだと部屋のスペースは結構シビアなんですよね。
ベッド置いて勉強机置いてソファー置いて…となると、
はっきり言って本棚って意外と邪魔です。
本棚のスペースがないだけで、かなり余裕を持った空間になります。

・持ち歩きが楽
大学生の荷物はかなり重いです。
くそ分厚い専門書にノートPC、サークルによってはさらに
スポーツ用具や着替え、楽器などなど。本なんて持ってられないです。
電子書籍だと一台薄い機器を持つだけなので、大きな荷物になることもありません。

以上が買ってみて良いと思ったポイントです。

ぜひ検討してみてはいかがでしょう。

それではまた次回の投稿で。

工学部を志望した経緯について😶

author : すみっコ   [ 一般 ]
2017.11.29 Wednesday 11:30 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは!!

応自1回のすみっコです🐱

 

もー冬のコートが手放せませんね…🧥

くれぐれも手洗いうがいを忘れずに!!

 

11月も終わりに近づき…

受験生のみなさまはそろそろ

志望校をしっかり決めないといけない

時期になってまいりました。

 

少し自分の話をすると、

わたしはもともと大阪大学の薬学部薬科学科

を志望していました。

大学別の模試も全て薬学部で出しています。

 

去年の今ごろは薬学部に合格するぞ!!

と思ってけっこう頑張っていました。

いつ工学部志望に変えたのか、というと

センターが終わった後です。

2次試験で点数を稼ぐ自信がなく、

センター9割以上取りたかったのですが

そこまでには届かずでした。

 

そしてけっきょく工学部応用自然科学科を

第一志望にすることを決めました。

結果として今の時点で後悔はしていません。

 

わたしが工学部応用自然科学科を志望した理由は、

 

.札鵐拭爾9割に届かなかったこと

∀何佑呂靴燭なかったこと

やりたい研究ができる環境にあること

そ子の割合が高いこと

タ与瑤多いのでたくさんの人と知り合えること

 

だいたいこんな感じだったと思います。

(ちなみに薬学部で出していたらたぶん落ちていました…(*^-^*))

 

けっきょく工学部を受験しましたが、

薬学部を志望していたことは

わたしにとってプラスになったと思っています。

どうせなら目標を下げずに

最後まで頑張り抜くのもありだと思います。

もちろん、受験科目や配点の関係もあるので

よく考えないといけないのですが…

 

たくさん悩んで考えて、

しっかり目標をもって勉強頑張ってくださいね!!

 

少しでも参考になれば嬉しいです☺

今回はこのへんで✋

 

 

 

<< | 2 / 256 PAGES | >>