阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんなことを考えているのか、など、「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報をお求めの方は、右のバナーの公式ページをご参照下さい。

分析科学&分析化学実験(1):光の波長とエネルギー

author : A.Mizunoawa   [ 一般 ]
2017.08.12 Saturday 10:00 | - | trackbacks(0) | 

みなさん、ご機嫌いかがお過ごしですか。応化3回生のA.Mizunoawaです。

つい先日、今セメスター最後の期末試験が終わって無事に夏休みを迎えることができました。最後の試験が台風の影響で急遽、次の日に延期になり、スケジュール変更を余儀なくされて大変だったのですが、なんとか試験そのものは受けることができました。……まあ、試験自体の手応えが良かったわけでは決してないのですが。

さて、今回のタイトルではカテゴリを「分析科学&分析化学実験」と二つの科目の合体にしていますが、これには理由があります。化学には物質の詳細を知るための分析法がいくつもあるのですが、そのような方法を実行するための装置の仕組みを座学として勉強するのが分析科学という授業であり、実際に装置を使ってみるのが分析化学実験と呼ばれる実習になります。2017年現在、これらはどちらも好札(3回生前期)の受講科目になります。ちなみに、分析科学は「科学」の表記で分析化学実験は「化学」の表記なのは、分析科学は物理や生物コースのひとも多く受講するような内容である一方、実験の方は化学コースのみが受講するものだからだと思われます(∵物理、化学、生物、数学∈科学)。

それでは具体的に分析科学では何を学んでいるのか、ですが、それを説明する前にまずは前提知識として光の波長とエネルギーの関係について復習しておきましょう。

光の正体は波なので光には波長があり、光はエネルギーの形態の一つなのでジュールとして数値化することができます。波長が小さくなればなるほどエネルギーは大きくなることは高校生のみなさんもご存知の方が多いでしょう。もしも実感が湧かないひとがいれば、このように考えてみてください。電波と呼ばれるものは、波長が長いもので数キロメートル、短いものでも数ミリメートル程度。その波長の大きさごとにAMラジオ・FMラジオ・テレビ放送・携帯電話・電子レンジ・衛星放送などに使い分けされていて、それらの電波は我々の周りを常に飛び交っている。それらは我々の身体に当たっても健康に被害が及ぶことは無いので、つまりエネルギーとしては決して大きいものではない。380nm~780nmは可視光と呼ばれ、人間が色として認識できる波長領域で、それよりも少し波長が大きいものを赤外線(=IR)、少し小さいものを紫外線(=UV)と呼ぶ。赤外線はこたつの光であるので人体に影響は無いものだが、紫外線は「太陽光からの紫外線がメラニンを生成させ……」と言われるように、肌に悪影響を及ぼす(注:メラニンそのものが黒いため結果としてしみや日焼けになるというだけで、メラニン自体が悪い物質なのではなく、メラニンの生成は一種の防衛機構です)。つまり赤外線よりも紫外線の方が強い──換言すれば波長が小さければ小さいほどエネルギーとしては大きくなる。さらに波長が0.01nm~10nmほどまで小さい光はX線と呼ばれ、レントゲンを撮るときに使われている。我々の身体を司っている骨と歯以外の物質は大概貫通するためX線でレントゲン写真が撮影できるわけだが、身体を貫通しているということはエネルギーが高く健康被害をもたらすため、レントゲンはそう何度も受けていいものではなく年間に受けられる回数は線量限度という形で規定されている。X線よりもさらに波長が小さいものはガンマ線と呼ばれ、これはいわゆる放射線の一種であり、原子力発電事故等のニュースで聞かれるように大変危険なものである。つまり、エネルギーとしてはとても高い。

このように、光の波長ごとにエネルギーは異なるため(エネルギーEはプランク定数をh、光の速度をc、波長をλとしてE=hc/λと表されます)、色々なエネルギーの光が存在すると言えるわけですが、このエネルギーの大きさを利用して分子の構造や質量を分析する方法を電磁波分析と言います。電磁波分析にはいくつかの種類があり、分子に電波を当てるものは核磁気共鳴分析法(通称「NMR」)、赤外線を照射するものは赤外吸収分析法(通称「IR」)、可視光領域付近の光を用いるものは吸光(&蛍光)光度分析法(通称「吸光」。そのため「今日の実験は吸光だね」と誰かが言うと「えっ、休講? やったぜ!」と一瞬だけぬか喜びしてしまうという悲しい事故が起こる)、そしてX線を使用するものが蛍光X線分析法(通称「X線」)と呼ばれています。

次回以降の記事では、これらNMR・IR・吸光分析・X線分析についてを紹介していこうと思います(途中で別のカテゴリの記事を挟む可能性はありますが……)。それが終われば電磁波分析以外の分析法として質量分析法やクロマトグラフィーも説明できればなと思っています。

それでは、今回はこの辺で。See you again!

Summer Vacation!

author : monmon   [ 一般 ]
2017.08.08 Tuesday 22:45 | - | trackbacks(0) | 

Hi guys! monmon here~~

 

I think most of you finished your finals already, so happy summer holiday!

So some days ago I found a poster about Dr. Wani is going on a yuruchara contest (??!!) and seems that it's true and you can find him here <http://www.yurugp.jp/vote/detail.php?id=00003705> and wish him good luck haha

It's getting hot (because of summer idk if you hate it love it) so keep hydrate and have fun on summer vacation~

 

 

隣の芝生は青かった

author : Mt.Guchi   [ 一般 ]
2017.08.05 Saturday 23:30 | - | trackbacks(0) | 

こんばんは!電子情報工学科2年のMt.Guchiです。

 

世間の皆様は淀川の花火大会だったそうで、電車の中は浴衣の方々で埋め尽くされていました。

 

こちらは8/8でテストが終わり、ようやく夏休み…の予定ですが、暴風警報で夏休みが遠のく可能性もあるので、あまり火曜日に期待しないでおきます。

 

さて、テスト勉強真っ只中の私ですが、実は!!最近一風変わった場所で勉強しております。

 

工学部生は通常「理工学図書館」で勉強をするのですが、最近私は新たな土地を開拓することに成功しました。その名は「生命科学図書館」。

 

ここは主に医学部・人間科学部の方々が利用する場所で、私が高1の頃オープンキャンパスで訪れた聖地でもありますが、とにかく利用規約が緩い!

 

例えば、どちらの図書館にもグループ学習室という部屋がありますが、理工学図書館では3人以上でないと予約できず、かつ利用時間は最長3時間なのに対し、生命科学図書館は人数に関係なく時間無制限で利用できちゃいます!☆

 

また、生命科学図書館の隣には「鯨屋(くじらや)」という食堂があるのですが、そこのカツカレーが美味しい!これの為に勉強を頑張った日も少なくありません。

 

…阪大工学部の散歩道なのに、他学部ヨイショしちゃいましたが、吹田キャンパスにはまだまだ素敵なアトラクションがあるみたいなので、これからも何かと発信していきたいと思います。

 

ということで、電子回路勉強してきますm(_ _)m

ラーメン激戦区・大阪

author : nacl   [ 一般 ]
2017.08.03 Thursday 18:35 | - | trackbacks(0) | 

院試対策に追われ、来る日も来る日も勉強の毎日です。たまには研究もしたい…というか体動かしたいですね。暑いですけど…

 

こんにちは、電情のnaclです。

突然ですが、私はラーメンが好きでよくラーメンを食べに行きます。

私の地元の香川ではラーメン屋といえば餃子の王将かショッピングモールのフードコートと相場が決まっていましたが、大阪にはおいしいラーメン屋が多いので自然とよく食べるようになりました。

まあ、香川ではうどんばかり食べていたのでその代わりで大阪ではラーメンばかり食べているのかもしれないです。

 

ちなみによく食べるラーメンは「混ぜそば」です。何故かというと…ボリューム満点でおいしいからです!あと阪大の近くに多いからです!混ぜそばは食べた後にご飯を出してくれるお店が多く、そのご飯を混ぜそばの残った具と絡めて食べるとすごくおいしいんですよね…。

混ぜそばは「麺やほぃ」や「マルショウ」でいただくことが多いです。特に好きなのはほぃの肉盛り混ぜそばです!ローストビーフや角煮等の具がたくさん盛られていてとてもおいしいです。でも味付けがあっさりしているので食べてもそこまで胃が持たれないのがいいところ!ちなみに最近豊中の阪大の近くに油そばが有名なラーメン屋ができたそうですが、工学部の私には豊中まで行って食べようとは思えず、まだ食べていません。ボリュームはあると聞いていますがどうなのでしょうか…。また食べに行きたいですね。

 

混ぜそば以外でも、大阪にはまだまだおいしいラーメン屋がたくさんあります!

 

「つけ麺」では新大阪にある「時屋」というラーメン屋がおいしいです。こちらはおいしいのですが、重ための味なのでがっつり食べたいときにお勧めです。店内がおしゃれなのもポイント高いです。

 

「醤油ラーメン」は西中島南方駅すぐの「人類皆麺類」というところが人気です。めっちゃ混んでますが、麺がおいしいです。ただ、私には少し味が濃かったです。この店のラーメンmacroというものはあっさりしているらしいので今度はこっちも試してみたいですね。

 

「豚骨ラーメン」は梅田の「シロマルベース」でしょう。トッピングなど自分で細かく決められるのも好きです。すぐ近くには「一風堂」もありますが、こっちはすごく混んでいます。まあどちらも混んでいるのであまり積極的に利用できないのが難点ですね。特に夜中は一杯やった後の〆で食べるのでしょうか、すごく人が多いです。

 

「味噌ラーメン」はすみません、大阪では食べたことがないですね。でも札幌で食べた「彩未」というラーメン屋はすごくおいしかったです。やっぱりラーメンは発祥の地で食べるべきだと実感させられたお店です。開店前でも人がすごく並んでいるので開店30分前から並ばないとですが、それだけのリターンはあると思います。

 

いかがでしょうか?このお店以外にもラーメン屋はたくさんあると思うので自分の好みのお店を見つけるのも楽しいと思います。

そういえばラーメンといえば「二郎系ラーメン」を真っ先に思い浮かべる人もいるかもしれません。私も食べに行きましたが、私には合いませんでした…。確かにおいしいのですが、重ための味と圧倒的ボリュームでノックアウトされました。しかも考えなしに「全マシ」にしてしまったのもダメだったと思います。量が少なければおいしく食べられたのかもしれません…。

暑い...

author : じゅんたろう   [ 一般 ]
2017.08.03 Thursday 16:04 | - | trackbacks(0) | 

どうもじゅんたろうです。TOEICの結果が返ってきました。リスニングもリーディングも、均等に取れて、点数は675。まあ、十分でしょう。ですが将来必ず役に立つと思うので、これからさらに努力しようと思います。とりあえず塾で高校英語を教えられるぐらいの点数は取れたので一安心(笑)。就職までに750を超えることを目標にがんばります!

 

さて、最近、大学にかけられるお金ってかなり減っているんだなあと感じます。阪大は図書館で一人一台ノートパソコンの貸し出しを行っていたり、かなりめぐまれていますが、一般的な公立大学などは、ノートパソコンはおろか、学内のWi-fi環境が十分でないなど、設備が不十分だなあと感じました。学力向上を目指して政府は動いてくれていると思いますが、やはり最低限、設備(特に教育環境)投資は行ってほしいものです。実際阪大も夏休みの図書館の開館時間が減らされるそうです悲しい。

 

あと最近思うのですが、慢性的な教員不足が叫ばれていますが、公立高校でも大学生のチューターを募集したらどうか?と思います。特に教職課程を取っている人は、それを教育実習にあてることができるようにすると、かなり効率がいいと思いますね。僕は別に教員免許を持っていなくても、普段の授業のフォローなら、大学生でも全然可能だと思います。むしろ高校での少人数授業が可能になるので、結果として成績は向上すると思います。皆さんはどう思いますか?

 

さて、我が家では家計にうるさい母親がいるので、クーラーはめったにつけてくれません。日中は大学の図書館または市の図書館に避暑しにいっています。図書館に行けば、家でクーラーを使うことなく、それが環境問題にも貢献できるし、なにより勉強がはかどります。みなさんもどうぞ、図書館に行きましょう!まだまだテストが残っているので今日はこのあたりで。暑さに負けずがんばりましょう!

踊る右手、踊らないWi-Fi

author : Mt.Guchi   [ 一般 ]
2017.07.27 Thursday 23:56 | - | trackbacks(0) | 

こんばんは、電子情報工学科2年のMt.Guchiです!

 

今日は、電子情報工学科らしくないことを言います。

 

実は、今。実家でインターネットが使えません。。。

契約の時期を間違えて、一か月謎にネット回線の空白ができてしまいました。

 

その期間くらいは、スマホのテザリングでパソコンをネットにつなごうと思っていたのですが、それをしていると案の定7月5日くらいで通信制限が来て、もはや携帯もただの箱となってしまったのです。

 

今は、吹田キャンパスのWi-Fiでレポートを提出し、帰りに通るあべのハルカスのWi-Fiで好きなドラマの動画を見る、という謎の生活を送っています。そして、この記事についてですが、サークルの先輩の家のWi-Fi経由で投稿しています( ˘ω˘ )

 

こういった生活を送るのが人生で初めてなのですが、真剣にネットワーク環境のありがたみを感じます。一昔前まではダイヤルアップ接続などといって、路上はおろか、家の中などでも限られた場所でしかインターネットができなかったそうですが、今や通信制限ですら辛いと言ってしまう始末。いかに私たちが現代の技術に依存しているかが、身に染みました。

 

一方、そのおかげといってはなんですが、スマホやパソコンを見る機会が激減し、テスト勉強が今まで以上に捗っているような気がします(;´・ω・)

もし来月からネット回線が普及しても、電子機器の時間はちゃんとコントロールしなければ。。。

 

ということで、量子論の勉強してきまーす( ;∀;)

<< | 2 / 244 PAGES | >>