阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんな事を考えているのか、など「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報を
お求めの方は、公式サイトや facebook、Instagram、Twitterを
ご参照下さい。

ぬるっとはじまるテスト週間

author : その他   [ 一般 ]
2020.07.30 Thursday 14:56 | - | - | 

こんにちは.機械工学専攻M1のジャッキです.

もうすぐ8月ですね.今年は小中高生の夏休みはいつから始まるんでしょうか.

 

阪大は4月から予定通りに始まっていたので現在予定通りテスト期間中です.全然実感はないですが….普段ならテスト期間が近づくと友達とやばいねー過去問ある?などとやりとりをしている時期です.しかし,今年は非対面での授業がほとんどで,テストもオンラインもしくはレポート提出のみが多いです.自分はとっている授業のうち,1つはオンラインテストでそれ以外はすべて期末レポートでした.月曜日に4つもレポートを提出しましたが,残りの4つは締切日がばらけているのでそこまで追い込まれなさそうです.

 

テストがあると毎回単位とれたかなあなんて心配をしてしまいます.さすがに今年はレポート提出だから単位はあるだろう(評価はともかく)と安心しきっています.大学院生なんだから,単位どうこうより授業の理解度を重視したかったんですが,いかんせん授業のコマ数が多すぎて,途中手を抜いてしまいました.みなさんも授業のとりすぎには気を付けましょう.期末レポートでしっかり復習します.授業のアーカイブが残っているとこういうときにありがたいです.

 

結局オンライン授業と対面の授業はどちらが良かったんでしょうか.対面は生活リズムが作りやすいし,周りの様子が見れるということが良い点です.オンラインは好きな場所で受けれるし,非リアルタイムであれば,好きな時間に受講できるし,わからなかったところを見直しやすいし,眠くなったら一度寝てもう一度受けなおせることが良い点です.個人的に,周りの様子が見れないというのはかなり不安でした.レポートが多すぎてすごくしんどいけれど,自分の能力が低いせいなのか,みんなそうなのか…などネガティブな気持ちになってしまいました.さらに,リアルタイムでのオンライン授業は,対面以上に集中力が切れやすくて,ちょっとしたネットトラブルなどですごくイライラしました.

 

自分の中でのベストは,「非リアルタイム」または「アーカイブ残してくれる」かつ「90分より短い授業」です.YouTubeさえも20分を超える動画見るのはしんどいですからね.いわんや授業をば,という気持ちです.あとは全体は長くても,30分授業して,演習問題を出して,30分問題解説をするという授業形式はわりと集中しやすかったです.

 

それでは,今回はこのあたりで.テスト頑張りましょう.

<< 逆立ち | main | あなたは化学に向いてる??🥼 >>