阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんな事を考えているのか、など「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報を
お求めの方は、公式サイトや facebook、Instagram、Twitterを
ご参照下さい。

ものの言い方

author : じゅんたろう   [ 一般 ]
2020.07.21 Tuesday 12:24 | - | - | 

じゅんたろうです。ここしばらくずっと勉強ばかりで憂鬱な気分でしたが、とある本に書かれていた内容に感銘を受けました。

 

僕の担当教員は、非常に丁寧な方で、ストレスフリーに研究をさせてくれます。

 

しかし、なぜストレスフリーなのかは、あまり意識していませんでしたが、おそらくこの一言であると思いました。それは、

 

 

「進捗状況を教えて」

 

 

と、詰めるような言い方をせず、

 

 

「何か手伝いできることがあったら、遠慮せずに言ってね」

 

 

という言い方をしていただけることです。

 

内容的には、どちらも同じ、「進捗をたずねる」ですが、

前者はかなり高圧的で、もしうまく研究が進んでいないときは、気持ち的にかなり落ち込みます。

後者は、うまく進んでいないときこそ、自分の問題点を明確に整理できます。

 

 

まとめると、トップに立つ人間は、部下が委縮しないような物言いをすべきである、という結論です。実際、僕の先生には、いざというとき頼れる安心感があります。感謝感謝です。

 

みなさんも、学校や部活で後輩にしゃべるときは、このような言い方を参考にしてもいいと思います。もちろん、優しくしすぎてもだめですよ!ただのお人好しになってはいけません、あくまで後輩の成長を主眼に。

 

では今日はこのへんで。

<< 新入生の大学生活 | main | 阪神高速 >>