阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんな事を考えているのか、など「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報を
お求めの方は、公式サイトや facebook、Instagram、Twitterを
ご参照下さい。

サークルオリエンテーション

author : その他   [ 一般 ]
2020.07.16 Thursday 06:47 | - | - | 

お久しぶりです。工学部環境・エネルギー工学科2回生の佐原です。

次々と積もる課題の山を呆然と見上げながらひたすらこなすだけの生活を送っていたら散歩道の更新が滞ってしまいました。反省……。

今回は具体的に私が今取り組んでいる課題を紹介しようと思ったのですが、折角ですし先週末に開催されたサークルオリエンテーションについて書きます。

 

サーオリは新入生が受講必須なカルト講習会に合わせて開催されました。カルト団体に釣られないように、との啓蒙ですね。学内でも同様の動画を流れているのを見たことがあります。豊中キャンパスだと館下やカルチエのTVでしょうか。ちょうど私も1年前に受けたことを思い出しました。

 

今年のサーオリは感染予防の観点から

・ビニールカーテンを設置すること

・ビラを手渡さない

・展示物を触らせないこと

などのルールがあり、これを守るのに苦戦しました。

また、全てのスペースを短期間で回れるように順路が定まっており、たくさんの人に弊サークルを見てもらえました。

通常のサーオリ(とは言っても私も去年のものしか参加したことはありませんが)では路上を歩いているだけで大量にビラが比喩ではなく沸いてくるのですが、今回はその光景は見られませんでした。ビラの多さってアピールになりますもんね。たくさん配りきると嬉しいですし。

 

初日の土曜日は朝一からの参加だったので、豊中キャンパスに8時30分につきました。オンライン授業の利点は朝遅くまで寝ていられることと信じて疑わない人種なので、こんな早くに活動していることを褒めたかったです。

ビニールカーテンを設置した後は興味を持ってくれた新入生に声をかけたり、久々に会う友人に生存確認ついでに差し入れをしていたりしていたら1日が終わりました。

帰りに久しぶりの外食をしました。豊キャン近所の「麺や凜」が冷たいラーメンをやっていたので醤油味を食べました。本当に何もかもが懐かしく、思わず泣きたくすらなってしまいました。

そんなこんなで帰宅即寝落ち、起きたら朝の11時でした。慌てて電車に飛び乗って駆けつけ、なんとかシフトを守れました。良かった。

 

 

今年のサーオリは感染経路を追うために新入生にQRコードを導入したり、サークルの人員を把握しスペースの消毒を徹底したりと異様な雰囲気の中行われましたが、終始楽しかったです。

 

特に強く興味を持ってくれた方がいて、その方が入ってくれたらな〜と思います。

 

阪大は4月の当初から入構禁止及びサークル等活動休止の措置を取ったのですが、各部・サークルのSNS新歓(新入生歓迎会)アカウントの動きが活発になったような気がします。私が所属するサークルのTwitterアカウントは元からに頻繁に動いてたので大して変わりませんが、他サークルのアカウントがzoomで新歓を行ったりしているのを見ると、時勢だなとしみじみしますね。

 

それでは今回はこのあたりで!

<< 実験ノートはちゃんと書きましょう。 | main | はじめまして >>