阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんな事を考えているのか、など「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報を
お求めの方は、公式サイトや facebook、Instagram、Twitterを
ご参照下さい。

阪神高速

author : Mt.Guchi   [ 一般 ]
2020.07.23 Thursday 18:11 | - | - | 

こんばんは!情報科学研究科M1のMt.Guchiです.

 

今,諸事情で兵庫県の加古川市にいます.阪神高速を乗り継いで第二神明道路,加古川バイパスの先にあります加古川市のマクドナルドで諸事情で論文を読んでおります.休日ですが羽根を伸ばそうにも来週締切の論文の査読があって (修士の学生なんですけどねぇ) 休めなくはないけど休めない日々を送っております.

 

今日は大学生になったら皆さんも経験するであろう運転に因んで,私が大好きな高速道路の話をします.

今日は私の家(実家)から加古川に来るまで,阪神高速を使いました.もう少し具体的に言うと,阪神高速14号松原線→阪神高速1号環状線→阪神高速3号神戸線→新神戸トンネル→阪神高速7号北神戸線→第二神明道路→加古川バイパスの順で現在地に到着しました.途中も諸事情で寄り道しなければならなかったので少し遠回りをしていますが,帰りは3号神戸線でダイレクトに大阪へと向かう予定です.もう何が何だか訳が分からない文章ですが,今日皆さんに覚えて帰ってほしいことはこれだけです.「阪神高速には気を付けて」ということです.何がやねんと言われそうですが,阪神高速は普通の高速よりも圧倒的に難易度が高いということです.特に1号環状線が頗る難易度が高い.そもそも通行量が多い阪神高速ですが,大阪市内を走っている1号環状線は,あらゆる方面へと向かう路線が結合していて,基本的に大阪市外の地点Aから大阪市外の地点Bまで行くときは,A→環状線→Bという形で移動することとなります.電車と同じで乗換ができるJCTが環状線内にたくさんあるので,どの車も環状線を経由して各々の目的地に向かわなければならないということです.そのため,環状線では左右問わず他の路線の合流があり,非常に高い緊張感を保って運転しなければなりません.

今朝私が環状線を通ってきたときも,祝日でどこかしらに向かう車が環状線内に集結していたため,リトル自然渋滞が起こっていたほどです.一般道ですら合流は大変なのに,それなりのスピードで合流をしなければならないという厳しいミッションが阪神高速1号環状線には隠されています.

 

皆さんが阪大周辺からドライブがてらどこかへ行こうというときは阪神高速を使わずとも吹田JCTからいろいろなところへ別の高速道路を使って向かうことはできると思います.私が阪神高速を利用したのも今回がほぼ初めてで,あまり頻繁に利用する機会はないと思います.ただ,都市圏を経由してどこかへ向かうことは当然ありますし,なんなら都市圏内まで行くのに阪神高速を使うことも十分にあると思います.そんなときは今までの感覚で運転せずに,少し緊張感を高めて慎重に運転しましょう.かくいう私もそろそろ大阪に帰る準備をします.無事に帰宅できるよういい感じの緊張感をもって運転したいと思います.

 

それでは,引き続き良い連休を!<おわり>

<< ものの言い方 | main | 🐻本当にあった怖い話 >>