阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんな事を考えているのか、など「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報を
お求めの方は、公式サイトや facebook、Instagram、Twitterを
ご参照下さい。

歴史小説「坂の上の雲」

author : daigo   [ 一般 ]
2020.07.06 Monday 12:31 | - | - | 

こんにちは、お久しぶりです!

今日は最近読んでいる本について書こうと思います。

 

新型コロナウイルスが感染拡大して以降外出することが憚られるようになってきました。

そんな中何か新しいことを始めたいと思い始めたのが読書です。

読書自体は昔からしていたのですが、これまで手を出してこなかった種類の本に手を出してみました!

 

それは、歴史小説です!具体的には司馬遼太郎の「坂の上の雲」を呼んでいます。

 

全八巻からなる長編小説で、明治維新以降の日本、日清戦争や日露戦争について描かれています。

主な登場人物は、秋山好古と秋山真之という秋山兄弟。そして正岡子規の三人です。

伊予(現在の愛媛県)出身の三人が、学を志し関西圏や東京に出ていき、知性を磨くことで立身栄達していく姿が描かれていて大変勇気をもらいます。

 

また勉強することの大切さを改めて考えさせられました。読んでいる中で日本の歴史についても学ぶことができるので凄くお勧めです!

 

皆さんも是非時間のあるときに読んでみてください!

<< ちゃんとした日曜日でした | main | 現役大学院生が選ぶ!受験生におすすめの漫画1選! >>