阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんな事を考えているのか、など「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報を
お求めの方は、公式サイトや facebook、Instagram、Twitterを
ご参照下さい。

やんないんじゃない,できないんだ!

author : その他   [ 一般 ]
2020.06.27 Saturday 18:43 | - | - | 

お久しぶりです,電子情報工学科のながおです.

自宅での作業になってから数か月,ようやく週2くらいで研究室に行けるようになりました.

4〜6月は主に論文の執筆をしていたので,自宅が遠い分自宅での作業で効率が上がったように思います.

...効率は.

 

というわけで,今回は「できること」と「やらないこと」について話そうかな,と思います.

 

高校生,もしくは大学1年生(くらいかな?)の皆さんは,自宅で授業や講義を受けているわけですが,

実際に学校に行った時と比べてどうですか?

授業は自室で受けられるし,知らないことはすぐ聞けるし,効率面ではおそらく自宅の方がいいという人が多いと思います.

でも,出席だけしておいて授業を見ない,という選択もできるわけですよね.

これは「授業を受けることができる」一方「でも受けない」という選択をしているわけです.

 

ぼくもかなり気分屋なので,深夜でも作業ができることにかまけて

「日中作業ができる」一方「でも日中はやらない」という選択をしてるわけです.

こういう「できるけどやらない」ことを繰り返していると,どうなるかご存じですか...?

 

そう,「できなく」なります!!!!!(体験談/個人差あり)

今までできたことを体が受け付けなくなります.

たまにはやるか〜という気分になっても,うまくいかずに「また今度でいいや」となることがほとんど.

その結果だんだん今までできたことができなくなるわけです...

いかに「できることをしっかりとやる」という意識と環境が大事かわかります.

そもそも,「できるけどやらない」は他人から見れば「やってない」ことと同じですしね...

 

というわけで,今回は「できること」と「やらないこと」についてお話ししました.

大学四年生にもなって情けないですが,こんな世の中のせいもあり共感してくれる人は多いはず...!!

そもそも最近投稿していなかったのも,「できるけどやらない」...ってね!!!!!!!!!

それでは今回はこの辺で...()

<< I'm a student at Osaka University. | main | 久しぶりのドライブ >>