阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんな事を考えているのか、など「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報を
お求めの方は、公式サイトや facebook、Instagram、Twitterを
ご参照下さい。

✏院試に向けて勉強中✏

author : あーる   [ 一般 ]
2020.06.25 Thursday 18:10 | - | - | 

こんばんは。マテリアル科学コース4回生のあーるです。

 

気が付けばもう6月ももう終わりですね。

 

4月に研究室に配属されて早3か月、ようやく6月から研究室に行くことができるようになりました。

研究室に行けるようになるといっても、卒業研究に本格的に取り掛かるのは例年院試後の秋頃になるので、それまでは少し研究、残りは院試勉強という感じです。なので、学校に行くようになっても研究室に行くというよりは図書館に行って勉強をしています。


この自粛期間に院試勉強を始めました。

マテリアル科学コースでは院試科目は数学+専門教科で構成されており、専門教科は

 

’力学

∈猯疏反コ

材料強度学

ず猯舛領漏

ジ蚤諒性論

Σ蹴愴娠論

輸送現象論

 

の7個から5個を当日に選択するという方式です。

 

とりあえずは過去問をベースに、わからない範囲をインターネットや教科書を参考にしながら勉強しています。

 

 

(当然?)忘れている部分は多いのですが、初めて勉強するときよりも明らかに理解できるようになったなと感じます!!

 

これは内容を覚えているから理解しやすいというわけではなく、これまでに学んできたいろいろな学問を通して数学的、物理的な考え方が身についているからなんだと思います。

 

個人的には、材料力学は以前まで結構苦手で教科書を読んでもよく理解できなかったのですが、今当時と同じ教科書を見ながら勉強していると、良く理解できるようになったなと実感しています。

 

初めて学ぶ学問というのはとっつきにくくなかなかわかりづらいと思いますが、わからないなりにしっかり考えることでいつか頭の中で繋がることもあると思うので、1から3回生の人は今難しくても頑張って考えるようにしてみるといいと思います!


それでも院試勉強はなかなか大変ですが(笑)合格できるようにコツコツ頑張りたいと思います。

 

それでは。

<< 🐻ツナ缶と哲学 | main | 「梅雨」入り >>