阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんな事を考えているのか、など「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報を
お求めの方は、公式サイトや facebook、Instagram、Twitterを
ご参照下さい。

論理的思考能力

author : Mt.Guchi   [ 一般 ]
2020.06.20 Saturday 15:43 | - | - | 

こんにちは!情報科学研究科M1のMt.Guchiです.

 

今回はタイトルのとおり,ひたすら私に足りていないと思われる論理的思考能力についてご紹介したいと思います.

皆さんは論理的思考能力とは何たるかをご存じでしょうか?論理的思考能力というのは,物事を道筋立てて考えることができる能力のことです.論理的思考能力が目に見える形で現れる瞬間といえば...数学の答案なんてどうでしょうか.A→B→C→Dと答えるべきところをA→B→Dなんて飛ばして書いてしまうのは論理的ではないと言えます.A→C→B→Dなんていうのも論理的ではないですね.つまるところ,物事を順序通りに1ステップずつ捉えることができるかどうかという点が論理的かどうかを決定する要素になります.

と同時に,これを数学の問題で発揮するだけではなく,実際の生活でうまく活用できるかどうかという能力が社会でも求められています.研究室に配属された皆さんはそれを痛感しているでしょうし,就職活動を進めている皆さんも論理的思考能力の重要性に気づくようになったのではないかと思っています.

 

今,私は研究室で大学院生活に勤しんでいるわけですが,毎日自身の論理的思考能力の欠如に嘆いております.研究発表でも正しい道筋を反れてしまったり,論文でも途中何を言っているか分からないような文章を書いてしまったりと,我ながら自分の弱小な論理的思考能力には驚かされます笑 昔から考えることは好きで,今も日常生活ではいろいろなことに思いを巡らせたり分析をしたりするのですが,当時の自分は論理的ではなく感情をベースにして動いていたのでしょうかね.

 

あと,関係があるかは分からないですが,私は高校〜大学の学部時代に,教科書や参考書の独学が非常に苦手でした.これも論理的思考能力が足りなかったせいなのかもしれません.前から順番に読めば分かるはずの内容でも,前から捉えるのが苦手な私からすれば非常に難解に思えてしまうわけです.

 

こういった過去を通じて今の自分が思っていることは,正しく考えるクセをつけようということです.

ただやみくもに感情を走らせたり思い込んだりして様々な問いの答えを導出するのはきちんと頭を使うより楽なので,私は今までそのスタンスで生きてきました.ですが,社会ではそのような曖昧な能力よりも,きちんと1ステップずつ丁寧に考えられる,そんな訓練をしてきた人間の方が信用できるはずです.なので,今この記事を読んでくださっている方にも是非これから日常の疑問や事実を論理的に捉えるようにしていただきたく思います.

 

ちなみに,励ましの言葉になるかは分かりませんが,研究室に入ってから私の場合は教科書を自分の力で読むことが若干得意になったこと,人狼が少し強くなったことなど,論理的思考能力の改善は少なからず見られるような気がしているので,もし論理的思考能力に自信がない方はまだまだこれから頑張っていきましょう! <おわり>

<< コロナ・ショックがもたらしたパラダイム・シフト(後編) | main | 🐻ツナ缶と哲学 >>