阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんな事を考えているのか、など「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報を
お求めの方は、公式サイトや facebook、Instagram、Twitterを
ご参照下さい。

🐻若さって、羨ましいですか?

author : その他   [ 一般 ]
2020.06.13 Saturday 18:35 | - | - | 

みなさんこんにちは🐣工学部応用理工学科2回生のぱすかる🐻です!

 

第31回投稿となる今回は、私の価値観の変化について書こうと思います。

 

 

突然ですが、、 ブログを読んでくださっている皆様、おいくつでいらっしゃいますか?

 

 

このブログ自体、受験生をターゲット(つまり高校生ぐらいですね)としてるわけですが。

高校生より歳上の方の割合も結構高いんじゃないかと思います。

 

 

 

ちなみに私は現在21歳でありまして。

法律的には大人で、お酒飲めます。めったに飲みませんが。

中学生とか高校生からみても、21歳は大人って感じするかもしれないですね。

でも、30代以上の方から見たら、まだまだ若いなぁっと感じるんじゃないかと思います。

でもきっと、70歳の人からみる30歳の人も、まだまだ若いんでしょうね。。。

 

 

ところで皆さんは、自分より歳下の子の事を見て、どう思いますか?

羨ましく思いますか?

 

 

私は、数ヶ月前まで(あれはまだ私が20歳だったころ、、、、🤔)、17歳とか若い!!いいなぁ!まだ18なの!?羨ましい!高校生か!めっちゃいいやん〜!ティーン羨ましいー!

と思っていました。

 

 

でも、春休みに短期でやってた飲食バイトで、だいぶ考え方が変わりました。

 

ある日、バイトの休憩中に歳下の子(18歳とか、19歳ですね。)と、喋ってて、違和感を覚えたんです。

 

あれ?私、この子たちとなんか、考え方がちがうな。持ってる知識が違うな。

、、、なんか、子供にみえる、、?

って、思ったんです。

 

それは別にその子達がどうこうって訳じゃなく、ただ単に生きてる年数が違うから(バイト経験とか、大学生かどうかとか。)発生する違和感だったんですね。たぶん。

 

 

 

私前までは、こう思ってたんです。

0歳から15歳(つまり中学生)って、子供の領域で。

16歳から30歳までは若者の領域。

で、私はその若者枠の3分の1のところまできて。歳下をみて。羨望してたんですね。

 

 

でも、突然、気づきました。

 

これ、若者の領域、もっと分割されてない?

 

16歳から20歳までが、若者の中で1番若くて、(これをA領域とします。理系っぽいですね☺)21歳から25歳までが次に若くて(B)、26歳から30歳がその次に若い。(C)

 

そう考えると、私はAを卒業してBに来てるわけです。

 

思うに。前までは、Aの中の最年長で。下が見えてて、戻れる気がして、戻れるなら戻りたくて。それで羨ましがってたんですね。

 

でも、いつの間にかBにきていて。

そうすると、Aの子たちの事を羨ましく思わなくなっていて。あー、まだ子供だな、この子たち。って思うようになっていたのです。

これはきっと、幼稚園児のことを羨ましいと思わない感覚と同じです。

(いやまぁ、たくさん遊べて、純粋で、羨ましいって思うこともあるけど。じゃあ、あの頃に戻りたいかっていわれると、それは違うくないですか?)

わざと極端な言い方をすれば、

私をAの子たちと一緒にしないでよ。的な感情が生まれてたわけです。 

 

 

そうすると、今はBの1番下なわけですから、どちらかというと、23.24.25とかが憧れの年齢になるわけです。上を見るようになったんですね。

今は、25歳になったら(まぁ、おそらく私はまだ学生やってるわけですが。)どんな考え方になるんだろう。っていうのがすごく楽しみです。

 

 

 

歳を取ると、出来なくなることとか、体力の衰えを感じたりとか、責任が重くなったりとか。あるのかもしれないけど。

でもきっとそれと同じぐらい、出来るようになることもたくさんあるんだろうなぁ。と思います。

努力次第で出来ることを増やしていけるんだろうな、とも。

 

 

20歳の顔は親から授かったもの。

30歳の顔は自分の生き様。

50歳の顔はあなたの功績。

シャネルの有名な名言です。

ここまで格好良く歳を取るのは難しいかもしれないけど。

なにせ、年齢を重ねるって良いですね☺

 

 

ながーいブログ(最長かもしれません(汗))を最後まで読んで頂きありがとうございました笑

それでは、また次回投稿でお会いしましょう🙌🏻

<< 私のTOEIC勉強法 Listening編 | main | コロナ・ショックがもたらしたパラダイム・シフト(後編) >>