阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんな事を考えているのか、など「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報を
お求めの方は、公式サイトや facebook、Instagram、Twitterを
ご参照下さい。

差がついたな...

author : Mt.Guchi   [ 一般 ]
2020.05.30 Saturday 16:19 | - | - | 

こんにちは!情報科学研究科M1のMt.Guchiです.

 

今週は月末ということもあったのでいろいろと研究のタスクに追われていました.昨日のミーティングでなんとかそのタスク完了を報告することができたので心が軽くなったと同時に今からバイトに集中できそうです.

 

さて,塾の教え子や同期の大学生を通じて最近思うことがありまして...それはやる人とやらない人との違いです.この数か月間は本当に皆さん大変だったと思います.とりわけ普段あまり家で勉強しない人は学習環境への順応にそれ相応の時間を割いたのではないかと考えます.普段から家で勉強している人にとってはいつも通りもしくはいつもより家にいられる時間が増えたのでラッキーだったかもしれませんが...もし私が高校生の頃に塾の自習室を封印されていたらまともに勉強できていた気がしません.机の前にいたとしても相当怠けていたのではないだろうか...汗

 

ただ,あんまりストイックにならないでほしいです.今回の期間で正直自分を律することができなかったと実感している人に言いたいのは,あなたが自習室を勉強の場,自宅を休息の場というように場をマネジメントしてきただけであるということです.自習室に行かなければ勉強できない,と悲観的にとらえすぎず,自習室に行けば勉強ができるように自分をコントロールしてきた,というように捉えてみてはいかがでしょうか.自宅で勉強できる人はすごいという風潮はこの数か月を通じて高まったかもしれませんが,それはたまたま時期が悪かっただけです.むしろこの失われた数か月を取り返そうという意気込みで自習室モードを再開すれば,あっという間に遅れを取り戻すことはできるはず.ぜひそこは今まで以上に頑張ってほしいです.今度は言い訳できませんからね笑

 

このエピソードは基本的に私の塾の教え子のエピソードをもとにしています.夜中まで友達と電話しちゃっただとか人狼しちゃっただとか...みんな結構苦労していたみたいですよ.そして,大学生もかなり荒れています.Twitterなどを見てみると平気で深夜にツイートが更新されているわけですから,この自粛の流れでかなり学生の生活リズムが荒れているようです.

 

というわけで,いよいよ6月1日からいたるところでかつての日常が復活するようです.私も通学定期を1か月分ではありますが今日購入したので,月曜日から研究室生活が再開します.是非皆さんもかつてのリズムを取り戻すべく頑張っていただきたく思います.<おわり>

<< 🐻やる気スイッチの入れ方 | main | iPhoneすげえ >>