阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんな事を考えているのか、など「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報を
お求めの方は、公式サイトや facebook、Instagram、Twitterを
ご参照下さい。

🐻やる気スイッチの入れ方

author : その他   [ 一般 ]
2020.05.29 Friday 10:47 | - | - | 

みなさん、こんにちは🤠

工学部応用理工学科2回生の、ぱすかる🐻です。

 

 

現役コンビニ店員(私)が思う、コンビニ店員さんに顔を覚えてもらう方法(ダレトク?)・・・店員がピッ、しやすいように、商品のバーコードが、上に見えるようにしてレジに置く。

私はこれしてくれるお客さんだと、「めっちゃ良い人だ!」と感動するので、一発で顔覚えます。

 

 

 

さて、第30回の今回のブログも最近考えてるコトを語りますよ😎

 

 

 

ところで。皆さんのやる気スイッチは何処にありますか?

というか、やる気スイッチ持ってますか?

最近はあまり見かけなくなりましたが、一時期すごくあのCM流行りましたよね。

 

 

 

私はというと。残念ながら、私にやる気スイッチは備え付けられていません。。。

というのも。私のやる気は、電気みたいにパチッと付いたり消えたりするものじゃないからです。

皆さんの中にもこのタイプの方はたくさんいるんじゃないでしょうか。

 

 

私のやる気は例えるなら、お湯みたいなものです。

たしかに、コンロのスイッチはあってそれは付けなきゃいけないけど。

スイッチ付けたからって、電気みたいにオン・オフの2面で切り替わるものじゃないんですよね🤔

 

 

 

 

 

それではみなさま。

お鍋にたっぷり水を入れて。

3日分くらいの課題を用意してみましょう。

 

 

まぁ、時間だしやるかー、充分休憩したしやるかー、課題溜まってきてるしやるかー。

っていう緩いボタンで開始します。弱火ですね。到底、やる気スイッチ入ったとはいえません状態。

 

 

で、ちょっとは我慢してしばらく火をつけておきます。消しちゃだめ。

そしたら、だんだん温まってくるんですよね。

この式前やったな、なんだっけ。あ、これ忘れてるわ、見直さなきゃ。ここの計算はできそう、やってみよう。

 

意識高いときは、蓋をしてます。気が散らないように色んな対策したりしてるんですね。スマホしまったり。パソコン閉じたり。

逆に、水足したりしちゃうときもあるわけです。音楽聴きながらやったりだとか。ライン開いたりだとか。

 

でも、いったんふつふつしてきたら、火を多少弱めても沸騰しててくれます。

なんとなく始めてみたら、別に頑張ってたつもりはないけど、気づくと何時間も経ってた、ってこともよくあります。

 

たとえ、火を消したとしても。ご飯食べたり、トイレ行ったり、掃除したり。バイト行ったりするパターンもありますが。

水って1回あっまると、冷めるのには時間かかるからつづきから始めるのにさほど抵抗ないのです。

 

 

 

 

どうでしょうか、私の言いたい事伝わりましたかね、、、?笑

 

 

時間があると、私はこんなくだらない事をダラダラ考えちゃいます😀

 

 

以降3回くらいこんなネタが続きます🤤

それでは、また次回投稿でお会いしましょう🙌🏻

<< 忙しい... | main | 差がついたな... >>