阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんな事を考えているのか、など「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報を
お求めの方は、公式サイトや facebook、Instagram、Twitterを
ご参照下さい。

工学部女子の思うこと🤔

author : すみっコ   [ 一般 ]
2020.05.28 Thursday 11:22 | - | - | 

こんにちは!

応自応化4回のすみっコです🐱

緊急事態宣言も解除されましたが、

いったいどこまでの外出が許されるのでしょうか…?

飲みに行ったり遊びに行ったりしてもいいのか

あんまり分からないなぁと思う最近です。

友だちを誘うにも、いつからおっけいなんや??って

誘いにくいなと思うのですがみなさんどうでしょうか?

 

今回はそんなに数が多くない工学部の女子ということで、

これまでに感じたことや考えることを話したいと思います!

 

なぜ工学部へ…

私が理系を選び、そして工学部を選んだのには、そんなに深い意味がある訳ではない気がします🤭

私自身は高校生の頃、薬剤師になりたいと思っていて、その理由は子どもができたりしてもパートで働きやすいし、

家族が転勤などで引越しても仕事を見つけやすいかなと、そういう現実的なことを考えた結果でした。

高校でこれからなくなるかもしれない職業についての講演を聞いて、薬剤師の仕事はコンピューターに取られるかもしれないと思ったり、化学の勉強を楽しいと思い始めたりしたこともあって、薬剤師になるよりも薬の研究の方をしたいなと思いました。

結局、センター試験で阪大薬学部を受けるには少し不安が残る点数しか取れなかったので、最終的に工学部を受験することにしました。

実験など大変なこともありますが、やっぱり化学はおもしろいなと感じています!!

 

学校生活でいうと…

工学部、と聞くとやはり男の子が多いイメージですよね!

まぁそれは間違いではありません😑笑

でも女の子も意外といますし少人数で仲良くなりやすいです😌

 

工学部女子の将来について思うことは…

私の偏見かもしれませんが、女の子はより現実を見ていることが多いのではないかと思います。

だからこそ、理系を選んだとしても、看護師や薬剤師などの資格が取れて、子どもができても比較的働きやすい道を選ぶ人が多いのではないでしょうか?

まだ私には分かりませんが、バリバリの研究職に就いたとしても、結婚して子どもを育てていくことは両立出来ると思います!(そう信じたい)

そういう世の中になれば、もっと女性が仕事で活躍できる社会になるのではないでしょうか?

海外では女性の管理職も日本よりたくさんいますし、日本ももっと良くなればいいなぁ…

男性の育児休暇などももっともっと増えて欲しいですね🙂

 

 

いろいろと話しましたが、日本に変わって欲しいと思うだけではダメですね、

何か行動を起こせたらいいなとも思います。

とりあえず今は勉強や研究を頑張って、

堂々と胸を張れるぐらいに力をつけたいです!!

たくさん話してしまいましたが、

男子ももちろん、女子のみなさん、

ぜひ工学部も興味をもってみてください🧪

 

今回はこのへんで✋

 

<< オンラインのメリット | main | 忙しい... >>