阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんな事を考えているのか、など「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報を
お求めの方は、公式サイトや facebook、Instagram、Twitterを
ご参照下さい。

TOEIC勉強法 その2

author : その他   [ 一般 ]
2020.05.13 Wednesday 13:21 | - | - | 

こんにちは。工学研究科マテリアル生産科学専攻のはなです。前回の投稿から日にちがあいてしまいましたね。最近はレポートに追われてM1って大変なんだなと痛感する日々です。

 

今日は前回に引き続きTOEIC ListeningReadingの勉強方法について書こうと思います。前回はどんな単語帳を使ったかだけでしたね。今回はもう少し具体的に書いていこうと思います。

 

まず、Readingについて。本屋さんに行くとTOEIC対策本ってたくさんありますよね。どれ買ったらいいんだろうと思うかたはたくさんいらっしゃると思います。まず、初めての方にしてもらいたいのは公式問題集をぱらぱらとみてみてください。阪大生は図書館に行くと少し古いバージョンですが置いてありますよ。基本的には問題形式は変わらないのでこういう感じも問題が出るという意味ではかなり役立ちます。

 

Readingは大きく分けて単語を入れるセッション、読解セッションの二つのセッションに分かれます。単語を入れるセッションの勉強はそれに特化した参考書をなんでもいいので一冊しっかりやりこみましょう。何冊もやるのもいいと思うのですが、やった気になるのを防ぐため一冊を隅から隅まで(解説を含む)頭に叩き込んでください。

 

読解セッションはスピード勝負です。これは問題集をやりこむのも手なのですが、個人的におすすめなのは一日にどんなものでもいいので英語の軽い文章を読む癖をつけることが大切かと思います。例えば、最近だと某携帯アプリで英字新聞みたいなのが読めたり、ネットでBBCなどの外国のニュース記事が無料で上がっているので読んでみてください。もちろん初めはなんもわからん。って思うと思います。でも、単語帳を勉強しつつ毎日読んでみると少しずつ意味が分かってきて同じニュースを取り扱っていても日本の報道の仕方とは違っていたりしてそういうところも面白いと思います。

 

 いろんなものを読む癖をつけてから問題に取り組むと、その文章ではどこを重点的に伝えたいのかなど分かるようになってきます。もちろん英語の軽い文章を読む癖をつけると同時に問題集の問題も解いていってみてくださいね。この辺りはやればやるほど読むスピードが上がるので。小手先の点数アップ術としてはまず問題を読んでみて簡単そうな文章からどんどん解いていくのが大事です。あとは時間足りなくなっても適当でいいから全部にマークすること!()

 

私は三年生の冬くらいに初めて何も対策せずにTOEIC受けて自分の点数にショックを受けて勉強し始めました。3か月くらいで結構いい点数が取れるようになると思うのであきらめずに一日15分ずつとかでいいのでやってみましょう。

 

今日はここまでにして次回はListeningについて書いていこうと思います。

<< 論文の探し方(for阪大生) | main | 🐻ハム太郎 >>