阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんな事を考えているのか、など「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報を
お求めの方は、公式サイトや facebook、Instagram、Twitterを
ご参照下さい。

論文の探し方(for阪大生)

author : その他   [ 一般 ]
2020.05.11 Monday 18:00 | - | - | 

こんにちは!

工学研究科機械工学専攻M1のジャッキです!

 

今回は論文の探し方について紹介します.

残念ながら阪大生向けの記事になってしまいますが...

現在大学に行けず,大学内なら本を読めたのに!論文読めたのに!と思っている人が多いのではないのでしょうか?

実はその論文,おうちから読めるかもしれませんよ.

それでは自分の論文の探し方をお伝えします.

 

…瓦戮燭ぅーワード・著者・ジャーナルなどを考える

ジャーナルというのは論文が載っている雑誌です.

雑誌にはそれぞれジャンルがあり,このジャーナルの文章が読みたいと決まっていればステップに進んでください.

ジャーナルは決まっておらず,もっと広く調べたいときは△任后

 

▲ーワード,著者を調べる(Google Scholar

Google ScholarはGoogle検索の論文しか引っかからないバージョンです.

年代ごとで検索のフィルターをかけれるので,調べたい内容によっては最近のもののみから探すこともあります.

これかなというものを見つけ,サイトに行き,pdfのダウンロードができればそれで終わりです.

ただ,論文は有料のものが多く,これをよむなら何ドルだよみたいな画面が出ます.

そうなったら入金…ではなく次のステップに行きます.

 

B膾綢膤愎渊餞曠汽ぅ箸巴気

大阪大学図書館のサイト「さがす」から「電子ジャーナルリソースリスト」をクリックします.

続いて,読みたい論文のジャーナル名を入れ,検索します.

検索結果をクリックすると,「〜(サイト名)〜でフルテキストを読む」と出てきますので,その(サイト名)をクリックします.

そうすると阪大IDの入力画面が出るのでそこでログインします.

これで完了です.阪大が契約している電子ジャーナルはこれで読めるようになります.

図書館公式サイトのほうがより詳しいと思いますので,載せておきます↓

https://www.library.osaka-u.ac.jp/eresource_howto/

 

だ萓犬冒蠱未垢襦丙能手段)

でも読めなかった場合の最終手段です.

論文のなかには会員だったら読めるものもあり,先生がその会員のパターンもあるので.

もしかしたら研究費から購入してもらえる可能性もありますからね.(聞いたことないけど)

 

 

他にも,自分のPCで仮想デスクトップを利用する,という手段もありますが,設定がめんどくさいのでのほうが良いかと思います.

学内PCからとのやりかたで読める論文に差はないんじゃないかなと思っていますが,正直よくわかりません.

また,最近は図書館の本を一部学生に郵送してくれるサービス(条件はしっかりある)なんていうのも始まったそうです.

ただ,郵送してもらうとなると,大した本を借りてじっくり読みこまなきゃいけない…というプレッシャーを感じます(笑)

あまり適当には借りづらいですよね(笑)

おうちでサクッと調べてサクッと読みたいです.

では,今回はこのあたりで.

 

<< 9月入学について | main | TOEIC勉強法 その2 >>