阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんな事を考えているのか、など「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報を
お求めの方は、公式サイトや facebook、Instagram、Twitterを
ご参照下さい。

【豊中キャンパス・吹田キャンパス】下宿でかかる費用の詳細

author : nacl   [ 一般 ]
2020.03.05 Thursday 12:56 | - | - | 

あと大学生活も1ヶ月切っていると思うと、少し寂しい気がしますね。

 

こんにちは、電気電子情報工学専攻のnaclです。今回は、少し気が早いかもしれませんが結構重要だと思うので、下宿でかかる費用の詳細、そしてその費用をどこから捻出してきたのかを少しお話したいと思います。

 

私は香川出身なので、大学合格通知後(3/8)はすぐに大阪大学に向かい、生協経由でアパート探しを始めました。大体ですが、3/13くらいにはアパート探しが終了しました。阪大生協はやっぱり何年も大学生向けのアパートを紹介しているだけあって、結構スムーズだったのを覚えています。

 

1回生の頃は豊中キャンパスから徒歩1分の所に住んでいたので、1ヶ月の費用はこんな感じでした。

 

<支出>

家賃(共益費込み):58000円

光熱費:10000円

通信費:12000円

食費:30000円

交際費:10000円

趣味:20000円

貯金(部活):30000円

計:170000円

(内、家賃・光熱費・通信費・食費等生活費:110000円)

 

<収入>

親からの仕送り:100000円

アルバイト:70000円

計:170000円

 

今思うと、費用たっか!!!って感じです。家賃高いし、光熱費も高いですね。まあ1回生で下宿初心者ならこんなものでしょう。阪大生の一般的な感覚として、この支出は高いと思います。豊中キャンパス周辺なら、家賃は50000円程度が相場かと思います。ただ、その他は一般的かと…。収入の仕送りは、大体このくらいが中央値な気がします。

 

たまに、尋常ではないくらいの仕送りをもらっている学生もいますが、親御さん、そんなに仕送りは送らなくても大丈夫ですよ。足りなければ必死にアルバイトするので、必要最低限送れば大丈夫かと思います。阪大は単位を取るのが難しいからアルバイトする暇がないと思われるかもしれませんが、そんなことないです。私は結構バイトをした方だと思いますが、単位はちゃんと取れていましたので安心してください。ただ、アルバイトで7万稼ぐのは、阪大生の中ではかなり少ないと思います。中央値は3~5万円に集まると思います。

 

そこから工学部生は2回生からキャンパスが変わるので、私も吹田キャンパス付近…ではなく、千里中央に引っ越しました。理由は単純で、部活が豊中であるので、両方のキャンパスにアクセスしたかっただけです。1回生の時の高い家賃を反省したので、1ヶ月の費用は前回より少なめです。

 

<支出>

家賃(共益費込み):46000円

光熱費:6500円

通信費:12000円

食費:30000円

交際費:10000円

趣味(部活):30000円

貯金:35500円

計:170000円

(内、家賃・光熱費・通信費・食費等生活費:94500円)

 

<収入>

親からの仕送り:100000円

アルバイト:70000円

計:170000円

 

いや、変わってなくね?と思った方もいるかもしれませんが、生活費が大幅にカットされています。1回生の頃は110000円必要だったのが、引っ越し効果で94500円に圧縮できました。その分浮いたお金の趣味の自転車や旅行のための貯金に当てているという感じですね。

 

最後に、大学院に入った後の生活費を出します。学生の頃は遊んでばっかなので、費用が高くなりますが、院生だとそんな暇はないので必然的に費用が少なくなります。また、収入の項目も一部変わります。

 

<支出>

家賃:46000円

光熱費:5500円

通信費:6000円

食費:35000円

参考書など:5000円

貯金:30000円

計:127500円

(内、家賃・光熱費・通信費・食費等生活費:92500円)

 

<収入>

奨学金:88000円

アルバイト:39500円

計:127500円

 

かなりスッキリしましたね。大学院では部活も引退しているので趣味や交際費の費用が大幅にカットされています。また、通信費も格安スマホに変更することで大幅に圧縮できています。逆に、食費は外食が多くなるので少し高くなります。加えて、今後に向けて資格取得をするようになったので、参考書が費用に入っています。収入は親の仕送りが無くなり、奨学金が入っています。大学院に入るともう22歳で、さすがにその歳にもなって親のすねをかじるのは絶対に嫌だったので、奨学金とアルバイトで生活していました。ちなみにこの奨学金は利子が無い貸与型ですが、大学院で優秀な成績を残すと、返済免除という形で実質給付金になります。私も今免除申請をしており、どうなるかは分かりませんが、通ってくれると嬉しいです。

 

趣味とか交際費は人によってまちまちなのであまり参考にならないかもしれませんが、家賃・光熱費・通信費・食費を併せた生活費はある程度の指標になると思います。参考にして頂ければ幸いです。

 

<< コロナでコロコロと変わる状況 | main | 絶好の勉強機会 >>