阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんな事を考えているのか、など「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報を
お求めの方は、公式サイトや facebook、Instagram、Twitterを
ご参照下さい。

コロナでコロコロと変わる状況

author : A.Mizunoawa   [ 一般 ]
2020.03.04 Wednesday 15:00 | - | - | 

みなさん、ご機嫌いかがお過ごしですか。工学研究科生命先端工学専攻M1のA.Mizunoawaです。

コロナウィルス(COVID-19)が猛威を振るっていますね。東京マラソンをはじめとしたほとんどのイベントは中止、小中学校も臨時休校、マスクやハンドソープはどこも品切れ……。なかなか大変な状況になってきているように思います。

僕らM1(院進をしないなら学部3回生)は、現在就活のスタート真っ只中──のはずなのですが、実はコロナの煽りを受けて例年とは変則的な動きをしていたりします。経団連のルールでは去年に引き続き今年も3月1日が採用情報の解禁日であり、本来は3月1日になった瞬間に就活生はこぞって会社説明会の申し込みフォームのボタンを連打するはずでした。しかし、各社は説明会のような人が大勢集まるイベントを中止しており、3月に入っても就活生らは「就活が始まった感が全く無い」状態を味わっています。僕は先日、参加者と面接官が全員マスク着用を義務付けられた異様なグループディスカッションに参加してきました。それは一次面接だったのですが、二次面接以降はしばらく日程が未定だそうで、今もなお待ちぼうけを喰らっています。

コロナの影響は就活だけに留まりません。僕の所属している学科では学部生の卒論発表が今週末に行われる予定なのですが、その規模は大幅に縮小され、教授陣以外の参加不可、出入りが最小限になるように発表順の変更、開会式と閉会式の省略、発表者のマスク着用義務などが決定しました。本来は研究室の全員で後輩の卒業発表を見届けてやるはずだったのですが、今年は残念ながら叶いそうにありません。

これからもしばらくは非常に不便な日々が続くとは思いますが、みんなでもう少しだけ頑張りましょう。マスクを着用することも大事ですが、健康的な成人の免疫であれば感染しても死ぬということはまずありえませんので心配しすぎなくても大丈夫です。感染しないためには手洗い・うがいの徹底と、免疫を高めるための食事・睡眠の確保をきちんと心がけてください。特に手洗い・うがいの徹底はみなさんが考えるよりも何倍も効果があります。また「トイレットペーパーが無くなる」「白湯を飲めば殺菌できる」などのデマには惑わされずに! 巷で流れている虚言は自分の頭で考えるかよく調べれば簡単に嘘だとわかることばかりですから、不必要なパニックに陥らないようにくれぐれも気を付けましょう。

それでは、今回はこの辺で。See you again!

<< 受験から発表までの過ごし方 | main | 【豊中キャンパス・吹田キャンパス】下宿でかかる費用の詳細 >>