阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんな事を考えているのか、など「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報を
お求めの方は、公式サイトや facebook、Instagram、Twitterを
ご参照下さい。

受験から発表までの過ごし方

author : あーる   [ 一般 ]
2020.02.29 Saturday 23:14 | - | - | 

 

 

こんばんは🌙

マテリアル科学コース3年のあーるです。

 

受験生の皆さんはひとまず前期試験が終わりましたね。お疲れ様でした!

 

今回は受験後から合格発表までの過ごし方について書いてみようと思います。

 

僕は前期試験の受験の次の日にいきなり友達と映画を観に行って、そこからは気分転換に少し運動をしながらとりあえず予備校に通っていました。

 

後期の勉強もしなければいけなかったのですが、なかなかやる気も出ず…笑

 

1日8〜10時間ぐらいだった勉強時間は2〜3時間程になってしまった記憶があります。

 

本当にそわそわしますよね。毎日毎日自己採点をして受かってるかな、落ちてるかな…といったりきたりしていました笑笑

 

前期合格発表の前日は中期の受験があったので逆にいい時間潰しになりました。もしなかったらすごく長く感じたと思います。笑

中期試験の後はそのまま夜ご飯を食べに行って、いよいよ明日やなという話を友達としながら過ごしました。

 

当日は発表のちょっと前ぐらいまで寝て、回線が落ち着いてそうな時間に発表を家のパソコンで見ました。

 

ドキドキ……

 

まずは第二志望の応用自然科学科から……

 

 

……………ない!

 

 

 

さぁ第一志望合格か、落ちるか……

 

 

 

自分の番号のところまでちょっとずつ見ながら…

 

 

……………

 

 

 

…………あったーーーー!! 

 

1年前落ちてたところに浪人して合格できたのでその喜びはとても大きなものでした。

 

 

合格を友達と確認しあって喜んで、しばらくすると家に「阪大ボックス」なるものが届きました。

入学準備の資料がたくさん入っていて心躍りました。

 

合格発表まではとてもしんどかったですがそれも含めて良い経験だったなと感じます。

 

 

受験生の皆さんはまだ落ち着かない時期ではありますが、もう少し頑張ってくださいね!

 

それでは!皆さんの幸運を祈ります!

<< 後悔のない毎日を🐭 | main | コロナでコロコロと変わる状況 >>