阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんな事を考えているのか、など「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報をお求めの方は、
右のバナーの公式サイトや facebook、Instagram、Twitterをご参照下さい。

🐻高2の子ってかわいそう2

author : その他   [ 一般 ]
2019.11.18 Monday 20:19 | - | trackbacks(0) | 

皆さんこんにちは🌝工学部応用理工学科1回生のぱすかる🐻です!

 

第13回投稿の今回は第12回に引き続き、受験制度について書こうと思います。

12回をお読みでない方は、是非読んでからこちらの記事をお読みくださいませ🙆‍♀

 

さて、前回投稿では、受験の英語に、TOEICやTOEFLなどの一般試験が導入される。

のが、

延期される。

とかなんとかいう話をしました。

 

前回投稿では大学の先生は反対している。ということを書きましたが。

私も、あまり賛成ではないです。

恥ずかしながらTOEIC等を受けたことがないので、(よくニュースで言われている)何回も受けたほうが点数が高くなる云々はよくわからないのですが。

めんどくさいからそんな色んな試験追加せんでええやん、と、思いますね。

対策めんどくさいし。

TOEIC入れたところで、英語力をより正しく合否に反映できるかと言われれば。正直そんな変わらないと思うし。

結局、英語できる人は、どんな試験でも点数とれるし、出来ない人はどんな試験でも点数悪いと思います。

 

地域差とか裕福さに関しては。それは、良い塾に通える通えないとかあるから、もともとある程度の不平等はあるんじゃないでしょうか。そこ言いだしたらキリがない。(にしても、この制度は差がますます広ってしまうのでやめた方が良いと思います。)

 

とにかく、1番思うことは、何でもいいから早く決めてあげなよ。って事ですね。

 

受験って本当に大変で、勉強の仕方がとっても大事です。こういう試験を受けるから、こんな勉強をしなきゃいけない、っていうの、ちゃんと考えないと駄目だと思います。

 

 

そもそも、国が大学受験にそんな関与する必要無いんじゃないんでしょうか。

 

例えば、京都大学は数学(と、たしか理科もだったかな?)のセンターは、完全に無視して合否を出すし。東京大学は(間違ってたらごめんなさいね)センター完全無視で合否を出します。

その2校はあんまり国の学力評価法を信用してないんでしょうね。

新制度になったら大学は傾斜どうするんですかね。

 

 

 

さて、国公立大学に通っているくせに。色々と思っていることをそのまま書いてしまいましたが。

現役阪大生がリアルに思っている1意見として捉えください🙇‍♀

 

とりあえず今年は例年通りの制度ですので、高3の皆さんは、ニュースなど気にせず。受験勉強に集中して頑張ってくださいね!👍🏻

 

ではまた次回投稿でお会いしましょう🙌🏻

<< 毎日が紅葉狩り🍁? | main | にゃーん >>