阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんな事を考えているのか、など「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報をお求めの方は、
右のバナーの公式サイトや facebook、Instagram、Twitterをご参照下さい。

働かざる者なんとやら

author : その他   [ 一般 ]
2019.11.12 Tuesday 11:54 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは、ながおです。

 

今日は少し勉強のことから離れて、アルバイトのことについて話そうと思います。

というのも、ぼく自身が新しくアルバイトを始めたからです。

 

もうすぐポケットモンスターソード・シールド発売ということもあってお金が必要になる時期かと思いますが、皆さんどんなアルバイトをしていますか?

特に多いのは塾講師や家庭教師ですかね。比較的楽で時給も高いのでおすすめです。

一方ぼくはずっとプログラマーと家庭教師をしており、最近になってカラオケ店員のアルバイトを始めました。なんでこんな働き方をしているのか、少し話したいと思います。

 

まず正直なところ、飲食系って時給も低いし忙しいしメリットないと思いません?その考えがずっと根底にあったせいで、ぼくはずっと飲食系をやらず塾講師や今やっているプログラマー(高時給)などをやってきました。たぶんそういう方は結構いると思います。

にもかかわらずなんでカラオケ店員なんかを始めたかというと、働き方として「夜勤」を想定していることが大きいです。

 

みなさんご存じかと思いますが、深夜帯には時給が最低25%上がるという制度があります。通常は「夜に働けばお得」という感覚なのでそれほど意識しないのですが、ぼくの生活リズムを考えるに、夜勤でしか働けなかったんです。つまり、デフォルトで高時給になってしまうということですね。

 

また、接客業をやってみたかったというのもあります。塾講師は割とラフに話しても何とかなりますし、プログラミングに関しては画面を見つめて一言も話しません。。。

もちろん金銭面もあるんですけど、接客業だからこそ身につくチームワークだとか、明るく元気な姿勢(超大事)とか、得るものはとても大きいです。飲食やらなかったから陰キャに成り下がってしまったのでは...?

 

まだ働き始めて半月ですが、刺激が多くていい経験になっていると思います。働かず嫌いって良くないな、とすごく実感しているので、今アルバイトを探してるよ〜って人は塾講師とかだけでなく接客業を候補に入れるのもいいと思います!

 

珍しく勉強以外の話をしてしまいました、次回はもっとまじめな話を。。。

<< 11/11ポッキーの日!!!! | main | 応化6セメ近況⚗ >>