阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんな事を考えているのか、など「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報をお求めの方は、
右のバナーの公式サイトや facebook、Instagram、Twitterをご参照下さい。

阪大本屋サークルの"参加する本屋さん"

author : A.Mizunoawa   [ 一般 ]
2019.11.06 Wednesday 00:00 | - | trackbacks(0) | 

みなさん、ご機嫌いかがお過ごしですか。工学研究科生命先端工学専攻M1のA.Mizunoawaです。

いつも眠くなるような勉強の話ばかり書いていて誰もあまり読んでいない(と、書いている本人は勝手に思っている)僕の記事ですが、ときどきは他のライターと同じように普通に大学内の紹介もしていたりします。その中でも、今年の夏のとある記事で「生徒による自作の図書館がある!」という話題があったのを、読まれた方は記憶しておいででしょうか?

そのことを記事にする際、僕は『俺の図書館』を作成した方に記事にさせていただく許可を取り付けたのですが、その際にできた縁が思わぬ方向に進展しまして、僕は「阪大本屋サークル」に入部させてもらうことになりました。部長さんの目標は「阪大内に本屋を作る」ことだそうで、現在は実現の目途が立ち、本屋開店の計画が絶賛進行中だったりします。

これはつい数時間前に、部長さんと僕で会議をした際の様子です。本棚のレイアウトについて内容を固めてきました。本屋のオープン日は今月の14日(木)を予定しています。場所は吹田キャンパス人間科学棟の近くになります。詳細情報はオープン日が正式に確定し次第、改めて記事にしようと思っていますので、続報を今しばらくお待ちいただければ幸いです。

本屋のコンセプトは「本を通じた人と人との繋がり」です。そのためのギミックとして、たとえば「本に対して感想を自由にコメントでき、そのコメントに対して誰でも『いいね!』が付けられる」といったSNS型のブースを設けたりする予定です。その他にも、ただ本を選ぶだけの通常の本屋とは異なる「参加型」の企画をたくさん考えています。手前味噌ではありますが、全部、めちゃくちゃ面白いです。本が好きな人もそうでない人も、吹田キャンパスの阪大生も豊中・箕面キャンパスの阪大生も、教授も阪大志望の高校生も、構内をぶらついている園児も猫ちゃんも、とにかく是非みなさんに来ていただければと思っています。楽しみにしていてくださいね!

それでは、今回はこの辺で。See you again!

<< 第5回阪大院生「知の横断」について | main | English Cafe って知ってますか? >>