阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんな事を考えているのか、など「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報を
お求めの方は、公式サイトや facebook、Instagram、Twitterを
ご参照下さい。

第5回阪大院生「知の横断」について

author : nacl   [ 一般 ]
2019.11.04 Monday 15:50 | - | trackbacks(0) | 

やっと台風が来なくなって、秋らしい気候になってきましたね。

 

こんにちは、電気電子情報工学専攻のnaclです。

 

今、大阪大学はまちかね祭という祭が豊中キャンパスで行われています。他の方も言及されていたと思いますが、まちかね祭は対外向けに行われる祭ですので、かなり賑わっています!

 

ちなみに、まちかね祭は大阪大学の大学生の(体感)3割程度しか参加していません。他の7割はどこにいるのかというと、まちかね祭期間はまとまった休みになることが多いので、旅行に行く人が多いです。逆に、理系院生は研究室にいる事もしばしば…。

 

そんなまちかね祭ですが、私は第5回阪大院生「知の横断」というものに参加しています。

これは、大阪大学の大学院生が自主的に取り組んでいる、ミニシンポジウムのようなものです。このシンポジウムでは、3人の大学院生が自身の研究内容について解説します。かなり発表者との距離が近く、またかなり分野の違う話も聞くことが出来るので、結構楽しいです。ちなみに私自身は実行委員なので、この知の横断に参加させてもらっているわけです。

 

そんなわけで、5年ぶり(1回生の時以来)にまちかね祭に参加しているnaclでした。まちかね祭は今日までなので、あと少しかもしれませんが、足を運んでくださっている方は、残りの時間を楽しんでくださいね。

<< まちかね祭準備 | main | 阪大本屋サークルの"参加する本屋さん" >>