阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんな事を考えているのか、など「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報を
お求めの方は、公式サイトや facebook、Instagram、Twitterを
ご参照下さい。

総合・外国学・生命科学・理工学・俺の

author : A.Mizunoawa   [ 一般 ]
2019.08.26 Monday 18:00 | - | trackbacks(0) | 

みなさん、ご機嫌いかがお過ごしですか。工学研究科生命先端工学専攻M1のA.Mizunoawaです。

大阪大学には豊中キャンパスに総合図書館、箕面キャンパスに外国学図書館、吹田キャンパスに生命科学図書館と理工学図書館がありますが、僕が先日教職の授業を受講するために豊中キャンパスを歩いているとたまたま新しい図書館を見つけてしまいましたので紹介します。その名も「俺の図書館」!

このような図書館が全学教育推進機構ABC棟前のピロティに新設されておりました(残念ながら今はありませんでした。……そのうち復活しますかね?)。

恐らく有志が設立したものだと思われますが、こういう企画を僕なんかは応援してあげたいなと思う性質ですので、目ぼしい本を一冊選んで数百円だけ置きざりにして実際に“借りパク”させてもらいました。借りた本は家に帰る途中の電車で読んで、面白かったのでそのまま家に帰り着いてからも読んで、結局その日のうちに全部読んでしまいました。たぶん本の中身が面白かったからというのはそうなのですが、それ以上に珍しい本の出会い方をしたという体験を味わっていたのだと思います。普段の自分では選ばないような本でも人に薦められたものなら手を付けてみようという心理が少なからず働くものですが、そのようにして出会った本もまた書店での出会いと同じく「良き偶然の出会い」と呼べるのではないかと僕は思いました。

こういった見ず知らずの他人を喜ばせるための企画が増えると嬉しいな、なんて密かに願っていたりします。

それでは、今回はこの辺で。See you again!

<< アメリカにて | main | SEEDS合宿 >>