阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんな事を考えているのか、など「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報をお求めの方は、
右のバナーの公式サイトや facebook、Instagram、Twitterをご参照下さい。

HDDをSSDに換装して快適なPCライフを!

author : nacl   [ 一般 ]
2018.06.07 Thursday 21:26 | - | trackbacks(0) | 

とうとう大阪も梅雨入りしましたね…じめじめして梅雨はあまり好きではありません。でも梅雨が終われば夏になるので頑張ります!

こんにちは、電気電子情報工学専攻のnaclです。

 

今回は皆さんにPCのメンテナンスをお勧めしたいと思います!

 

おそらく最近では一家に一台は必ずあるといっていいPCですが、皆さんのPCは動作が遅くないですか?しかも、量販店で「すごくいいCPUが入っているから動作速いですよ」と聞いて買ったのに…という方も多いと思います。そういう場合の原因として主に挙げられるのは、「メモリ不足」及び「HDDの摩耗」です。

 

まず、メモリ不足ですが、CPUを仕事する人と考えるとメモリは作業場と表すことができます。作業場は大きければ大きいほど仕事する人は快適に仕事をすることができます。しかしながら、作業場が小さいと仕事をする人のポテンシャルがどれだけ凄くてもその力は制限されるわけです。実際私も4GBのメモリが搭載されたPCを持っていたのですが、それはパワーポイントとエクセルを同時に動かすとフリーズするようなポンコツ具合でした。しかし、メモリを増設して12GBにするとサクサク動くようになりました。

メモリはトランスセンドと呼ばれる企業のメモリがお勧めです。激安メモリよりは高いですが、保証が充実しており、純正のメモリよりははるかに安いからです。

 

次にHDDの摩耗ですが、HDDは磁気の力で情報を書き込む部分を高速で回転させ、そこにレコードのように針を落として情報のやり取りを行っています。回転部分と針は非常に近いため、衝撃には非常に弱いです。それによりHDDの平均寿命は4年程度といわれており、5年目になるとHDDの動作の遅さが目に付いてくるかもしれません。そんなときにはSSDに交換してみてはいかがでしょうか。SSDはHDDよりデータ通信が高速ですし、情報の書き込みもHDDとは方式が全く異なるので摩耗の程度もHDDと比べると圧倒的です。SSDは高いというデメリットが昔にはありましたが、今は集積部品の開発競争及び供給力の増大によりSSDの値段は大幅に下落しており、HDDにプラス数千円で購入できます。

 

高度情報社会とも呼ばれる現在だからこそ、PCの遅さには目が付くものです。PCを定期的にメンテナンスして快適なPCライフをお送りください!

 

<< 回想1 | main | パソコンって大切。 >>