阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんな事を考えているのか、など「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報をお求めの方は、
右のバナーの公式サイトや facebook、Instagram、Twitterをご参照下さい。

回想1

author : じゅんたろう   [ 一般 ]
2018.06.01 Friday 04:33 | - | trackbacks(0) | 

じゅんたろうです。今回は趣旨を変えて、まじめにはなそうと思います。

 

直近1か月で行ったor行く場所:東京×3、山口、北九州、三重×3。自分って本当に落ち着きがないな、と思います。

 

ふと、今日は過去を回想しました。僕は言語の習得がけっこう遅かったみたいです。幼稚園の時から、人の話や説明を理解するのが苦手で苦労しました。先生が「○○しましょうね〜」と言ったことが理解できない。みんながスーパーボールの絵を描いている中、僕だけはスイカを描いていた(話を理解できないから)。みんなが習字で自分の名前を練習しているのに、僕は何をしたらいいのかわからないのでとなりの子の名前を間違えて書いていた。

 

当然、引っ込み思案になります。だって間違える・そして怒られるのが怖いから。始めたサッカーも、兄がやってたからなんとなく。水泳、公文とも兄の真似をしました。自発的に何かをしない僕のことを、母はひどく心配したようです。

 

転機は、小学校4年生。通っていたサッカーチームがつぶれ、高槻のチームに移った(これもなんとなく友達に連れられ)。ここでびっくりしたのが、みんな本当に喧嘩が大好きだったことですね()。本当におさるさん。しかし、ここでは自分の意見を持って主張しないと生きていけない環境でした。そうでないと喧嘩でボコボコにされる。チームの選抜メンバーも、自分たちで話し合って決める。ここで僕は変わったみたいです。周りの目を気にすることなく、どんどん好きなこと、思ったことをやるようになりました。1学年上の試合にも出させてもらったり、とても楽しい経験を積みました。

 

中学では、「自分」は確立され、まあ中二病真っただ中に入ります()。今では、自己中心的な考えと周りのことを気に掛けることのアンバランス感が、中学生の魅力なのかなあ、とも思ったりしますが、、、にしても酷いガキでした。好きな女の子に対してのデリカシーの欠片もない発言の数々は一生消えないですね。過去の自分にお悔やみ申し上げます。

そして、公立高校入試は、前期後期とも落ちました。さて「じゅんたろう」はこの後どうなるのでしょう次回続きを書きます〜

 

P.S. サッカー7年ぶりに始めます。

<< 水遠池の護岸改修工事2 | main | HDDをSSDに換装して快適なPCライフを! >>