阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんな事を考えているのか、など「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報をお求めの方は、
右のバナーの公式サイトや facebook、Instagram、Twitterをご参照下さい。

水遠池の護岸改修工事2

author : かず   [ 一般 ]
2018.05.31 Thursday 23:28 | - | trackbacks(0) | 

どうも。

知能・機能創成工学専攻のかずです。

投稿が近くなって申し訳ございません。

 

今日は以前ここで書かせていただいた水遠池の護岸工事の現状報告をしたいと思います。

(以前の投稿はこちら→ 水遠池の護岸改修工事 2017/12投稿)

阪大吹田キャンパスの千里門前には水遠池(ずいおんいけ)という貯水池がありましたが、池の半分はコンクリートなどで護岸されておらず一部歩道の陥没などが見られました。

(阪急北千里駅から通う人はこの歩道を通ります)

そこで、昨年末から護岸工事が行われていました。

(以前の投稿参照)

 

工事開始時は今年の3月中旬には終わる予定でしたが、予期せぬことがあったのか5月末までとなっていました。

(まだ終わったのか定かではありませんがあらかた終わっているようです)

歩道の柵は以前のように傾いたままですが、岸には盛り土が施され、きれいに護岸されています。

 

傾いた柵

護岸された岸

 

これで歩道が陥没するなどの心配などせず通学することができるようになりました。

私もこの道をよく通るのでうれしいです。

今回の投稿は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

それではまた。

<< 自宅生も良いものです☺ | main | 回想1 >>