阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんな事を考えているのか、など「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報をお求めの方は、
右のバナーの公式サイトや facebook、Instagram、Twitterをご参照下さい。

研究室見学

author : かず   [ 一般 ]
2018.03.12 Monday 19:15 | - | trackbacks(0) | 

どうも。知能・機能創成工学専攻のかずです。

 

先日、専攻の説明会と研究室見学会がありました。

外部の学部生にとっては、これから進路を決めるにあたって情報収集をする大事な時期です。

自分のやりたいことを見つけ、それができる研究室に行こうと皆さん情報を収集することでしょう。

近年はインターネットで何でも調べられるようになっていますし、各研究室も優秀な人材が欲しいということで研究室のホームページも充実しているところも多く、だいたいの情報は手に入ります。

しかし、サイトを見てもはっきりわからないことがあります。

研究室やメンバーの雰囲気,その研究室に所属した場合の日常生活などです。

特に雰囲気は主観的なものであるため、足を運んで自分で見るのが一番です。

百聞は一見にしかずということです。

各専攻では研究室見学会が開かれていますが、どうしてもいけない場合などもあると思います。

その時は、気になっている研究室がある場合は先生や所属する学生と連絡を取り、個人的に見学しに行くことをお勧めします。

先生も学生もこころよく対応してくれると思いますので心配する必要はありません。

むしろそこで遠慮して、入ってからなんか違うなってなる方が、全員にとって不幸なことです。

住んでいる地域が遠く、直接見学することが困難な場合は、メールでいろいろ聞くのも良いでしょう。

メールでも良いので、実際に先生や学生と交流しておくと、配属後もスムーズに研究室になじめると思います。

研究室を選んでいる皆さん、ぜひ一度見学し、先生や学生と交流してみてください。

今年受験の方は、受験勉強がんばって!!

順調に進むよう願っております。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

それではまた。

<< 「体育」に感謝せよ | main | 春休みしてます >>