阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんな事を考えているのか、など「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報をお求めの方は、
右のバナーの公式サイトや facebook、Instagram、Twitterをご参照下さい。

水遠池の護岸改修工事

author : かず   [ 一般 ]
2017.12.08 Friday 23:37 | - | trackbacks(0) | 

どうも、こんばんは と書くべきなのか こんにちは と書くべきなのか悩む かず です。

 

今回は、阪大吹田キャンパスまでの通学路事情として、水遠池について掲載したいと思います。

水遠池は阪大吹田キャンパス千里門の目の前にあり、阪急北千里駅から通う場合は必ず横を通る池です。

実は、以前この池のまわりの道は一部道の端が陥没するなどしておりました。

現在は道の陥没していた部分は新しいアスファルトにより補修されていますが、柵は倒れたままです。

 

道を補修した後と,倒れた柵

道を補修した後と倒れた柵(大きな画像はクリックすると見ることが可能です)

 

長い間この状態から悪化することはなかったので、池側に落ちることはないと思っていましたが、念のためと思い反対側に寄って歩いていました・・・笑

この水遠池ですが、実は今年の10月から護岸改修工事が行われていまして、現在着々と工事が進められています。

この柵もきれいになると思うと少しうれしいです。

工事のため水が抜かれた水遠池と工事の様子

工事のため水が抜かれた水遠池と工事の様子(大きな画像はクリックすると見ることが可能です)

 

工事のため水遠池の水はすべて抜かれており、こんな姿を見られるのも今のうちだけだなと横目で見つつ、毎日登校しています。

最近、テレビ番組で池の水を全部抜いたら思わぬものが出てきたなどの内容をやっておりますが、この水遠池では何のうわさも聞かなかったので何もなかったようです。

工事は2018年の3月中旬ごろまでとのことでまだまだかかりますが、来年度から阪大生になられる方はきれいになった水遠池の道を通ることになると思います。

来年の3月以降にこの道を通ることがあれば、あーきれいになったなと思いながら通ってみてください。

 

以上、今回は阪急北千里駅からの通学路事情でした。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

それではまた。

 

<< いつも通りがベスト | main | 一般教養 >>