阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんなことを考えているのか、など、「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報をお求めの方は、右のバナーの公式ページをご参照下さい。

暑い...

author : じゅんたろう   [ 一般 ]
2017.08.03 Thursday 16:04 | - | trackbacks(0) | 

どうもじゅんたろうです。TOEICの結果が返ってきました。リスニングもリーディングも、均等に取れて、点数は675。まあ、十分でしょう。ですが将来必ず役に立つと思うので、これからさらに努力しようと思います。とりあえず塾で高校英語を教えられるぐらいの点数は取れたので一安心(笑)。就職までに750を超えることを目標にがんばります!

 

さて、最近、大学にかけられるお金ってかなり減っているんだなあと感じます。阪大は図書館で一人一台ノートパソコンの貸し出しを行っていたり、かなりめぐまれていますが、一般的な公立大学などは、ノートパソコンはおろか、学内のWi-fi環境が十分でないなど、設備が不十分だなあと感じました。学力向上を目指して政府は動いてくれていると思いますが、やはり最低限、設備(特に教育環境)投資は行ってほしいものです。実際阪大も夏休みの図書館の開館時間が減らされるそうです悲しい。

 

あと最近思うのですが、慢性的な教員不足が叫ばれていますが、公立高校でも大学生のチューターを募集したらどうか?と思います。特に教職課程を取っている人は、それを教育実習にあてることができるようにすると、かなり効率がいいと思いますね。僕は別に教員免許を持っていなくても、普段の授業のフォローなら、大学生でも全然可能だと思います。むしろ高校での少人数授業が可能になるので、結果として成績は向上すると思います。皆さんはどう思いますか?

 

さて、我が家では家計にうるさい母親がいるので、クーラーはめったにつけてくれません。日中は大学の図書館または市の図書館に避暑しにいっています。図書館に行けば、家でクーラーを使うことなく、それが環境問題にも貢献できるし、なにより勉強がはかどります。みなさんもどうぞ、図書館に行きましょう!まだまだテストが残っているので今日はこのあたりで。暑さに負けずがんばりましょう!

<< 踊る右手、踊らないWi-Fi | main | ラーメン激戦区・大阪 >>