阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんな事を考えているのか、など「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報を
お求めの方は、公式サイトや facebook、Instagram、Twitterを
ご参照下さい。

車に乗る機会が来るまで待つよりも……

author : A.Mizunoawa   [ 一般 ]
2017.05.23 Tuesday 19:30 | - | trackbacks(0) | 

みなさん、ご機嫌いかがお過ごしですか。応化3回生のA.Mizunoawaです。

前回の記事の冒頭で少し車の運転についての話をしたので、今回は教習所について語りたいと思います。

僕が教習所に通ったのは1回生の秋ごろでした。豊中キャンパスの北にあるみのお教習所に通っていました。生協前などでもよく宣伝に来ているので阪大生の方は知っているかと思います。僕は利用したことがないのですが豊中キャンパスからバスの送迎が出ているらしく、アクセスはしやすいです。ちなみに徒歩なら片道20分程度です。

あの教習所には食堂が付いているのですが、入学してから卒業するまでの間、全てのメニューが無料になるという特典があります。詳しくはHPを見てもらったら良いのですが、カレーやパスタやエビピラフ、それにトースト・サンドイッチ(僕のおすすめです)などがあって、飲み物ならばコーラやコーヒーやミックスジュースにカルピスなど、まさに至れり尽くせりといった感じです。別に技能教習(運転の実技練習のこと)や学科(授業のこと)が無い日でもふらりと立ち寄ってご飯だけ食べて帰る、ということをしてもO.K.なので、特に下宿生の方の強い味方となってくれること請け合いです。

それではそろそろ本題の、免許の話をしましょう。現在大学生の方で、取ろうか取るまいか悩んでいる方は……是非、取ってください。確かにお金はかかりますが、社会人になるとどうしても車を運転しなければならない機会はかなりの確率でやってくるわけで、必要に迫られてから免許を取得するようでは遅いです。社会人になると思うように教習所に行く時間が取れない上に、卒業してからも乗りこなせるようになるまではしばらくかかります(最初の1年間は初心者マークの貼り付けが義務付けられている)。絶対に一生自動車を運転するつもりはない、というひと以外は時間がある今のうちに行っておきましょう。

続いて、ATかMTか悩んでいる方ですが──僕のおすすめはATです。僕なんかが言わなくても今どきは大抵の方がATを希望するらしいのですが、「大は小を兼ねるし」とか言ってMTに挑戦しひどく苦労する僕のようなひとがいないとも限りませんので、一言述べさせていただきます。MTの免許がどうしても欲しい方は、ATを取ってから後日限定解除をした方が無難です。最初からMTを選択すると運転中ずっと足元ばかりに気を取られて前方が不注意になりがちです。僕は教習所をなんとかMTで卒業できたものの、いまいちハンドル操作に自信が無くて卒業後1年間は怖くて運転することを渋っていました。1年後にふとしたきっかけでATの運転をしはじめることになるのですが、クラッチやこまめなギアチェンジ(いずれもMT特有の操作)が無いことのなんと楽なことか。運転ってこんなに簡単だったのかと、衝撃でした。そして、AT→MTの順でやっていればもっと効率的に習得できたに違いないと少し後悔しました。もっとも、昔はMTしかなかったというのだから先人は偉大なり、ですが(ゆとり代表みたいな発言ですね)。

それでは、今回はこの辺で。See you again!

<< とろけるGa | main | 英語準備講座@京大 >>