阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんな事を考えているのか、など「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報を
お求めの方は、公式サイトや facebook、Instagram、Twitterを
ご参照下さい。

お待ちかねのまちかね祭

author : A.Mizunoawa   [ 一般 ]
2016.11.09 Wednesday 17:00 | - | trackbacks(0) | 

みなさん、ご機嫌いかがお過ごしですか。応化2回生のA.Mizunoawaです。

つい先日、11月4日〜6日にかけてまちかね祭がありました。阪大では春に「いちょう祭」という学祭もあるのですが、そちらはどちらかと言えば新入生歓迎&サークル勧誘という色合いが強いのに対して、秋の「まちかね祭」は阪大生みんなで作ってみんなで楽しむ学祭といった雰囲気があります。阪大生はもちろん、その親御さん方や、他の大学の生徒、高校生なども遊びにやって来るので、ものすごい人数のお祭りになります。

もちろん僕もまちかね祭に参加し、さまざまな展示・模擬店・コンサート等を満喫しましたので、その中からいくつか印象に残っていることを書いてみたいと思います。

・バンド……僕の好きなバンドのコピーをやっていたので鑑賞しました。ギター・ベース・ドラム・ボーカル、いずれもほぼ完璧と言える完成度だったため感動、いや感激しました。時間の都合で3曲しかやってくれなかったのですが、本当はもっと聴いていたかったです。

・レゴ部の展示……レゴブロックと阪大生のイマジネーション、それらの可能性を改めて感じさせてくれる素晴らしい作品ばかりでした。本当になんでも作れるんですね。マチカネワニ(博士ではなく、実物寄りの方)が僕の中ではお気に入りです。

・餃子……餃子を販売していた某模擬店で「じゃんけんに勝つと無料!(ただし負けると餃子4つで400円のお支払い)」というものすごい博打をやっていたので、思い切ってじゃんけんしてみました。──結果は勝ちでした。お店側はそのとき負け越していたのか「しゃーない」「しゃーない」と互いに小声で慰め合っていました。……なんかすみません。でも、餃子は美味しかったです。ごちそうさまでした。

・ライブ……実行委員会主催のライブで、りっぴーこと飯田里穂さんがやってきました。朝から整理券を配っていて、定員は700人でしたがあっという間に締め切られたそうです。1時間という短い時間ながらも、8曲程度を披露してくれた上に面白いMCも聴けたので最高に楽しい時間を過ごすことができました。これで無料だというのだから、大学祭ってやっぱりすごいです。

・動画撮影……Youtube界隈で知るひとぞ知る、現在人気急上昇中の阪大基礎工学部Youtuberはなおさんが、模擬店のテントをひとつ借りて、食べ物売らずに動画を撮っていました。映ると困るので僕は遠巻きに眺めていただけなのですが、撮影終了後は高校生が一緒に写真を撮ってもらおうと列をなしていて、流石の人気っぷりでしたね。はなおさん、個人的に応援しているのでこれからも動画投稿頑張ってください。

・生協のグッズ販売……阪大公認のグッズで「単位スコップ」というものが売られていたので購入しました。金属製の小さなスコップに「単位」と書かれたマグネットがくっつく仕組みで、単位を掘り出したりうっかり落としてみたりして遊べます。元ネタは「京大は単位が空から降ってくる。神大は単位が地面に落ちている。阪大は単位が地面に埋まっている」とかいう、関西の3つの大学の単位の取得難易度を風刺した言葉です。公式がそれを敢えてネタにしてくるのには笑いを禁じ得ませんが、そういうセンス、僕は好きです。好感度が上がっちゃいますね。

この文章を読んでいる方で、今年まちかね祭に参加されなかった方は、是非とも来年度はお越しください。期待を裏切らない、最高に楽しいイベントになること請け合いですので。

それでは、今回はこの辺で。See you again!

<< 輪講を1つ終えました | main | はじめての散歩道 >>