阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんな事を考えているのか、など「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報を
お求めの方は、公式サイトや facebook、Instagram、Twitterを
ご参照下さい。

マイルームに参る

author : A.Mizunoawa   [ 一般 ]
2016.09.26 Monday 14:00 | - | trackbacks(0) | 

みなさん、ご機嫌いかがお過ごしですか。大変ご無沙汰しています。応化2回生のA.Mizunoawaです。

2年生になって最初の記事にて「吹田キャンパスは遠いからそのうち引っ越したい」という旨を綴らせてもらいましたが、この夏、親と相談してA.Mizunoawaは実際に引っ越すことになりました。今まさにその新居でこの文章を作成しています。

一人で暮らすことの大変さについては僕が述べずとも探せば色々と記述が見つかると思いますので、敢えてここでは書きません。その代わり今回は「マイルーム」について説明しようと思います。

http://www.handai-myroom.com/

マイルームとは生協組合が管轄している不動産屋のことで、各キャンパス周辺に特化して物件を紹介しているところです。他の不動産屋と比較しての強みは、大学に通う前提の立地にある物件を探しやすいこと、トラブルサポートが充実していること、入居までの各種手続きが楽なこと、それから、完全にマイルームのみでしか取り扱っていない「阪大生専用アパート」が存在していることです。僕が選んだアパートもこの阪大生専用で、全戸、阪大生しかいないそうです。個人的な感想ですが、通常のアパートよりもなんとなく居心地が良い感じがして素敵ですね。

来年度以降の新入生の方々、あるいは今後キャンパス移動をされる方々は、是非、マイルームを利用してみると良いのではないでしょうか。おすすめです。

それでは、今回はこの辺で。See you again!

<< 院試お疲れ会 | main | 北海道一周 >>