阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんな事を考えているのか、など「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報を
お求めの方は、公式サイトや facebook、Instagram、Twitterを
ご参照下さい。

キャンパスメンバーズのいろは;キャンパスメンバーズでロハ

author : A.Mizunoawa   [ 一般 ]
2015.12.21 Monday 02:00 | - | trackbacks(0) | 

みなさん、ご機嫌いかがお過ごしですか。ご無沙汰しています。応自1回生のA.Mizunoawaです。

 

気が付けば12月も半ばを過ぎ、もうすぐ今年も終わりですね。今年の入学時のことを思い返せば今年はあっという間でしたが、特に今月は早く過ぎ去っていくように感じます。そういえば12月の旧暦は「師も慌ただしく走り回る」という意味で師走と言われていますが、これは不明瞭な語源の一説に過ぎず、「為すべきこと(あるいは仕事)を果つ」という意味での「為果つ・仕果つ(しはつ)」が訛ったものだという説などもあったりします。

 

それはさておき、年末です。今年の大阪大学の冬休みは天皇誕生日から三が日の最終日までと、通算で12日間の休みがあるわけなのですが、生憎と僕は予定が色々と入ってしまっていて年末の大掃除なんかもゆっくりできそうにありません。ですので、昨日一日かけて少し早い大掃除をやっていました。

 

今年一年で増大しまくった自室のエントロピーを正常値に戻す作業をしていると、思いもかけないものや、憶えのないものが出てきたりします。無くした消しゴムや将棋の駒、どこに嵌っていたのかわからない謎のねじ、見覚えのない無数のチラシ, etc.

 

もちろん一瞥して不要そうなチラシは全部ごみ箱行きになるのですが、ふと、ある一枚のプリントに僕は釘付けになりました。それは大阪大学に入学した際にもらった大量の書類の中の一枚で、題目には大きく「キャンパスメンバーズ」と書かれていました。

 

キャンパス、メンバーズ……? なになに。「大阪大学では、学生や教職員に文化や芸術、科学や歴史に広く自由に接する機会を提供するために、美術館や博物館等に無料で入場できるキャンパスメンバーズに加入しています」だって?

 

http://www.osaka-u.ac.jp/ja/campus/campus_members

 

そう、プリント管理能力があまりに残念なA.Mizunoawaは今更になって気が付いたことなのですが、実は大阪大学の学生は、上記URLに記載の施設を無料で利用することができるのです! ──すごいですね!

 

しかも対象となっている施設は、大阪内の有名な美術館・博物館が結構手広くカバーされているのみならず、奈良・京都の施設まで含まれているのだからもう太っ腹。

 

工学部なので科学はもちろんのこと、美術や世界史にも興味があるので、僕も近いうちにキャンパスメンバーズ制度を利用して上記の施設に行こうかと思っています。そのときには、それについてを記事にして改めてリポートさせてもらうことにしますね。

 

それでは、今回はこの辺で。See you again!

<< 宇宙からの芋・・・? | main | ゼミナール >>