阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんな事を考えているのか、など「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報をお求めの方は、
右のバナーの公式サイトや facebook、Instagram、Twitterをご参照下さい。

あの人のもとへ行く前に

author : ミッケ   [ 一般 ]
2017.12.16 Saturday 20:17 | - | trackbacks(0) | 

 

こんにちは!ミッケです。

 

今回の投稿は、前回の投稿「あの人のもとへ行く前に  廚梁格圓任后まだ,鬚読みになっていない方は、左上のカレンダーの11/24のところをタップしていただくと、お読み頂けます('ω')

 

 それではここから続編に入ります↓

 

 

あくまでも、あれは“兆し”であった。やはり咳が止まらない…!

 

 

これはちょっと、薬を飲んだ程度では治らないのかもしれない!シックハウス症候群とか?!でも同じアパートの住民の方たち普通に住んではるしな

 

 

ここで私は、地元のある人を思い出しました。

 

市販の薬が効かないときに行くと、どんな症状でも「アレルギー」と診断するが、処方してくれる薬は全部効くという、T医院の院長先生。やぶ医者と天使という2つの面を併せ持つ(見た目もまさにそんな感じ)

あぁ、あの先生のもとへ行きたい。しかしここは地元ではないので、もうその病院に行くことはできません。まだこの辺りの病院にもあまり詳しくないし。下宿始めて早々、親に変な心配も掛けたくありません。とにかく、手段はどうであれ自分でどうにかするしかない。こりゃ困った!!

 

 

しょうがないので、ダメもとでもう一回同じドラッグストアへ行ってみました。すると、私が購入した咳止め薬の強力バージョンも売っているとのこと。

なんだ、先に言うてくれたらよかったのに〜!即購入。

 

 

しかし、その咳止め薬強力Ver.を買ってからまだ箱を開けもしないうちに、咳はピタリと止まったのでした。

 

 

今でも原因はわかりません。止まった理由もわかりません。その強力咳止め薬は、今もその状態で我が家の薬箱の中に眠っています。

 

 

要は、一人暮らしをしていて起こった問題というのは、大抵どうにかなるものなのです。

だから、何も心配する必要はありません。今はそんなことは気にせず、とにかく合格することだけに集中して全然OKです♪

 

それではまたお会いしましょう!

世界適塾入試

author : 電柱   [ 一般 ]
2017.12.16 Saturday 12:54 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは!工学部環境・エネルギー工学科(通称環エネ)の1回生の電柱です。12月とあって寒さがここ阪大でも厳しくなってきました。受験生の皆さんは本番に体調を崩すことが無いように気を付けてくださいね!

 

 

 さて、本日のテーマはタイトルにある通り世界適塾入試というものについてです。受験生や高校1,2年生の方の中にはご存じない方も少なくないと思います。これは端的に言うと昨年度より始まったAO入試と推薦入試のことなのです。記事の最後に本年度の世界適塾入試のwebサイトのリンクを貼っておきますので、興味のある方は見てみてください。

 では、なぜ急にこんなことを書いたかというと私がその入試で昨年度阪大に受かったからです。そして最近キャンパス内に世界適塾入試への協力を呼び掛ける張り紙が散見されはじめふと懐かしく思いこの記事を書くに至ったわけです。工学部の世界適塾入試は1次選考の書類審査をパスした後に二次試験として面接及び口頭試問が課されます。私もちょうど1年ほど前に吹田キャンパスで面接をしました。そして今年受ける方は明日が本番だと思います。そこで今日は私が受けた面接で、具体的な質問内容には触れていいのか不明なので触れませんが、これはやっておいてよかったという点を書きつらねたいと思います。ただしこれはあくまで私の体験に基づいたものなのでよかった点やその原因等は私の推察にとどまるという点には十分留意してください。もっとも何人の受験予定者が見ているかはわかりませんが(小声)

 

 まずこれはやっておいてよかったなという点ですが第1に自分が提出した志望理由書の読み込みです。これがなぜよかったかというと、面接で聞かれそうなことをある程度予想できるからです。というのも面接は直接先生方に自分の意欲や思いといったものを伝える機会です。そこで先生方はその程度を推し量るために志望理由書から質問を作るわけです。例えば、なぜ阪大を志望したのか、なぜこの分野に興味を持ったか、といったものです。もちろんすでにそれらの内容の大半は志望理由書にあると思いますが、だからこそより磨きをかけた、具体的な回答を用意しておくとよいです。そもそも1度読んだ話を再確認するための面接ではないでしょうから。

 

 第2に、これは試験中にあったことなのですが、わからないことは正直に言いましょう。ついつい正解を述べなければと思ってしまいますし、実際知っているならそれに越したことはないのですがやはりどれだけ対策したところでそういうものは出てきます。そんな時は無駄な抵抗はやめてはっきりわからないと伝えたほうが良いです。そして嘘をついたり、あるいは知っていると見栄を張ることは絶対やめましょう。間違いなくばれます。そもそも先生方はその分野でのプロです。我々のような新参者がついた嘘や見栄ごときすぐにばれます。そのほうが知らないよりもはるかに心証が悪いです。なのでもし面接中に何かわからないことが出てきたら、おとなしく自分の勉強不足を謝罪し、知らない旨を伝えましょう。ただ、当たり前ですがそんなに何回もわかりませんばかりではだめです。あくまでもどうしてもわからなかった時ぐらいです。

 

 第3に緊張しすぎたり、頭が真っ白になったときはそれを先生に伝えて少し考えをまとめさせてくださいと伝えることです。入試は受験生にとって人生を左右する大きな転換点です。なので緊張するのは当たり前です。そのことは先生方もきっとわかってくれるはずです。さらに、ペーパーテストでもどの問題が即座にとけるなんてことは多くの人にとってあり得ないことです。面接も少し考えるくらい大丈夫のはずです。

 

 どうでしょうか?自分の面接を振り返ってみていろいろ書き連ねた結果かなり長い記事になってしまいました(汗)読んでくれる人はいるのかどうか...

 この入試は昨年度より始まったこともあって謎に包まれた点も多いですが、この入試の良い点は何より自分と向き合える機会が手に入ることです。なぜ阪大なのかはもちろん、自分が何をしたいのか、何になりたいのかそんな疑問に向き合う機会だったなと私は思っています。もしこの記事を読んで挑戦しようと思う人が増える、また上に書いたアドバイスが少しでも役に立つのならこれに勝る嬉しさはありません。

 それでは受験生の皆さん、および高校1,2年生の皆さんこれからも頑張っていってください!

 そしてもし明日受けるぞ!という方は後悔のないよう全力を尽くしてください。

 

 

 世界適塾入試の公式webサイトのリンクです↓

 https://www.nyusi.icho.osaka-u.ac.jp

Be careful of influenza season!

author : monmon   [ 一般 ]
2017.12.11 Monday 23:52 | - | trackbacks(0) | 

Hi guys monmon here!

It's getting cold and colder recently ><

And this time of the year, you can see many people at school or any other places wear masks,

which mean the-influenza-season-starts :o

Well actually it is cold season, but there is this influenza virus too, which kinda dangerous (you may need to rest for the whole week and not allowed to go to the school too),

so be careful guys!

Eat healthy, keep warm, wash your hands (and feet) and if you have the chance please take the influenza imunitation, so your body will be stronger against influenza!

 

Also some people are havnig their mid-term exam around these weeks, so good luck!

And don't get cold!

 

Ps. I got cold recently and it was crazyy cos it makes me can't concentrate at classes etc, so please keep healthy ya guys! :)

 

TTFN!

時間割

author : すみっコ   [ 一般 ]
2017.12.10 Sunday 12:55 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは😊

応自1回のすみっコです¥(  ・ω・ )/

 

今回は時間割の紹介をしたいと思います!!

私自身が高校生だったとき、

1週間の授業がどんな感じなのか

知りたいなと思っていたので

同じような方の参考になれば嬉しいです✨

 

まずは1セメ(4〜7月)の時間割ですが、

 

月曜→1.生命科学の基礎(般教) 3.英語 4.力学

火曜→1.体育 2.中国語 3.化学概論 4.情報

水曜→2.思考の世界(般教) 3.解析学 4.数学演習

木曜→1.英語 2.線形代数 3.4.5.物理学実験

金曜→2.中国語 3.先端科学序論 4.生物概論

 

こんな感じでした!!

 

月曜の2限が空きコマだったので

学科の友達と課題をやったり、ゆったりお昼を食べたりしていました。

 

英語は私は高校の英語みたいな授業は

おもしろくないなと思っていたので

speakingの授業を取りました!

先生も外国人で日本語はほぼありません🙂

(友だちとはちょいちょい日本語しゃべりましたが)

良い経験ができたと思います。

 

そして第2外国語というものがあって、

中国語、ドイツ語、フランス語、ロシア語

の中から1つ選んで勉強します。

私のときは中国語は定員オーバーしていて

抽選に当たらないと取れませんでした!

 

木曜日の物理学実験は3.4.5限となっていますが、

終わり次第帰れるので15:30に帰れたときもあります。

ただ終わらないと帰れないので

18時をまわったこともありました…😶

2週に1回、Wordでレポートをつくって

提出しなければならないのですが、

けっこうみんな苦しんでいました(´・ᵕ・`)笑

でも授業は早めに終わってなくなるので、

最後の方は木曜日午後休になってました✨

 

月曜の1限に授業があるのは

なかなかにしんどかったです…

あと火曜1限体育っていうこともきついです!笑

でもまわりもこんな感じなので

助け合えばがんばれます、大丈夫です!!

 

次回は2セメ(10〜1月)の時間割を紹介します。

それではこのへんで✋

 

一般教養

author : ゆる   [ 一般 ]
2017.12.10 Sunday 02:46 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは、ゆるでーす。

もうすぐクリスマスですね。私の周りではその話題でもちきりです()1年に1回のクリスマス、大切な人と一緒に過ごしたいものですね( *´艸`)

 

さて、今日の話題は、一般教養についてです。一般教養とは何かみなさん知っていますか?よく大学生がパンキョーと呼んでいるものなのですが、大学に入ったら1年生はみんな一般教養という授業をある程度とらなければなりません。これは自分で好きな授業をとることができます。自分の興味あるものをとるのも良し。単位の取りやすさを考えてとるのも良し。とる授業の決め方にはいろいろありますね。

 

私は履修登録のとき、自分の興味のあるものをとろうと考えて単位の取りやすさなど全く考えていませんでした。興味あることなら単位くらい容易いだろうと思っていました。しかし、実は今一般教養の課題やテストに苦しんでいます…。こんなはずじゃなかった…。

 

失敗した原因は2つあります。1つ目は、私は履修を決めるとき、授業名を見てほぼ決定していたのですが、いざ授業を受けてみると、自分の全然興味のない内容だったんです。みなさん、履修登録の際は、絶対に授業の詳細が書いてあるシラバスはしっかりと読んでから履修を決めるようにしましょう。

そして、2つ目の失敗です。阪大には履修取り消し期間というものがあるのですが、12週目の授業に出席して自分に合わないと感じた場合、取り消して別の授業をとることができます。しかしなんと気づいたらその期間が終わっていて、私は授業を変更できるチャンス逃してしまい、逃げられない状態になってしまいました。みなさんシステムはしっかりと理解してうまく使ってくださいね。

 

てなわけで好きな授業がとれるとても楽しい一般教養なのですが、とるものを間違えると負担になります。みなさんはこんな失敗をしないように気を付けてくださいね( ;;)

 

ではこのへんでー!

水遠池の護岸改修工事

author : かず   [ 一般 ]
2017.12.08 Friday 23:37 | - | trackbacks(0) | 

どうも、こんばんは と書くべきなのか こんにちは と書くべきなのか悩む かず です。

 

今回は、阪大吹田キャンパスまでの通学路事情として、水遠池について掲載したいと思います。

水遠池は阪大吹田キャンパス千里門の目の前にあり、阪急北千里駅から通う場合は必ず横を通る池です。

実は、以前この池のまわりの道は一部道の端が陥没するなどしておりました。

現在は道の陥没していた部分は新しいアスファルトにより補修されていますが、柵は倒れたままです。

 

道を補修した後と,倒れた柵

道を補修した後と倒れた柵(大きな画像はクリックすると見ることが可能です)

 

長い間この状態から悪化することはなかったので、池側に落ちることはないと思っていましたが、念のためと思い反対側に寄って歩いていました・・・笑

この水遠池ですが、実は今年の10月から護岸改修工事が行われていまして、現在着々と工事が進められています。

この柵もきれいになると思うと少しうれしいです。

工事のため水が抜かれた水遠池と工事の様子

工事のため水が抜かれた水遠池と工事の様子(大きな画像はクリックすると見ることが可能です)

 

工事のため水遠池の水はすべて抜かれており、こんな姿を見られるのも今のうちだけだなと横目で見つつ、毎日登校しています。

最近、テレビ番組で池の水を全部抜いたら思わぬものが出てきたなどの内容をやっておりますが、この水遠池では何のうわさも聞かなかったので何もなかったようです。

工事は2018年の3月中旬ごろまでとのことでまだまだかかりますが、来年度から阪大生になられる方はきれいになった水遠池の道を通ることになると思います。

来年の3月以降にこの道を通ることがあれば、あーきれいになったなと思いながら通ってみてください。

 

以上、今回は阪急北千里駅からの通学路事情でした。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

それではまた。

 

いつも通りがベスト

author : Mt.Guchi   [ 一般 ]
2017.12.06 Wednesday 22:47 | - | trackbacks(0) | 

こんばんは!電子情報工学科2年のMt.Guchiです。

 

ここ数日、本当に寒いですよね……。

駅からキャンパスに向かって歩く時に痛感します。

 

さて、既に12月に入っておりますが、受験生の皆さん、調子はいかがでしょうか。

僕自身、アルバイト先の受験生の背中を頻繁に見るので、嫌でも数年前の自分を思い出します。

 

ということでですね、数年前の自分を振り返った上で、私なりのアドバイスを一言述べさせていただこうと思います。

 

本当に一言です。それは、

「いつも通り」

でいて下さい。

 

受験直前になればなるほど、普段より無理してしまいがちになります。勉強していたら寝るのが遅くなっただとか、今日のノルマが早く終わったから明日の分までやってしまおう、など。

 

前者が良さそうで悪いことは、皆さんお分かりだと思います。心の焦りを夜更かしの勉強によって解消したくなりますが、こういう時こそ素直に布団に入った方が、圧倒的に回復が早いです。

睡眠って本当にすごいです。どれだけ嫌なことがあったとしても、なぜか次の朝には傷が浅くなります。当然、忘れはしませんが、その悩みのせいで自分の思考が遮られてしまう、といったことはなくなるはずです。

 

さて、問題は後者。一見良さそうですが、何が悪いのでしょうか。

これには、一日のノルマを超過して行ってしまうと、当日のノルマを前日や翌日にまたがって終わらせようとする癖がついてしまう、という問題点があります。

 

例えば、今回はたまたま前倒しの形をとることが出来たものの、次回、もしかしたら当日のノルマが終わらなさそうな場合に、今度は翌日にやればいいや、という妥協が生まれてしまう可能性が高くなってしまいます。

 

このように、一度前倒しを許してしまうと、延期も許してしまいたくなってしまうのです。なので、余力があるからといってそのまま進めるのではなく、普段より早く終わらせることが出来た自分へのご褒美として、その余った時間を音楽を聴いたり漫才を見たりする時間に充てればよいと思います。

 

また、あまりにも余る時間が多すぎる場合、そのノルマは自分に適しているか、勉強しながら調整していく必要があると思われます。数日かけてでも、自分に合った少なすぎず多すぎないノルマを見つめ直しましょう。

 

次回の投稿でも、受験に関することを述べたいと思っております!

センターまで一か月強。

「いつも通り」がんばりや!

センター試験について

author : nacl   [ 一般 ]
2017.12.06 Wednesday 14:27 | - | trackbacks(0) | 

研究室での年末発表も終わり、今年の大変なイベントはすべて終わりました。

こんにちは、気分はもう年越しモードのnaclです。

今年もほぼ終わりを迎え、受験生はセンター試験の勉強をしている時期でしょうか。あと30日ほどでセンター試験がが近づき、焦っている受験生もいるかと思います。

 

そこで、センター試験の勉強法を理解度順にお教えしたいと思います。

 

理解度大…演習用の問題集(青チャート、重要問題集など)の問題ならほぼ解けるという人

このような受験生はセンター試験の問題は考えれば全部解けてしまうと思います。ただ、センター試験は時間との勝負ですので時間をかければ解けるというのでは意味がありません。センターの過去問などで時間間隔を身につけましょう。大問ごとに解く順番とかける時間を決め、センターが難化した時でも確実に点数を取れるようにしましょう。

 

理解度中…問題集の問題で難しいものは解けないという人

センター試験の問題で、大問の最後の方の問題が解けないというのであれば問題ないです。センター試験の最後あたりの問題は配点が小さい割に難しいことが多いので上のように時間間隔を身に着けて自分の理解度で挑めば十分だと思います。ただ、分野によって問題が解けたり解けなかったりするという人は要注意です。センターは全範囲からまんべんなく出るので苦手分野を作ってしまうと、その分野が出た時に泣き寝入りするしかなくなります。弱点となっている分野は今のうちに補強しましょう。

 

まだ理解ができていない…問題集の基礎問題が解けないという人

まず大前提として焦らないようにしてください。伸び幅が大きいので、勉強すれば点数の伸び幅もかなり大きいです。基礎ができていない可能性があるので、センターは時間は気にせず解いてみて、分からない問題は教科書に戻ってしっかり原理を理解するようにしてください。また、最終手段として、「センター試験の問題を解きまくる」というのも手です。センター試験は結構同じような問題が使いまわされるので、何年分かをやっていくと、「この問題前にも見たな…」となってくると思います。良問も多いのでやりこめば必ず力になります。

 

そろそろオープン模試やセンタープレの結果が返ってくることだとは思いますが、一喜一憂せずに自分の行きたい大学を目指して頑張ってください。特に現役生は本試験の最後の最後まで伸びしろしかないので諦めず勉強しましょう!

 

 

MTB

author : じゅんたろう   [ 一般 ]
2017.12.02 Saturday 00:20 | - | trackbacks(0) | 

どうもじゅんたろうです。先日はマウンテンバイクの試乗会に参加してきました。最近オープンした店で、気になったので店に入ると「試乗してみる?」と言われて次の日早速、試乗させてもらいました。しかし、その「試乗」を甘く見ていたのです

 

マウンテンバイクはその名の通り、山道などの未舗装路を走るための自転車です。僕はてっきり、のんびり自転車をこいで、「ああ、いい景色だなー」なんて言いながら楽しむものだと思ってました。しかし。実際に連れていかれたのは、かなり激しい下り道。まさかのダウンヒルでした。幸いにも、かなり質の高い自転車であったため、何度かこけましたが無事に下りきることができました。いやあ、なかなかそこまで試乗させてくれる店はないですね。店主いわく、「マウンテンバイクは、百聞は1試乗にしかず」らしいです。実際、僕は明日マウンテンバイクを購入してきます(笑)。お値段20万くらいまたバイトを頑張らないと!

 

少しマウンテンバイクの説明をします。ロードバイクは、もっぱらツ−リングに使います。当然、目的地があることが前提ですね。しかしマウンテンバイクは違います。そこらへんの山(当然、立ち入り禁止のところはダメです)で、しかも自分でルートを決められるという、いわば「乗り手次第」のスポーツなのです。来年僕は4回生なので、ロードバイクを使ったツーリングは、時間的に厳しくなってくると思います。しかし、僕は高槻市に住んでいるので、今後は近くの山でサッとトレイルすることも可能です。いい趣味を見つけられてよかったです。あとは練習しまくらなくては。では今日はこのへんで。

進路の決断

author : ふたば   [ 一般 ]
2017.12.01 Friday 10:35 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは、日が短くなり、寒くなってきましたね。中間テストの時期が近くなり日々レポートなり勉強なりに追われて寝不足気味のふたばです。

 

 

受験生の皆さんはセンター試験のプレテストなどが終わり(あるいは間も無く終わり)、センター対策に本腰を入れている人も多いと思います。この模試の結果はおそらく12月中旬ごろに返ってくるんではないでしょうか。

 

結果によって受験校や志望学部学科を考えて出願先を絞っていく決断しなければなりません。

 

皆さんは何を優先して決断しますか?

判定の結果、学びたい分野などなど色々基準はあると思います。

 

もちろん、模試の判定もある程度考慮しなければなりません。でもこの判定はあくまで11月末の判定です。本番3ヶ月前の成績です。

3ヶ月ってものすごく成績が変わりますよ

 

自分の学びたい分野についてあれこれ考えながら、大学行ってこんなことしたいって思いながら勉強していると成績って伸びてきます。

 

何が言いたいかというと、自分の学びたい分野に進むことを優先したほうがいいということです。

 

自分の学びたい分野に進んだほうが大学生になってからもやっぱり楽しいです。

課題がしんどくても、将来のことを考えると頑張れます。

 

 

1番大切なのは学びたいという気持ちです、そうすれば自然と勉強へのモチベーションがあがり、成績もついてくるものです。

 

前も言ったかもしれませんが、大学生になった自分を妄想してみてください、きっと勉強へのモチベーションがあがりますよ!

 

それでは、今日はこの辺でー

 | 1 / 154 PAGES | >>