阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんな事を考えているのか、など「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報をお求めの方は、
右のバナーの公式サイトや facebook、Instagram、Twitterをご参照下さい。

二次試験直前期 どう過ごしてた?

author : ふたば   [ 一般 ]
2018.02.20 Tuesday 17:03 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは、ふたばです。

 

日が徐々に長くなって来ましたね。もうすぐ冬も終わりといったところでしょうか。

 

いま私たちは春休み真っ最中なんですが、サークルの方は早くも新歓モードに切り替わりつつあります。

例えば大きなことで言えば”いちょう祭”ですね。阪大では大きく二つの学祭があるんですがそのうち5月に行われるいちょう祭は新歓の意味も含んでいます。なので私たちはこの時期から何をしよう、どうしようと少しずつ動き始めるんです。

 

これを読んでいる受験生、高校生の人は将来歓迎される側になるわけですが、どうです?楽しみですか?

楽しみかどうかはさておき、こんなことも勉強のモチベーションになったりしますよね。

 

 

さて、前置きが長くなりましたが、受験生のみなさんは間も無く二次試験ですね。

 

直前期、なにをしていただろうとおもってさっき受験期のスケジュール帳を見返してみたんですが、試験の1週間前くらいからは模試の過去問を解いていました。予備校が出しているやつですね。つまり、初見の問題です。

 

よく、不安になるから直前期は新しい問題を解かない方がいいと言いますよね。もちろんそれもわかるんですが、個人的に弱点は問題を見たときにどう回答を組み立てるかを見出すことだと思っていたので、あえて初見の問題に手を出していました。その後、間違えた問題に似た問題を、今までやっていた問題集から探してもう一度解き直していました。

 

と、勉強の話をしてみましたが、人それぞれですし、この時期なのであまり参考になりませんね。

 

あとはなんでしょう、メンタル面とかですかね。

 

この時期になってくると意外と自習室に残る人が少なくなって来てたので時間いっぱいまで勉強して人が少ない自習室を見回してある種の優越感に浸るとか、お昼に仲のいい人と”この生活もあとすこしかぁ”なんてぐだぐだ話しながらラストスパート頑張ろうって思ったりとか、そんな生活を直前期はしてましたけど、あんまりぴりぴりはしてなかったです。

 

いい意味でいつも通り、ゆるーく過ごして、あと前日は下見に行って”ああやっぱりここにいきたい”って思って試験に臨みました。

前日に下見に行って、”ここに行きたい”って思うのは気持ちの面でいいと思いますよ。

 

最後話がめちゃくちゃになっていますが、こんな感じで過ごしていました。

 

受験生の皆さん、あと数日です。

これまでやってきたことに自信を持って、ラストスパート、がんばってくださいね。

工場見学旅行

author : umatugaku   [ 一般 ]
2018.02.16 Friday 21:41 | - | trackbacks(0) | 

オリンピックの羽生結弦くん完璧なSPの演技を見て感動していますumatugakuです。

だいぶ久しぶりの投稿になりますね。

僕が所属している精密工学科の3年生は毎年春休みに工場見学旅行にいくのですが、2/13~2/15の二泊三日で中部地方を中心に工場見学に行ってきました。

大阪真空株式会社名張工場、グリーンエナジー津、新日鐵住金名古屋工場、三菱自動車岡崎製作所、安田金属工業岐阜工場、ROHM株式会社の六社の工場を見学してきました。

グローバルに活躍している会社の生の現場を見学することができ、4年生から本格的に始まる研究生活のモチベーションにつなげることができそうです。僕は、鉄鋼メーカーに興味があり、夏休みにJFEスチールにインターンシップに行ってきたのですが、この工場見学旅行で国内トップの鉄鋼メーカーの新日鐵住金とJFEスチールの二つを知ることができたので、個人的にはそこが一番よかったことかなと思いました。

他にもROHM株式会社の見学の際には、精密工学科出身の社員さんとお話をすることができ、どんな学生生活だっかを聞くこともでき、とても楽しい時間を過ごすことができてよかったです。

2/14の夜には、同期全員と親睦を深める目的で、飲み会をしたのも楽しかったですね。

ただ1つ残念な点をあげるとすれば、お金がいっぱいなくなったことです。週末バイト頑張らなくては!!

本日はこのへんで失礼いたします。

何をしようか...

author : じゅんたろう   [ 一般 ]
2018.02.16 Friday 19:47 | - | trackbacks(0) | 

どうもじゅんたろうです。前回のブログ更新が遅れたので投稿のスパンが短いですが、今日もやっていきたいと思います。

 

先日、先輩方の卒論発表の聴講会がありました。朝9時〜夜18時までぶっ通しで行ったため非常に疲れましたね。しかし、将来自分のやる研究がどのようなものであるのか、さらには先生方の質問の鋭さを実感できたので、今後の自分の学習の参考にしたいと思います。

船舶海洋工学では、主に流体系、構造系に分かれます。流体系の学生の発表に関しては、流体系の先生方からの集中攻撃、構造系の学生の発表に関しては、構造系の先生方からの集中攻撃を浴びているのを見て、たとえ違う研究室の研究内容でも、同じ学問系統の知識ならば少し知っておくことで質問対応の質が上がるように感じました。今後の目標は、おそらくあらゆる側面から見て実用性、現実性のある研究を行うことでしょう。いずれにしても、良い体験でした。

 

さて、今は中小企業などの選考会が始まっています。日本には経団連というのがあって、その経団連に属している会社は就活解禁日を31日からと決められているのですが、非加盟の会社はすでに選考を始めています。内容は、エントリーシート、SPI(一般常識や高校の学習内容。一回本屋さんで見てみると、文系であっても高校数学を理解してないといけない、理系でも国語ができないといけないことに気づくはずです。)、適性検査、面接、グループディスカッションなどです。場合によっては、理系であれば大学内容の筆記試験があることもあります。就活をすればするほど、自分の非力さを痛感します。しかし、いずれの内容も絶対に自分のスキルアップに役立つので、バランスよく取り組んでいきたいと思います。

 

さて、最後になりますが、実は中学の同級生が「空き家」を使ったビジネスを起こすみたいで、その学生団体に参加することになりました。なかなか多忙な毎日になりそうですが、なかなかできない経験なので、今後が楽しみですね。また、活動が活発になってきたらこのブログでも発信していきたいと思います。では今回はこのへんで。

春休みの旅行👜

author : すみっコ   [ 一般 ]
2018.02.13 Tuesday 20:31 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは🙂

応自1回のすみっコです✨

 

1回生と言えるのも残りわずかとなってきました…

1年過ぎるのは本当にあっとゆう間ですね。

年齢を重ねるにつれて体感時間が

短くなっていくと聞いたことがあります!!

時間は大切にしていきたいです('ω')

 

無事(?)テストも終わり、

2ヶ月の春休みがきました!!!!

課題のない長期休みがもらえるのは

大学生ならではで嬉しいですね☺

 

とゆーわけで…

とりあえず2.3日はごろごろして、

それから友だちと名古屋旅行に行ってきました!!

本当は石川でカニを食べる予定だったんですが、

新幹線が運休で行けなかったです…🚄涙

でも急遽ホテルをとって、

2日間めっちゃ満喫しました( ˙꒳˙ )

ひつまぶしや手羽先、天むす、小倉トースト…

(あれ、食べ物ばっかりですね😶!笑)

名古屋城も見に行きましたが、

すごく立派でよかったです!!🏯

徳川家康が建てたお城なんですね…。

歴史はさっぱりなので勉強になりました( ˘ᵕ˘ )

大阪-名古屋は在来で2時間半ほどでいけます。

意外と近くてびっくりしました🙂

機会があればぜひ行ってみてくださいね!!

 

平日の昼間の人が少ない時に

旅行ができるのは大学生のうちです。

楽しみたいと思います(๑ˉ ˘ ˉ๑)

高校生のみなさんは楽しみにしながら

お勉強も頑張ってくださいね!!✏

それではこのへんで✋

 

どうしようもなく 追い詰められたら

author : ミッケ   [ 一般 ]
2018.02.09 Friday 11:55 | - | trackbacks(0) | 

 

こんにちは!ミッケです。

 

今回の投稿は、前回の投稿『どうしようもなく 追い詰められたら  戮梁格圓任后まだ,鬚読みになっていないという方、

 

スマホでお読みの方は、画面中央の「ARCHIVE」の「201801月」を、

パソコンでお読みの方は、左側のカレンダーの1/27

それぞれ押していただくと、お読み頂けます。

 

 

↓以下本文です。

 

 

それは親が、“せっかくテレビで放映されたのだし。まぁ、誰も観なかったら消せばいいだろう”というくらいの気軽さで録画していたものでした。それがたまたま、“生と死”がテーマの映画だったんですね。

 

それを観て私は、

 

そうだよね、もし私が受験で落ちても、誰も死にゃしないよね

 

と、今更ながら当たり前のことに気付きました。

 

“自分が受かるか否かがこの世界の全てのような感じがしてしまっていて、凄く視野が狭くなっていたんだな

 

よく見たら、世界では受験でどうこう以上にたくさん悲しいこと・辛いことが起こっているし、

いつミサイルが自分の住んでいる町に落っこちて来るかわからないとか(実際そうなのかもしれませんが笑)、

明日の命があるかとか心配してたら、とても勉強どころじゃないだろうな

 

長い宇宙の歴史の中で見たら、私が受かるか落ちるかなんてホンマに些細な、どうでもええことなんやな

 

 

 

実際、今は自分が受かるか否かがこの世界の全て、という気持ちにならざるを得ないかもしれませんし、

 

人の不幸を見て自分は幸せなんて、と思うかもしれませんし、

 

いくらマクロ的に見てどうでもよくても、それが他でもない自分の人生であることに変わりはありません。

 

綺麗事に聞こえるかもしれません。

 

 

でも、私はそう思ったら、張り詰めていた気持ちがふっと軽くなって、また次の日から勉強に集中することができました。

 

なのでこれを読んで、こんな考え方もあるんやなぁと、気持ちがちょっとでも軽くなってもらえたらいいなぁと思います。

 

 

とにかく、どうしようもなく追い詰められたら、

 

“死にゃしない”

これ思い出してください。

 

それではまたお会いしましょう!

 

あ〜は〜るやすみ〜

author : じゅんたろう   [ 一般 ]
2018.02.08 Thursday 21:13 | - | trackbacks(0) | 

どうも、ちょっと更新が遅れましたじゅんたろうです。毎日カンカンの寒さの中、貧乏人じゅんたろうは、片道10劼鬟蹇璽疋丱ぅで通学していました。。。ま、これだけ漕いだら体も温まるので、天然のセルフヒーターみたいなものですね()

工学部の図書館の前に、池があるのですが、この寒さで凍っていますね。しかし阪大工学部生は好奇心旺盛、池に張ってる氷に石やら木やらを投げて、楽しんでいます() ちょっと恥ずかしいですね()

さて、ついに大学の定期テストがすべて終了し、ついに春休み(まだ冬だけど)です!今までの授業で単位を落としてなければ、ついに大学の授業がなくなります!研究室に配属されたら研究に没頭する感じですね。いよいよ、大学で最も楽しみだった研究が始まるわけです。じゅんたろうは、院にはいかず就職する可能性がちょっとあるので、春休みはインターンシップや説明会に時間を割き、SPIや4力学(機械、熱力、流力、材力)の基本ぐらいを軽く復習しようと思っています。説明会は、交通費支給のところも多いので、旅行もかねて楽しんできます!

ところで、僕は京都の高校出身なのですが、実はまだ京都水族館に行ったことがないのです!てことで、明日は京都水族館に行ってきまーす!テスト疲れの僕を癒してくれ、イルカたち

受験生は私立入試もだいぶ終わってきたようですね、国公立前期に向けて体調は万全に整えてくださいね!ではこのへんで。

牡蠣小屋

author : かず   [ 一般 ]
2018.02.08 Thursday 20:53 | - | trackbacks(0) | 

どうも。修論の執筆に追われているかずです。

 

最近、インフルエンザが流行ってますね。

この時期、受験生は入学試験、学部4年生や修士2年生は卒論や修論が待ち構えています。

体調不良で失敗しないよう、体調には十分気を付けてください。

 

そんな私も修論を書いている途中で、体調を崩すリスクはできるだけ回避しなければなりません。

ですが、こんな時期だからこそ、研究室のメンバー5人で三重県鳥羽市の牡蠣小屋へ行ってきました。

 

朝8:30に阪大吹田キャンパスに集合し、レンタカーで三重に向かいました。

今回は2000円で牡蠣食べ放題時間無制限(閉店16:00)、バーベキューコンロも使用でき、調味料だけでなく肉など持ち込み自由の店に行きました。

途中で買い出しなどをして、到着したのは13:00だったので3時間ほどひたすら牡蠣を食べました・・・当分牡蠣はいいです。

牡蠣は大小さまざまでしたがどれもおいしく、何よりみんなでバーベキュー感覚で食べれたのでとても楽しかったです。

同行していた一人に、「牡蠣がおいしいってことは、海がおいしいってこと」と教えてもらいました。鳥羽の海はとてもおいしいようです。

牡蠣にあたると大変なので少し心配していましたが、今は1日たって何もないので一安心です。

 

焼いている風景

焼きあがった牡蠣

 

皆さんもぜひ牡蠣小屋でおなかいっぱい牡蠣を食べてみてはどうでしょうか。

もちろん、大事な行事が終わってからをお勧めします。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

それではまた。

春休み、何しようかな

author : ふたば   [ 一般 ]
2018.02.08 Thursday 11:56 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは、ふたばです。

 

大学1回生の授業(テスト)が今週いっぱいで終わります。早い。本当に早かった。

 

これが終わると大学生は春休みに入ります。待ちに待った春休みです。長期休暇は高校生までと違って課題などは基本的にはないので完全にフリーな休みとなるわけで、授業期間にはできなかった自分の時間が十分に取れるんです。

 

春休みに何がしたいかなって考えていたんですが、まずは写真を撮りに行きたいですね。過去にカメラを買ったって記事を書いたと思うんですが、やはり授業やバイトやサークルがあるとなかなか遠出できずあんまり使う機会がなかったんで休み期間はどこか写真を撮りに行きたいなと考えています。

 

あとはなんでしょう、工学部らしく(?)プログラミングとか勉強したいですね。実は去年の春に合格祝いでもらった図書カードでプログラミングの本を買ったんですがこちらもあんまり進んでいないので簡単なアプリくらい作れるようになりたいです。

 

と、こんな感じで考えてたんですけど、なんやかんやでサークルの方が忙しそうなんですよね。時間を見つけていろいろやりたいなあ。

 

 

受験生の皆さんも合格したら1ヶ月弱の春休みがありますよ。準備やらなんやらで意外と忙しいですけど、そのときのことをかんがえながらあと少し頑張ってくださいね!

 

 

それでは今回はこんなところで

阪大生の下宿事情

author : Mt.Guchi   [ 一般 ]
2018.02.07 Wednesday 11:56 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは!電子情報工学科2年のMt.Guchiです。

今回は、将来阪大周辺で下宿を考えている受験生の方に、阪大生の下宿事情をお伝えします。

まず、阪大にはキャンパスが3つあり、それぞれ豊中、吹田、箕面にあります。
これらは大阪の北側に位置する「北摂」と呼ばれる地域で、閑静な住宅街が並ぶイメージが強いです(特に吹田・箕面は緑が多い)。

ちなみに、1年目は全員が豊中キャンパスでお勉強し、2年目以降は基本的に学部ごとにキャンパスが分かれます。

豊中キャンパス:文学部、法学部、経済学部、理学部、基礎工学部

吹田キャンパス:人間科学部、医学部、歯学部、薬学部、工学部

箕面キャンパス:外国語学部

つまり、工学部生であれば、1年生の間は豊中キャンパスでお勉強し、2年生になると同時に吹田キャンパスでお勉強するようになります。なので、下宿するとなるとそこも考慮せざるを得ません。工学部の同僚を見ていると、1年目は豊中キャンパス周辺(阪急石橋駅、モノレール柴原駅)に下宿し、2年目で吹田キャンパス周辺(小野原)に引っ越す人が多いようです。

 

次に、北摂に住むメリットについて1つ挙げるとすると、大都市へのアクセスです。仮に梅田に行くこととなった場合でも、豊中キャンパスであれば阪急電車に220円課金して20分揺られるだけで行けますし、吹田キャンパスからでも270円課金しぃの30分で着きます。箕面キャンパスは…ノーコメントです(モノレールがブチ高くて、しかも1時間ほどかかります)。

↑これだとあまりにも無責任なので付け加えておきますが、僕のサークルにいる外国語学部の友達は、石橋駅(豊中キャンパスの最寄り駅)周辺に住んでいることが多く、基本的に毎日再履バス(阪大の各キャンパス間を結ぶ無料のバス)を使って箕面キャンパスに通っているようです。やはり豊中キャンパス周辺だと梅田に行きやすく、スーパー等のお店もたくさんあり、サークルに参加しやすく(サークルは豊中で行われることが多い)、利便性が全然違うそうな。

 

最後に、アルバイトについて。

下宿生は、やはり自分が通うキャンパス周辺でアルバイトをすることが多いようです。

時給やシフトだけでなく、ご飯を作る手間が省ける「まかない付き」のアルバイトを重視して、飲食店で働く人が多いことには私自身も驚きました。

阪大生こそ学習塾で未来の受験生をサポート…というイメージが強かったもので(笑)

なので、わざわざ梅田にまで足を運んでアルバイトをする、という人はそこまで多くないと思います。長期休暇中は別として、普段の生活で往復約1時間かけてアルバイトしに行くのは非効率なので…。

 

さて、記事を書き終えてしまいましたが、カミングアウトすると、私は下宿していません!!

ということで、実家から通う人間が2年間観察してきた、下宿生の実態についてお伝えしました。

 

引き続き寒いので、体調に気を付けながら受験勉強に励んで下さいね!

近況報告

author : nacl   [ 一般 ]
2018.02.06 Tuesday 22:40 | - | trackbacks(0) | 

最近寒すぎて朝起きる時間がどんどん遅くなっています。これ以上遅くなるとさすがにまずいと思う今日この頃…。

 

皆さんこんにちは、電情のnaclです。

 

最近の私はというと、前もちらっと触れましたが卒業論文執筆に追われています…。卒業論文とは何ぞや?といった感じですが、これは、大学4年間(実質研究室に配属されてからの1年半ですが)で研究してきたことを1本の論文にまとめるというものです。工学部を卒業するためにはこの論文を書ききらないといけません。しかも最低ページ数というものが決まっていて、それが40ページです。ものすごく多いです。ただ、今まで研究していたものをまとめて今後大学院で研究していくうえでの課題を発見できるという点では、卒業論文はすごくいい区切りなような気もします。しんどいですけど…

 

そういえば、最近B3の後輩ができました。まだ正式な研究室配属ではないですが、私と同様研究室早期配属制度を利用して研究室に仮配属されている子たちです。もう春休みだというのに、しっかり研究室に来て実験している姿を見て、自分はこんなに真面目ではなかったなぁ…と感傷に浸る日々が続いています。B3の工学部生には、最後の長期休みですからしっかり遊んで、悔いのないようにしてほしいものです…。

 

今日は日経平均がダウに引っ張られて大暴落していたので、好景気気分が抜けて少し気分も落ち込みがちですが、何とか卒論発表までかんばりたいと思います!

 

では今回はこの辺で。

 | 1 / 158 PAGES | >>