阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんな事を考えているのか、など「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報をお求めの方は、
右のバナーの公式サイトや facebook、Instagram、Twitterをご参照下さい。

ヒカル研究室

author : Mt.Guchi   [ 一般 ]
2019.05.16 Thursday 15:19 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは!工学部電子情報工学科4年のMt.Guchiです.

これは皆さんの感性と合うかは分かりませんが,もう5月も折り返し地点を過ぎちゃいましたね…… 何と早いことでしょう涙

さて,本日は理系の皆さんが憧れる(?)研究室生活の実態をご紹介をさせていただきたいと思います.

現在も研究室でこの散歩道に投稿するための記事を書いているわけですが,今私が使っているパソコンのキーボードは,打つ度にキーボードが光るという謎仕様です…笑

 

 

なぜ光るキーボードを使っているのか,ということですが,特に理由はありません!ただ,僕の隣にいる先輩がゲーミングパソコン用のキーボードを購入したものの,普段はあまり使わないということで,私に貸してくれた,という要領です.

私自身,キーボードが光ることに関してはあまり興味がありません(笑) 別にキーボードが光ったからと言って,画面を見ながらキーボードを打つものですから,あまり効能がないのです涙 ですが,このキーボードの優れているところは,打ち心地!今まで使っていたキーボードよりも押し心地が良く,何より打っているときの音が気持ちいい!(周りの方々いつもカタカタすみません)これが理由で,このキーボードを愛用しています.とはいったものの,昨日もらったばかりなので,まだ使い始めて2日目ですが笑

また,これも昨日発覚したのですが,5月下旬に研究の関係で静岡大学を訪ねることになりました!私が現在研究している学習科学のテーマは,もともと静岡大学の学生がスタートした研究で,その世話教員の方とお会いすべく5月30・31日に泊りがけで静岡に向かいます!授業がもろ被っておりますが,そこらへんは気にしない!(笑) …うそです,ちゃんとノート見せてもらいます.

研究室に入るとこれまでの座学とは打って変わって,目まぐるしく様々なことにチャレンジする機会が生まれます.ぶっちゃけ工学部に入ったものの忙しくて苦しんでいる方,中にはいらっしゃると思います.というか私自身が毎日そうだったので……笑 文系学部に入っていれば,自分の興味に合わせていろんな授業を取れたのに,ということもよく考えておりましたが,研究室に入ると本当に楽しいです.今までの苦労が報われたような,そんな感覚です!

是非研究室の配属のためにも,今のうちにしっかりと良い成績を維持できるよう頑張ってください!<おわり>

一人暮らし 体調を崩した時の治し方!

author : ミッケ   [ 一般 ]
2019.05.15 Wednesday 22:01 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは!大学院 応用化学専攻 修士1年のミッケです。

GWが終わって段々と暑くなり、新年度の疲れが出始める頃ではないでしょうか。みなさん、体調など崩していませんか?!

経験のある人なら共感してもらえると思いますが、一人暮らしで風邪など引いて寝込んでしまうと、「あぁ、私が今ここで治らんくて死んでしまっても、誰も気付いてくれないんやな...」と、やけにセンチメンタルな気分になってきますよね笑 大げさですが、本当にそう思いませんか...?私だけでしょうか笑
そこで今回は、”体調を崩した時の治し方”について書いていきたいと思います!
受験生のみなさんも一人暮らしってこんな感じなんやな〜ということで勉強の気分転換がてら見てもらえればと思います(*^^*)
私は一人暮らしを始めて5年目になりますが、熱を出して1週間ほど寝込んだことが2回だけあります。
その期間で体調が回復し出した時を振り返ってみると、
良く効く薬を飲んだ後でもなく、
よく寝た後でもなく、
良く汗をかいた後でもなく、
どちらも「誰かに今自分が体調が悪いということを伝えた後」でした。
その人に何か買ってきてもらったわけでもないですし理由はわかりませんが、ただ、自分体調悪いんよ〜ということを他の誰かに知ってもらえただけで、メンタルが救われたのかなと思います。
工学部のくせに科学的なことを何も言っていませんが、お金かからない(←大事)ですし、オススメです。
それそれではまたお会いしましょう('ω')ノ

大学選びのコツ🏫✨その

author : すみっコ   [ 一般 ]
2019.05.14 Tuesday 17:51 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは!!

応自応化3回のすみっコです🐱

前回の続きで、大学の選び方についてです🏫

 

高校時代には

_箸ら通えるのか

△覆蠅燭たΧ箸砲覆譴襪里

J从甲佑呂曚姫鵑ないか

 

この3点を考えていたわけですが、

実際大学に通ってみて思うには、

△呂修鵑覆帽佑┐覆てもいいような気がします。

それよりも

ざ縮のある分野について学べるか

ということが重要です。

大学生活、勉強のモチベーションを保つには

自分が好きなことを勉強できるかが大事です!

わたしは化学が好きなのでいいですが、

嫌いだったら毎日とてもつらいし

あまり身にもつかないと思います。

 

そして、なりたい職業というのは

ころころと変わりやすいものであり、

大学生になってバイトをしたり

いろんな経験を積む中で今までとは違う

価値観が生まれたりすると思います。

また理系の工学部を選んでも、

文系就職したかったら就活を頑張れば

ぜんぜんできるように思います。

(まだしていないので分かりませんが…)

理系の知識を生かした、

また別の分野の仕事もできると思うのです。

いろんな視点からアタックしていけば、

さまざまな可能性が広がっているはずです。

 

ということで、

高校生のみなさん

ぜひ工学部も考えてみてくださいね😌

女の子も意外とたくさんいますよ✨

応用自然科学科は2回生になってから、

化学や生物や物理に専門が分かれるので

ゆっくりと考えることもできおすすめです!!

 

それでは今回はこのへんで✋

大学選びのコツ🏫✨その

author : すみっコ   [ 一般 ]
2019.05.14 Tuesday 17:50 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは!!

応自応化3回のすみっコです🐱

 

だんだんと夏が近付いてますね🌞🌴🌺

駅からの坂道がきつくなってきました…

 

今回は3回生になった今思う、

大学の選び方についてお話したいと思います。

高校生のみなさまに役に立てば幸いです🙂

 

まず、自分自身はどうやって選んだのかという点。

わたしは家から通える大学にしなさいと

お母さんに言われていたので、

ぎりぎり通える大阪大学に興味をもちました。

はじめは薬剤師になろうと思っていて、

大阪大学薬学部を目指して勉強してました!!

考え始めたのは高1だったと思います。

そこからけっこう勉強を頑張りました。

高2ぐらいではじめて志望校の判定が

模試で出るようになったと思うのですが、

判定はDやEでした…

でもほど遠いというわけではないと思い、

より勉強するモチベーションになりました✏

 

また、高校で進路アドバイザーの方の講演があり、

薬剤師の仕事は将来AIにとってかわられる、

という話を聞いて少し考え直し、

薬学部の中でも研究に力を入れている

大阪大学薬学部薬科学を目指し始めました。

そして高3になり、センターまでは

その目標は変えることなく、

ひたすらに勉強していました。

センターで目標の9割には届かなかったので、

同じように研究もできるということで

工学部応用自然科学に目標を変えました。

 

まとめると、

_箸ら通えるのか

△覆蠅燭たΧ箸砲覆譴襪里

J从甲佑ほど遠くないか

 

といったことを考えて決めました!!

 

 

(長くなるので次に続きます…)

理系院生から見たメーカーのあれこれ

author : nacl   [ 一般 ]
2019.05.14 Tuesday 10:20 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは、電気電子情報工学専攻のnaclです。

 

今回は今まで書いてきた業界の中で、最後のメーカーについて少しお話したいと思います。メーカーに関しては、売り手市場の追い風もあり、色々な会社から内々定を頂き、結局メーカーの中の1社に入社を決めたので、詳しく書ければと思います。

 

<メーカーの現状>

最近はGAFAなどの外資系が強く、日本企業は衰退していると思われる方もいるかもしれませんが、それは間違いです。日本企業は時代に併せて経営資源の選択と集中を行ってきたため、衰退してるのかもしれないとのうわさ話が回ったにすぎません。丁度18年度の決算が先日行われましたが、日立・ソニーの力強い復活、稼ぐ力の復活はちょっと見ていて嬉しくなりました。(ソニーはゲームと金融・映画の会社に変貌しているので、現状のソニーを電機メーカーと呼んでいいのかは疑問ですが…)電機メーカーについてはまだまだ選択と集中の途上の企業もありますが、元々日本という狭い国に総合電機メーカーが7社もあるのは多すぎるのではと懸念を述べていた有識者もいます。状況の変化で稼ぐ力が少ない企業の淘汰が行われているのかもしれません。

 

<業界の激変の原因>

平成後期はメーカーが大きく揺れた期間だと思っています。大きく3つ変わったところがあり、(1)垂直統合から水平分業へ、(2)製品のライフサイクルが急激に短く、(3)モノからコトへ、です。(1)については、最近のトヨタを見ているとそれを強く意識します。垂直統合とは、1つの企業が完成品の中の部品まで全て研究開発して製造していくモデルです。こうすることで、内部技術の流出を防ぎ、高い技術力を保持することができる一方で、モノが多すぎて自社の強みが分からなくなることもあります。反対の水平分業は様々な企業が研究開発から製造の中で得意分野に集中し、皆で協力して1つの完成品を作るモデルです。自社の得意分野がはっきりわかるので、そこに対して経営資源を効率的に回すことが出来るため、稼ぐ力を上げることが可能です。(2)、(3)については、最近の消費者の動向により変わってきたことです。まず、個人尊重社会への移行により、人々の趣味嗜好が多様化しました。また、モノを買うより、そのモノでどのような体験ができるかを重要視するようになってきています。このような変化に対応するため、(2)や(3)が重要になってきています。

 

<メーカーの将来性>

将来性は大きいです。最近ではAIやIoT技術により、金融業など、別の業界にもメーカーが参入できるようになりました。それだけ競争は激化するので、その会社の強みを最大限理解し、稼ぐ力を最大化させないとすぐに淘汰されると思いますが、可能性は大きいでしょう。

 

<理系院生の就活事情>

メーカーはインターンが重要な会社とそうでない会社の2極化が激しいです。事前にOBの人に聞いておいた方がいいと思います。大体インターンが重要な会社はM1の2月頃から面接が始まり、3月上旬には内々定が出始めます。普通の企業でも4月に面接が始まり、4月に内々定がでることがほとんどです。(経団連によると6月面接解禁らしいですが、守っている企業を私はトヨタぐらいしか知りません…。)

 

売り手市場ということもあり、理系院生でメーカー就職を考えている人はかなり有利に就活を進められると思います。私自身、メーカーで不採用を頂いたことはありませんし、周りも大体大1志望に通っているようでした。よく教員の方が「研究に一生懸命取り組んでいれば就職は心配ありませんよ」みたいなことを言っていますね。私は始めの頃は「研究させたいがためのうたい文句」程度にしか受け取っていなかったのですが、その通りでした。研究に一生懸命取り組めば頑張り方が分かるので、専門性以外の力も間違いなく身につくと思います。

理系院生から見たインフラ業界のあれこれ

author : nacl   [ 一般 ]
2019.05.14 Tuesday 09:44 | - | trackbacks(0) | 

最近また暑くなってきましたね。私は暑さを我慢するくらいなら、エアコンをつけて、その分の電気代を稼いだ方がマシだと考える派なので、もうエアコンのスイッチを入れてしまいました。

 

こんにちは、電気電子情報工学専攻のnaclです。今回はインフラ業界について少しお話したいと思います。

 

インフラ会社とは、人々の生活を支えるライフラインを管理する会社のことで、電力・ガス・水道・鉄道・航空・高速道路・(最近では通信インフラもですね)などを管理するような会社です。元々国営だった企業も多く、今でも年功序列だったり、結構お役所体質だったりしますが、非常に安定しており、人気の業界だと思います。

 

ただ、最近インフラ業界は2つの問題を抱えており、成長する企業と衰退する企業の2極化が激しくなっている気がします。その問題とは、人口減及び寡占産業構造の崩壊です。

 

まず、1つ目の問題である人口減ですが、実際日本人口はここ最近連続で減少しています。インフラ産業は使ってもらう人が多ければ多いほどいいので、人口減は大きな問題となっています。実際に都心部を持つインフラ会社は非常に強く、地方で特に人口減が激しい箇所を持つインフラ会社は苦境に立たされています。

 

そして、2つ目の問題である寡占産業構造の崩壊については、まずインフラ会社の業界構造を知る必要があります。例えば関西電力を例に挙げると、関西で電力供給を行うのは関西電力だけなので、市場の競争原理が働きません。そこで、今までは関西の人は関西電力で必ず買うという構造があったために、関西電力が利益を上げることはメーカーなどと比べると難しいことではありませんでした。(勿論、安定した電力を年中無休で送電する必要があるため、やっている業務が簡単なんてことは全くないです!競争原理が働くか働かないかの違いです。)

一方で、最近では家庭用でも電力自由化が始まり、本格的に電力・ガスに市場原理が入ってくるようになりました。水道はまだそのような動きは出ていませんし、扱っているものが水なので早々自由化はしないでしょうが、分かりません。鉄道については、人口減により輸送だけでなく、輸送するための鉄道プラットフォーム(駅・車両・運行システムなど)を海外に売りに出そうという動きが大きく、グローバル競争にさらされることが予想されます。通信に至っては総務省のテコ入れがかなり大きく、今後は市場原理が働くかもしれません。しかし、それは裏を返せばチャンスでもあり、市場原理を上手く利用すれば企業として新たな成長が可能です。最近は安定の2文字はどこにもありませんし、むしろ年功序列感が無くなる分働きやすくなるのかもしれません。

 

このように、最近のインフラ業界は必ずしも安定という訳ではありません。ただ、やはり人々の生活になくてはならないものを支える仕事ですのでやりがいはかなり大きいと思います。鉄道が走っていて、その鉄道は自分が動かしているんだという気持ちが得られるのはこの業界ならではだと思います。ちなみにこの業界の選考は私は電力会社と鉄道会社しか受けてないので他は分かりませんが、人物重視なので面接が多い傾向があります。説明会には多く足を運び、より多くの社員の方に会って話を伺い、その会社が求める人物像と自分があっているかどうかを見極めた方がいいかもしれません。

 

 

サークル

author : バケット   [ 一般 ]
2019.05.09 Thursday 16:00 | - | trackbacks(0) | 

お久しぶりです!

応理2年のバケットです!

 

銀杏祭や10連休も終わり、いつも通り授業のある日が続いています。

この10連休私が何をしていたかというと10連休中7日間ぐらいはサークル活動をしていました。

 

私は大学では某ピアノサークルと某ロボット製作団体に所属しています。

所謂兼サーというやつです。今回は私が所属しているサークルについて書きたいと思います。

 

私の所属する某ピアノサークルは学祭や定期演奏会でピアノを演奏したり、部室に置いてあるピアノを自由に弾けたりするサークルです。🎹

ただ、その部室が豊中キャンパスにある(2年生以上の工学部は吹田キャンパスで授業を受けています)ということもあり、私はあまり部室には行かず最近はミーティングにも参加できていませんが学祭のときだけは参加しています。今回の銀杏祭でも弾いてきました!銀杏祭コンサートは集会室のような部屋で行われたのですが結構緊張しました💓

このサークルは落ち着いてるけど自由な雰囲気のサークルです。

 

もう一つ私は某ロボット製作団体にも所属しています。🛠

こちらはNHK学生ロボコンに出場するロボットを作るサークルです。

今年もビデオ審査を無事通過し5月26日のロボコンに出場予定です!

先ほど紹介したピアノサークルと比べ活動量が多く忙しいですが、私は適度にサボりながらマイペースに活動しています。活動場所には冷暖房も綺麗なトイレもキッチンもあり泊まり込みで作業する人もいます。私はまだ泊まったことはありませんが…

今年のロボコンのルールはロボットに4足歩行させろとのことなので、ここ半年ほど4足歩行ロボットを部内でよく見かけます。一方私はなぜか最近ロボットよりも木材工作を楽しんでいます笑

こちらは変人奇人の多いとても自由な雰囲気のサークルです!

 

阪大にはめちゃくちゃたくさんのサークルがあって大学公認団体だけでもいろいろあるし、それ以外にももっとたくさんの種類のサークルがあるので楽しいです!

 

それではまた〜

中間テストこそ気を抜かない...!!

author : ミッケ   [ 一般 ]
2019.05.07 Tuesday 21:14 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは!応用化学専攻 修士1年のミッケです。

長かったGWも遂に終わり、また平常運転ですね。

さて、1〜3回生は5月下旬(早ければ中旬)〜6月上旬にかけて、講義の中間テストがある!という方も多いでしょう(耳が痛い!という方、ごめんなさい...)。

そこで声を大にして言いたいのは、期末テストもあるしっ!と思って気を抜かないでほしい、ということです。
ここからはその理由をお伝えしていきます。
|羇屮謄好箸諒が点を取りやすい!
期末はほとんどの講義で実施されますが、中間はあるものとないものがあります。
つまり、テスト数としては中間の方が断然少ないのです。
立て続けに多くのテスト・レポートが重なる期末に、全てで思うような成績を収めるのは至難の業です(^^;
また中間の方が範囲が狭く、対策したことがテストに出やすいです。
∪績が悪くて後悔しないように!
他学科・コースについてはあまり詳しくありませんが、
少なくとも応用自然科学科・応用化学コース(通称応自・応化)では、2年連続で研究室配属の大部分を成績順に決めています(半分ほどをじゃんけんで決める年もあります)。
就職活動でも、あまりにも成績が悪すぎると指摘されることがあると聞きます。
成績が悪くて後悔することはあっても、良くて困ることはありません笑
いかがでしたでしょうか!

それではまたお会いしましょう('ω')ノ

令和がついに変換予測にでました

author : じゅんたろう   [ 一般 ]
2019.05.02 Thursday 09:53 | - | trackbacks(0) | 

令和元年

 

どうもじゅんたろうです。ついに始まりましたね、令和元年。じゅんたろうも新たなことに挑戦しようと思っていました。そんな矢先

 

アメリカ留学決定!!1か月、費用はなんと0円で!というのも、海洋工学を専攻している学生は、将来海洋開発を担う人物になることを期待されているため、あらゆる団体などが出資してくれるのです。選考に受かってよかったです。その留学のテーマは海底ガス油田などの掘削技術とリスクマネジメントです。実社会でも役立つ知識をどんどん吸収していこうと思います。

 

そんなこんなで、家族も大喜び。まあ家族は無料ということにしかよろこんでないようにも見えましたが笑。お祝い?に、家族で伊賀牛ランチを食べてきました。非常に美味しかったです。そして伊賀のテニスコートで2時間ほど汗を流して温泉に入り帰宅。充実しているGWですね。

 

さて、今日はどうやら大学祭みたいですが、GW明けの授業で必要な資料を作ってきます。研究所内でも出し物をするみたいですが、パシリされないように祈っています笑。では今日はこのへんで。

マテリアル科学実験

author : あーる   [ 一般 ]
2019.04.30 Tuesday 18:23 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは!あーるです。

 

今日は僕の専攻であるマテリアル科学コースの実験

について説明してみようと思います。

 

マテリアル科学コースでは5.6セメスターに

マテリアル科学実験とマテリアル創成工学

という名前で学生実験が開講されています。

 

名前は2つありますが、全部で8つのテーマを

1年間かけて実験していくことになるので

2つの実験に違いはありません。

 

1、2回生で物理学実験と電気工学実験をやってきましたが

この2つはどちらかというと工学部全体向けという感じで

なかなか専門外の範囲が多くて理解が難しかったのですが

マテリアルの実験は今自分が専攻としている分野のテーマ

だけで構成されているため勉強していることが繋がっていて

楽しいです。

また、背景の理解も自分の勉強につながるので去年まであまり

やる気のなかった実験レポートも頑張ってやろうという

気になります。

 

今はゴールデンウィーク明けに提出のレポートを書いている途中です。

ゴールデンウィークの後半にドタバタしたくないので

出来るだけ早く進めたいです笑

 

やっぱり自分の専攻の勉強は楽しいですし役に立つと思うと自然と

やる気にもなるのでコース選択は間違ってなかったなぁと思います。

 

1、2回生はまだコース選択などがある人もいると思うので

楽さだけではなく、興味のある方に進んでみるのがいいと思いますよ⭐

 

それでは平成最後のブログはここで終わります!

 | 1 / 187 PAGES | >>