阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんな事を考えているのか、など「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報をお求めの方は、
右のバナーの公式サイトや facebook、Instagram、Twitterをご参照下さい。

103万

author : Mt.Guchi   [ 一般 ]
2018.08.17 Friday 12:30 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは!電子情報工学科3年のMt.Guchiです。

今回は、大学生になってから思い知る、バイトの悩みを打ち明けたいと思います。

 

大学3年目の私は、塾講師からスポーツジムのスタッフ、そしてこのブログの執筆まで、様々な職種を経験してきました。

その中で、常に意識しなければならなかったこと。それは、「年収103万円を超えないように働く」ということです。

どういうことかというと、年収が103万円を超えてしまった場合、余分な税金がかかってしまう、というからくりです。

中途半端に104万円稼いでしまうと、税金で引かれてしまい、税金の為にタダ働きしたことになってしまいます。なので、大学生はアルバイトをする際、常にこのことを気にしながら働かなければなりません。

 

私が1・2年生の頃は、授業のコマ数が多く、夏休みや春休みにドカッと稼いでも70万円ほどしか貯まらなかったのですが、3年生前期になるとかなり授業が減り、水曜日に至っては全休、という時間割だったので、週4日、掛け持ちでバイトをしていました。

そのせいで、現時点で既に70万ほどの所得があり、この調子で働くと危ない、という状況となっています。

なので、今年の夏休みはお金を貯めずにジャンジャン使う、という、倹約家の自分にとっては酷なポリシーを掲げなければなりません。

 

The hardest thing in the world to understand is the income tax.

最後にどっかの偉人のセリフを放ち、今からバイトに行ってきます(ポカ)

テスト期間の振り返り…📃

author : すみっコ   [ 一般 ]
2018.08.13 Monday 19:18 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは!!

応自2回のすみっコです🐱

テスト勉強に追われており、

お久しぶりとなってしまいました🙃

 

2回生になって初めてのテスト期間だった訳ですが、

やっぱり1回生の頃とは違いましたね…。

一般教養や概論が多かった去年は

やっぱり内容的に広く浅く、という感じでした。

でも2回生になると専門的になります!

わたしは応用化学コースなので

無機化学、有機化学、化学工学、分析化学、、、、

と化学に関するものばかりになりました。

 

内容も盛りだくさんでひとつひとつが難しい!!

でも理解できると楽しさも感じました😌

それぞれの授業でかぶっていたり

関連していたりするのもおもしろかったです。

と少し強がってみましたが、

やはりテストは大変です…!笑

毎日電車の中でも教科書やノートを開き、

座れなくても必死で勉強しました🙁笑

そのかいあってかそれなりの手応えをもって

楽しい夏休みを始めております🌞🌴🌺🐠

 

わたしは化学が好きで選んでいるので

まだ頑張れましたが、やはり好きじゃないと

つらいものがあると思います。

 

高校生のみなさんはよく考えて、

志望大学や志望学部学科を決めてくださいね!

やりたい勉強じゃないと頑張れないです!!

 

1回生のみなさんもコース希望は

くれぐれも慎重に…( 'ω' )

 

それでは今回はこのへんで✋

夏休み!!

author : ゆる   [ 一般 ]
2018.08.11 Saturday 23:56 | - | trackbacks(0) | 

おひさしぶりです。

ゆるです!

 

みなさん元気に過ごされていますか。

なんと長い長い期末試験がやっと終わりを迎えました!!

 

解放感でいっぱいです。

 

待ちに待った夏休みですね!

みなさんはどんな計画を立てていますか。

 

受験生のみなさんは勉強1本の夏休みに嫌気がさしているでしょうか、それともやってやるぞというやる気に満ち溢れているでしょうか。

 

私が受験生のころは、夏休みの最初、やってやるぞーーーーうぉーーーーと叫ばんばかりに気合が入っていました。

 

ただ、その気合が長い2か月間も続くわけもなく、3日ほどで、ああ、疲れた…と思うようになっていました。

 

なんと短い…と自分でもあきれたものですが、それでもなんとか夏休みを乗り切れたのは、楽しい予定を立てていたからでした。

 

もちろんたくさん遊ぶなんてわけにはいかなかったのですが、夏休みで1日だけ浴衣を着て花火大会に行く予定を立てていました。

 

それがあるなら…と頑張れますよね!!

 

そんなこんなでなんとか乗り切った夏、今では良い思い出です。

 

勉強が思うようにできなかった日は落ち込むかもしれません。たくさん勉強した日は疲れ果てて、もう無理…と思うかもしれません。私も毎日そのような感じで病んでいました。

 

しかし終わってみると一つの良い思い出です。

 

本当にそのときは苦しいかもしれませんが、いつか終わりはきます。あとでこの苦しんだ経験が良い思い出になると信じて、耐えきってみてください。でも、本当にしんどいときは、休んだっていいんです。無理はしすぎないでくださいね。

 

それでは夏休み、応援しています。

8/9(木)阪大オープンキャンパス

author : nacl   [ 一般 ]
2018.08.07 Tuesday 11:41 | - | trackbacks(0) | 

最近甲子園が始まりましたね。あまり私は野球に明るくなかったのですが、研究室の野球好きの人たちに汚染され、気が付くと甲子園のネット中継にドはまりしています。

 

こんにちは、電気電子情報工学専攻のnaclです。

高校生の方はもうご存知かもしれませんが、明後日の8/9(木)は大阪大学のオープンキャンパスとなっております。

 

是非、参加して大学の雰囲気というものを体感してもらいたいのですが、実はオープンキャンパスは色々やっているのでただキャンパスを見て終わりだともったいないです!という訳で、阪大工学部のオープンキャンパスで見る・参加する方がいいところをお伝えします!

 

(1)学科ごとのイベント

私が高校生の頃はコンベンションセンターと呼ばれるところで全体説明を受けたのですが、最近は無くなっているようです。その代わり、最近は学科ごとに受付が存在し、実験などのイベントを用意しているようですね。ちなみに我が電子情報工学科では電磁気学を用いた実験を実際に行うようです。

 

(2)研究室見学

私は高校生の頃、これはやらなかったのですが、正直やっておいた方がいいです!大学での研究はどのようなものなのかを肌で感じることができると思います。研究室によっては実験をやらせてくれるところもあるので、興味のある領域の研究室には積極的に顔を出してみましょう。

 

(3)GIの相談会

GIとは、学生委員会の略で、受験生の方はお世話になる団体かと思います。GIはオープンキャンパスの時に相談会を行っており、学科の相談などにのってくれます。阪大には工学部と基礎工学部、そしてその中でも多くの学科があるため、高校生の段階だと何が違うのかよくわからないという人も多いのではないでしょうか。そんな時は是非GIに足を運んでみましょう!

 

(4)学食

大学に入ると毎日といっていいほど利用する学食は一回見ておいた方がいいです。阪大工学部はついこの間までは正直外部の方にお見せできるような学食ではなかったのですが、最近改装されて大きく環境が変わり、綺麗になっています。工学部には「ファミール」、「DonDon」、「キッチンBISHOKU」、「さわらび食堂」、「ラ・シェーナ」、「ミネルバ」と近くに6つの食堂が存在します。このうち、前の3つは生協食堂、「さわらび食堂」は普通の食堂、最後の2つは高級レストランです。ただ、高級といってもワンコインでランチが食べられたりするあたり、コスパはいいと思います。個人的には「キッチンBISHOKU」がおすすめです。

 

(5)理工学図書館

大学の定期試験の時にお世話になる場所です。静かな場所で、理工系の本が充実しているため、研究にも最適です。オープンキャンパス時には館内ツアーと講習会があります。また、ここではLS(ラーニングサポーター)と呼ばれる大学院生が進路相談・大学相談・資格試験等、広く相談に乗ってくれますので、是非足を運んでみてください!

 

高校生の方以外でも、オープンキャンパスには参加できます。グローバル研究拠点に認定されている阪大ですが、実際にどのような研究を行っているのかを一般の方に公開される機会は非常に少ないです。もしお時間が許せば足を運んでみてください!

 

院試勉強

author : じゅんたろう   [ 一般 ]
2018.08.06 Monday 17:28 | - | trackbacks(0) | 

じゅんたろうです。今はひたすら院試勉強に取り組んでいます。しんどいですねえ。今年は受験者数も増え、倍率もそこそこ高くなっています。あと2週間で終わると思えば、がんばれそうです。落ちたらどうしよう...と考えてもどうしようもないので、また今から勉強します。

試験が終わったら、念願の青森に行くつもりです。青森空港は、格安航空がないのでおそらく高くつくでしょう...場合によっては新幹線でいくかも?片道5時間のたびになるかもですねえ

あと長崎にも行くつもりです。これは純粋に、インターンシップとしていきます。現在の自分の研究に近いことを体験できるので楽しみです。では今回はこのくらいで。二週間後の結果にご期待ください...

大学の夏休み

author : バケット   [ 一般 ]
2018.08.05 Sunday 16:07 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは

大学生になって初めての夏休みを迎える

1年のバケットです

今回はこの夏休みについて書こうと思います

 

高校生だった頃の夏休みは7/21くらいにスタートで、

世間一般にも夏休みというものは7月下旬から8/31だと思うのですが、

大学の夏休みは一般的に8月上旬から9月末です

 

スケジュール上では、大阪大学の夏休みは8/7スタートなのですが、

実際には受けている授業の期末テストが終わり次第、

夏休みが始ます

きっちり8/7スタートではなく、

夏休みの始まる日は人それぞれといったかんじです

私の場合は、スケジュール通り8/7から夏休みです

 

ちなみに、

期末テストが終わればその授業はおしまいということが多いので、

テスト返しはない場合が多いです

つまり、自分の答えた答案が

永遠に自分のもとへ戻ってこないということです

このあたりも、中学や高校と違いますね

 

大学生の夏休みの予定と言えば、

留学

旅行

サークル

バイト

自動車教習所

というのが定番でしょうか

 

私の夏休みの予定もサークルや旅行などで

少しずつ埋まってきました

バイトはとりあえずイベントスタッフに応募しましたが、

サークルや旅行で忙しい私は

果たして面接やバイトに行けるのでしょうか…

 

教習所や留学も行きたかったのですが、

教習所にかかる費用(約30万程度)や、

海外で生きていくための語学力を

夏休みまでに用意できませんでした…(^_^;)

そのうち行けたら行きたいです

 

その他にも私の夏休みは、

基礎セミナー(希望者のみが受ける講義)や、

クラス研修としての工場見学(強制参加)

の予定が入ってます

それについても

また別の記事で詳しく書きたいと思ってます

 

宿題も受験勉強もない大学の夏休み、

楽しんでいきたいです

それでは、また(^o^)/

やっと\(^o^)/

author : Mt.Guchi   [ 一般 ]
2018.08.05 Sunday 00:08 | - | trackbacks(0) | 

皆さん、こんばんは!電子情報工学科3年のMt.Guchiです。

まずは私事でありますが、やっとこさ期末試験が終わりました!

※まだ終わっていない阪大生もいるので大声でははしゃげない

遅かれ早かれ、大学生はいよいよ待望の夏休み!無限の可能性を感じつつ、気づいたら終わるこのイベントをいかに有効活用するか……阪大3年目の腕の見せ所です。

今年はバイト・飲み会・旅行・勉強に加え、官公庁のインターンシップに2週間ほど参加させていただくことになりました!

実は私、一時期本気で学部卒業(大学院に行かない)を考えていたのですが、それは公務員試験を受けようと思っていたからなんです。3年生になってからは研究室見学の影響もあり、やはりせっかくなので大学院に進学して研究のいろはを吸収したい、という思いが強くなったのですが、それでも公務員という進路は選択肢の中に残っています。

そこで、文系の方々と同じようにこの時期にその業界を覗き見しておきたい、ということで応募したところ、無事採用されました!

ということで、9月前半は電車に揺られながら受験生の努力を横目に、官公庁の雰囲気を存分に味わってきます!

 

ではでは、今回は文字も小さく記事も短いですが。

おやすみなさいZzz

インドネシアでの学会参加

author : かず   [ 一般 ]
2018.07.31 Tuesday 23:58 | - | trackbacks(0) | 

どうも、知能・機能創成工学専攻のかずです。

最近更新をおろそかにしてすみません。

 

私は博士後期課程の学生ということもあり、修士のときと比べ学会で発表する機会が増えました。

今月は3件の発表を行いましたが、その中でも国際学会へ参加した感想を書こうと思います。

 

今月はインドネシアのジョグジャカルタで開催された電磁力・機械の応用を中心とした会議に参加しました。

インドネシアは赤道付近にある南国なのでとても暑いイメージがありますが、今の時期は湿度がなく、日陰に入れば涼しく感じます。

日差しは日本よりも強く感じますが、湿度の高い日本に比べればとても過ごしやすかったです。

また、ジョグジャカルタには世界遺産が二つあり、観光もとても楽しかったです。

ジョグジャカルタの世界遺産の一つ「プランバナン」

 

英語は苦手意識を持っているため、海外発表ではいつも入念に準備して挑みます。

どのような質問にもわかりやすく答えられるよう、想定される質問には付録を用意し、付録だけで相当数のスライドになってしまいます。

心配しすぎかもしれませんが、しっかり用意していたので安心して発表に挑めました。

本番では少し詰まってしまったところもありましたが無事発表を終え、同行していた教授にも確実に上手になっているとほめてもらえました。

学会では学生用の優秀論文章を受賞し、自身の研究,英語に少し自信が持て、とても有意義な学会となりました。

 

まだまだ英語に苦手意識はありますが、今後もチャレンジしていきたいと思います。

 

英語に苦手意識があって国際学会に行きたくないと思っている方、しっかりと準備していけば何とかなります。

ぜひ積極的に国際学会に参加し、いろいろな文化の方と交流し、世界の研究をその目で見てみてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

それではまた。

 

七帝戦

author : あーる   [ 一般 ]
2018.07.31 Tuesday 20:23 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは。あーるです。

皆さんテストの調子はいかがでしょうか??

僕は2回生になって初のテストの難しさにコテンパンにやられています……

日頃からやらないと間に合いませんね…いつも思うけどなかなか実践できない…

後期はこんなことにならないように頑張ります。笑

 

さて、僕は運動系の部活に所属しているのですが、この間七帝戦で北海道に行ってきました!

七帝戦とは、北海道大学、東北大学、東京大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、九州大学の7校(旧帝国大学)で争う大学対抗戦で、各種目ごとの順位で点数が決まりトータルの種目の点数が最も高いところが優勝というものです。

まぁ自分の部活として何位だったかしか気にしていないので、去年の総合優勝校もどこが強いのかもよくわかりませんが…笑

そして、開催地が毎年移動していき、今年は北海道大学が主管だったので北海道に行けました。

しかし、、、こんな時期なもので勉強は忙しいので試合だけして帰ってきました…泣

せっかく行ったので色々食べたりしたかったのですが叶いませんでした…次こそ食べに行きたい!

来年は九州大学が主管です。生まれも育ちも大阪なのでどこ行くにしても楽しみです。

今は受験生でも来年には九州で大阪大学の名前を背負って戦っているかもしれませんね!

部活は大学では大変なので少数派ですが、得られるものがとても大きいです。

部活、いいですよ。(テストめっちゃ忙しいけど)

それではまたテスト勉強してきます。今日はこの辺で失礼します。

交通事故

author : nacl   [ 一般 ]
2018.07.31 Tuesday 09:57 | - | trackbacks(0) | 

地震が起きたり、雨が降り続いたり、台風が変な進路で直撃したり…最近の大阪はツイてないですね。

皆さんこんにちは、電気電子情報工学専攻のnaclです。

皆さんは「青天の霹靂」ということわざをご存知ですか?思いがけず起こった衝撃的なことに対して用いられるのですが、かくいう私もついこの間に青天の霹靂の出来事がありました。

そう…交通事故です。私は自転車に乗っていたのですが、自転車は大破、相手側の車も一部破損という状況でした。私が直進で相手側が右折してきた際に事故に遭ったので、巻き込まれるような形で事故に遭ったので災難でした。私自身も決して無事という訳ではなく、頭を打ち、鎖骨を骨折し、左半身全体に打ち身と擦り傷ができました。

おかげさまで左手が使えないために上手く勉強できずテストはボロボロ、8月上旬に行くはずだった初の海外での学会もキャンセルせざるを得ない状況になりました。

本当に気を付けていても、車道は私だけが走っているわけではないので事故に巻き込まれることも時にはあるかと思います。ただ、事故に遭う時期は選べないので「なぜこの忙しい時に…」というのが本音です。

皆さんも交通事故には気を付けてください。特に、忙しい時ほど事故の影響が大きくなるので、忙しくて頭が一杯になっていても、通学・通勤の際には必ず周囲に気を払うようにしましょう。

 | 1 / 169 PAGES | >>