阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんな事を考えているのか、など「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報をお求めの方は、
右のバナーの公式サイトや facebook、Instagram、Twitterをご参照下さい。

企業の理工系女子を取り巻く環境

author : ミッケ   [ 一般 ]
2019.12.05 Thursday 14:10 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは!応用化学専攻 修士1年のミッケです。

 

このブログの読者のみなさんの中には、理工系女子の方もたくさんいることでしょう。

吹田キャンパスの工学部エリアの女子比率も、年々増えているように感じます。

そこで今回はそんな女子たちへ向けて、大学(院)卒業後民間企業に就職した際の環境についてお話していきます!

(※キャリアとしては、もちろん研究者として大学に残る、官公庁に就職するなどもあります。しかし今回は、就職活動で見てきた民間企業に限ってお話しさせて頂きますm(__)m)

 

〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・

 

”働く女性”と言って思い浮かぶのは妊娠・出産・育児等のライフイベントがあるということでしょうか。

少なくとも、私が出会った企業は産休・育休制度や時短勤務・フレックスタイム制(出社・退社時間がある程度自由)、在宅勤務制度等が整っている企業が多かったです。

阪大はもちろん、ある程度の大学に入っておけばそのような企業と出会える・入社できる可能性も高いです。

 

最近では、男性でも女性と同じようにそのような制度を利用するケースも多いです。

妊娠・出産・育児等のライフイベントはもはや女性だけのものではないという雰囲気が、社会的に浸透しきっていると強く感じます。

 

男性・女性に限らず結婚や子供を持つことに興味がないという人は、あまり関係ないなと思うかもしれません。

しかし、企業がそのようなことに配慮するのは、社員に対して働きやすい職場を提供しようとしている、社会貢献しようとしている(子供を持ったら辞めざるを得なかったら、少子化不可避ですよね)姿勢の現れだと思うので、やはり要チェックポイントです。

 

 

ということで、受験生の皆さんは安心して受験勉強を続けていってください!

 

それではまたお会いしましょう(・ω・)ノ

 

🐻阪大の単位は大阪湾に沈んで

author : その他   [ 一般 ]
2019.12.04 Wednesday 18:16 | - | trackbacks(0) | 

大丈夫。安心してください。沈んでないですよ。

ただ、海水面に浮いてるわけではないので、ある程度は潜りましょう😇

 

申し遅れました、皆さんこんにちは👧🏻工学部応用理工学科1回生のぱすかる🐻です🙌🏻

 

第15回投稿の今回は、関西の都市伝説について書こうと思います。

 

 

皆さんは、

京大は単位が降ってくる、、

神大は単位が落ちている、、、

阪大は単位が大阪湾に沈んでる、、、

というような都市伝説を聞いたことがありますか?

(降ってくる場所、落ちてるところが、色々書いてあるパターンもありますが、、、)

 

私は、高校生の時は知りませんでしたが。浪人してから、予備校で耳にしたことがあります👂🏻

割と関西の方なら知ってる人も多いのではないでしょうか。

 

この都市伝説、簡単に言うと、京大と神大は単位取りやすいけど、阪大は取りにくいってことを意味しています。

 

さて、この都市伝説。私的には嘘です。

 

私は水泳が得意な方ではないので、潜るのもたいしてできませんが。

潜るほど頑張らなくてもフル単(フルで単位を取ること)できています。

 

ただまぁ、今の所の話ではあるので。もしかしたら回生が上がると難しくなるのかもしれませんが😨

また、京都や神戸に比べたら取りにくいのは事実かもしれませんが😅

(京都に関しては、京大の人ってやっぱり地頭いい人が多いのでそんな頑張らんでも理解できるって面があるのかもしれないですが、)

単位が取りやすい⇒そんな勉強しなくていい

でも、何しに難関国公立に受かったのか。

勉強するため。

だったらやっぱり、ちゃんと勉強した人にだけ単位を与えるほうが良い。

って私は思います。

 

 

他大生になることは出来ないので簡単に言い切れる事ではありませんが。

阪大は努力が認められやすい学校、努力がちゃんと反映される学校だと思います。

受験に関しても、単位に関しても。

 

 

だから、難関大行きたいけど阪大はレベル高くて無理😣って、思ってるような高1や高2の人には、頑張ってほしいなと、思います。

 

阪大は努力でいけます。なんとかなります。

 

人生でたった3年しかない高校生活をエンジョイしながら、勉強のほうもコツコツ頑張ってくださいね🙌🏻

 

それでは、また次回投稿でお会いしましょう!

このご時世だからこそ併願

author : Mt.Guchi   [ 一般 ]
2019.11.30 Saturday 22:58 | - | trackbacks(0) | 

こんばんは!電子情報工学科4年のMt.Guchiです.

 

今日は朝から夕方まで計6時間塾でアルバイトをしたあと,研究内容の原稿を3時間以上ぶっ続けで書いていたので,かなり疲れています.にもかかわらず,明日は琵琶湖の北まで車を運転することになっています.だいぶやばいですね.いい加減寝ないと,最近忙しくて連日睡眠時間が四捨五入して0にならないあたりなので,そろそろやばいです.今日はちゃんと寝ます.

 

今日は若干受験の話をしたいと思っています.

受験生の皆さんは,どこの大学を目指そうか,今まさに悩みつつも期待に胸を膨らませながら勉強している最中だと思います.

現役合格を狙っている受験生の中には,それこそこの大学と心中するぜ,という究極の志望校を決めている方もいらっしゃるかもしれません.つまり志望校専願.つまり4年前の僕ですね.

今となっては一発勝負で現役合格を果たせた,などと武勇伝を吹聴できる僕ですが,正直塾講師の僕自身が生徒に対して一発勝負を勧めたことはまずありませんし,もしタイムスリップできるのであれば,私立や国立中期・後期などの併願をしなかった当時の受験生時代の僕をブン殴ってやりたいです.絶対よくないです.

たしかに受験料はかかるかもしれないし,現実的には親御さんとの相談が不可欠なのは間違いありません.それに,第一志望に合格することは間違いなく大事だし,浮気は二兎追う者になりかねないのでよくない,という噂も聞きます.ですが,それでも併願を僕は皆さんにおススメしておきます.センター試験は今年限りで終わり,入試制度がガラッと変わることもあって,浪人するとなるとこれまた別種の苦労が皆さんを待ち構えているに違いありません.特にシステムがコロコロ変わろうとしている新入試制度に,皆さんが首を突っ込むとなるとかなりややこしいことになりそうです.

 

今年は状況が状況ということもあるので,少し高い買い物かもしれませんが,私立大学等のいわば保険を買っておいてもいいのではないでしょうか.なくて困ることはあっても,あって困ることはないのですから,人生の将来の選択肢の1つや2つは万が一のために残しておきましょう.(おわり)

ドイツクリスマスマーケット

author : その他   [ 一般 ]
2019.11.30 Saturday 21:08 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは!環エネ1回生の佐原です。今回は昨日行った梅田スカイビルのドイツクリスマスマーケットについてです!

 

ドイツクリスマスマーケットとは、梅田スカイビルで行われるドイツのクリスマスを体験しよう!という催しです。

リンクは公式HPです(https://www.skybldg.co.jp/event/xmas/01/)。

 

 

昨日こと金曜日は本来基礎物理学実験なのですが、予備日(天災対策でしょうか)で実験がありませんでした!学科の同期は髪を切りに行ったり、奈良へサイクリングに行ったり(サークルだそうです)、伏見稲荷大社にご参拝したりしたそうです。

そんな中私は、部室でコーヒーを豆から淹れて掃除をしていました!最近部室にコーヒーサーバー等コーヒーセット一式が導入され豆から淹れる楽しさを知りました。ミルで豆を挽いている時、いい香りがしていっとう好きです。お昼ご飯を買って部室で食べるのが私の中で最近のプチ流行です。あと部室が汚いので備品整理を兼ねて掃除しました。年末の大掃除で苦労したくないので…(そもそも大掃除をするのか疑問ですが)。

 

3,4限が急遽休講になってお昼寝する同期を起こしてから梅田へ。豊中キャンパスは阪急宝塚線の石橋阪大前駅が最寄りなので梅田まで急行で15分ほどで行けます。近いですね。吹田キャンパスからだと阪急千里線の北千里駅から30分ほどでしょうか。

他大学の友人と待ち合わせてスカイビルへ。見慣れぬ巨大ツリーが出迎えてくれました。

大きい!

 

ツリーにわくわくしながらお店を回りました。第二外国語がドイツ語なので読める単語があちらこちらに見受けられて嬉しかったです。去年と違い成人しているのでアルコール入りの普通のワインを注文。浪人の強みですね(?)

カップは持ち帰れるそうです。毎年柄が変わるそうなので来年も行こうかなあ。友人はソーセージも注文。

お目当てのグリューワインはスパイスが利いていてとても風味豊かでした。

 

その後、近況報告を兼ねて夕食を摂り、帰りました。

 

同学科や同学部の友人は勿論のこと、他学科や他大学の友人がいるとと面白いですよ!所属する学科の特徴が色々聞けて楽しいです。私は理学部生物学科の友人に生物を教えてもらったりしています。物理選択なので生物は高校範囲で止まっており必修の生物が難しいです笑。

 

以上、昨日の日記でした!次回か次々回あたりに模試やセンター試験について書こうと思います!

〜僕が応用理工学科を選ぶまで〜

author : あーる   [ 一般 ]
2019.11.30 Saturday 18:09 | - | trackbacks(0) | 

 

こんにちは。マテリアル科学コース3回生のあーるです!いい話題を思いついたので前回の更新からまもないですが書いていきたいと思います!

 

紅葉シーズンかと思いきや、いつのまにかニュースでは初雪の話題を目にするようになり、もう冬かと驚いてしまいます。朝や夜に外に出る時は手袋が必須です。

 

さてさて今回は僕がこの応用理工学科を選んだきっかけとなるものを書いていきます。

 

僕は現在、工学部応用理工学科マテリアル生産科学科目マテリアルコースの3回生にあたるわけですが、高3の初め頃はまだ学部さえも決められていませんでした。高2から高3にかけて、大阪で生まれ育った身として、実家から通える大阪大学に行きたいという気持ちはなんとなくなありました。しかし、行きたい学部というのをどう決めていいのかわからず、中学生の時に友達と話していた「薬剤師は給料いいらしいで」というほんとかどうかもわからない話を鵜呑みにして薬学部をなんとなく希望していました。また、阪大の薬学部の説明会に友達と参加したことがあるのですが、その際に特別行きたいという気持ちは芽生えなかったのでそこまで薬学部に拘りませんでした。

 

そして高3の夏に工学部向けのオープンキャンパスに参加しいろいろな場所を見てたくさんの資料をもらいました。選択肢が多すぎたので家帰ってからたくさん読み漁りました。結局ここがいいとは決められなかったのですが、その時の収穫は「こんなとこやここ、それかここでもいい!」といういろんなやりたいことが見つかったということです。工学部と一括りにされていますが、それぞれの学科やコースでやっていることがあまりにも違うので、工学部に行けばなにかやりたいことに出会えるだろうと思い工学部を志望しました。(この時、基礎工学部は名前に基礎がついていたのでなんとなくピンとこなかったのと、吹田キャンパスの方が家に近かったのでやめました笑)

 

さらに志望を絞っていって、最終的に応用自然科学科と応用理工学科の2つが自分には合っているなという結論に至りました。この2つは本当に受験直前まで迷いました。僕は高校まで化学が大の得意で好きだったため、応用自然の応用化学に行きたい気持ちもありました。しかし、これもなんとなくですが、目に見えるものを作りたいという気持ちもあり、物理は苦手でしたが応用理工もどうしても外せませんでした。その結果、後者の気持ちが少しだけ上回り第一希望を応用理工、第二希望を応用自然として出願することに決めました。

 

2016年度入学試験受験結果は、、、

どちらも不合格でした\(^o^)/

 

前年の応用自然の最低点ならギリギリ、けれども絶対超えてる自信があったのでなんとか受かったかどうかと思っていましたが、応用自然のB配点の最低ラインが爆上がりしててギリギリ落ちていました。あれはすごくショックでしたが、浪人の末、応用理工学科には余裕で入ることができ、苦手だった物理も1年間で得意教科にまで変えることができたので浪人も無駄ではなかったと思います。

 

結果として応用理工に入れたわけですが、入ってからも機械かマテでまたもやめちゃくちゃ悩みましたがそれについてはまたいつかの機会に書こうと思います。

 

それでは。

紅葉見に行こうよう

author : その他   [ 一般 ]
2019.11.30 Saturday 10:20 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは!
工学部応用理工学科機械工学科目四年生のジャッキです。

寒くなったな〜夏が終わるな〜と思っていたらいつの間にか11月も終わりそうです。
はやすぎて焦りますね。そろそろセンター出願とかですか?
大学四年生はそろそろ卒論も考えなきゃな〜〜って感じです。

テストはありません。そこだけが幸せです。
工学部はだいたい卒論書くんですが、文系の学部や学校によっては書かないところもあるので、インスタでは毎日楽しそうな投稿を見かけます…うらやましい…


ところでみなさんはインスタグラムはやってますか?
インスタグラムやってる方もやってない方も阪大の公式アカウントはご存知でしょうか。
https://instagram.com/osakauniversity?igshid=urw13msc3quu

 

これがなかなか良い投稿ばかりなんですよね。
最近はキャンパスが真っ赤にそまって、圧倒的な"映え"ですね。
自分もこのなかにあっても相応しい写真を撮りたくて頑張ってみました。

こちらは、秋晴れ!写っているのはU1棟です。

吹田の建物はほとんどアルファベット+数字で表されますが、アルファベットの意味はよくわかりません(笑)

Uはuniversity説が有力です。
U1棟は工学部の教務だったり、学割を印刷するところだったり、全学科の人が利用するようなところです。
ちなみに、阪大(卒)YouTuberの動画にもこの建物が出てきたことがあります。

ちゃんと阪大コラボの動画です。

探してみてください。

そしてこちらはM1棟前の紅葉!!
機械系の事務室があります。

建物は結構新しそうで綺麗です。

そしてこちらは学食どんどん&ファミールの前です。

奥に見えるのはU3棟です。

広い教室で、最初に応用理工学科全員で集まって説明会を受けたりしました。

そして最後はライバル豊中キャンパスです。

いちょう祭でメインストリートとなるだけのことはあります。綺麗ですね。

いちょう祭は5月開催なので全然黄色くないんですが。

 


紅葉って見て「良い!」って思っても写真撮ったらいまいちなことが多いです。

ボツにした写真が何枚もあります…
実際のキャンパスの景色は写真よりもきれいなので、来年は是非大阪大学へ紅葉狩りに(笑)
今年は風も強くなってきたし雨も降ったしでそろそろ見頃は終わりですかね。
ちなみに、先ほど阪大公式について書きましたが、大阪大学工学部の公式アカウントもあるのでそちらも是非チェックしてみてください!!

👇👇👇👇👇👇👇👇

https://instagram.com/engineering_osakauniversity?igshid=2ien2p2ayf5a

👆👆👆👆👆👆👆👆
それではこのあたりで!

 | 1 / 337 PAGES | >>