阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんなことを考えているのか、など、「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報をお求めの方は、右のバナーの公式ページをご参照下さい。

卒業式

author : みき   [ 一般 ]
2017.03.23 Thursday 18:30 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは。

応用自然科学の4回生、みきです。

 

先日はタイトルの通り、卒業式でした。

少し自慢をさせていただくと.... 

私は4年間頑張ったかいがあってか、楠本賞を取れたので、卒業式で表彰されました!

賞状とメダルをもらいました。

形として努力が残るってやっぱり嬉しいですね。

私のことを嫌っている人がSNSにて、私に対する侮辱と取れることを書き込んでいる人もいましたが.... それよりもずっとたくさんの方々に誉めてもらえて嬉しかったです!!

 

来年以降も大阪大学に大学院進学して研究を進めて行くのですが、これからも頑張ろう。と思いました。

 

卒業式に話を戻しますが、式には袴を着ている方が結構いました。着物とかが好きな私は見ているだけで楽しかったです(^-^)

ちなみに私もレンタルですが、袴を着ていました。歩きにくいけど普段はできない体験なので、よかったです。(でも今は筋肉痛です(笑))

 

卒業して、大学院に進学する人、就職する人など様々な友達がいますが就職する友達は遠くに行く人が多く、会えなくなると思うと寂しいです。

この残りわずかな春休みでその人たちに会いたいと思います!

 

では、今回はこのくらいで。

Choosing classes

author : monmon   [ 一般 ]
2017.03.22 Wednesday 01:21 | - | trackbacks(0) | 

Hi guys! Monmon here :)

 

Today's topic will be choosing classes!

Well everytime I want to choose class I always got confused and wonder which class is better 

One thing we must consider is what the classes are about and are we interested in it or not. However many times we got interested in too many subjects that makes us confused!

The thing I always do is check the syllabus and check about how they will give you the score lol! Well that's true because it is annoying if it 100% test #cries#

Another thing to consider is the time! Some classes are too early some are too late or you'll get some free times , etc. We must consider our habits!

 

Well, that's all for now! TTFN!

工学部生の生息地

author : nacl   [ 一般 ]
2017.03.16 Thursday 10:30 | - | trackbacks(0) | 

最近、研究室にはリクルートスーツに身を包んだ先輩が多くなってきました。そんな先輩を眺めつつ、就活の大変さをしみじみと感じさせられています。まあ、僕もたまにスーツ着て先輩たちと一緒に説明会に行くのですが(笑)

こんにちは、電情3回のnaclです。

大学前期の合格発表も終わり、晴れて阪大工学部に入学されるという方はおめでとうございます。

さて、阪大に入学された方で下宿するという方が現在直面している問題が下宿先探しではないでしょうか。確か僕は前も下宿先についてお話させてもらったことがあるのですが、今回も下宿先について少しお話させていただきたいと思います。新1回生の人は参考にしてもらえればと思います。

まず、大前提として工学部生は1回生の内は豊中で授業を受けて、2回生以降は吹田で授業を受けることになります。それを踏まえて下宿先を探さなければいけません。では、工学部生に人気な下宿先を少しご紹介したいと思います。

1. 石橋・蛍池・柴原(豊中キャンパス周辺)

このあたりに住むメリットとしては、1回生の時キャンパスに近いということです。僕も1回生の時は柴原近くに住んでいました。また、家賃が安めです。といっても共益費込みで4万後半が相場でしょうか。南向きがいいとか、セパレートがいいとか、拘るともっと高くなりますけどね(笑)。デメリットとしては2回生に上がるときに引っ越しが必要なことでしょうか。ただ、サークルの活動の中心が豊中なので、サークルをやっている人は豊中に残る人も多いです。僕としては1回生の時は豊中周辺に住むことをお勧めします。梅田までのアクセスもいいですし、1回生の内は専門の勉強以外で色々身に着けたほうがいいと思うからです。吹田は専門の勉強をしたり、研究したりするのには最適の場所ですが、「遊び」がありません。

2. 小野原・阪大東口・山田(吹田キャンパス周辺)

このあたりに住むメリットとしては、2回生に上がるときに引っ越しが必要ないということです。家賃は普通だと思いますが、小野原は新興住宅地のためか少し高めです。共益費込みで5万5千円くらいが相場でしょうか。研究室に入ってからの話ににはなりますが、大学と下宿先は絶対に近いほうがいいです。ブラックホワイト問わず、自身の活動拠点と休息拠点が離れているのはストレスが溜まりますしね。ただ、1回生の頃からここに住んでしまうと学内連絡バスで豊中に通うことになり、終バスなどで豊中での活動が制限されます。せっかくの1回生で過ごせる時間ですから友人と飲みに行ったりできる時間を通学に費やすのは非常にもったいないです。僕はあまりお勧めできません。

3. 千里中央(両キャンパスの真ん中)

このあたりに住むメリットとしては、両キャンパスにアクセスしやすいです。逆に言えば、両キャンパスから絶妙に遠いです…。しかし、商業施設も多く大抵のことが家の近くで済みます。また、梅田や難波にアクセスしやすいです。家賃も思ったほど高くはないです。僕は今千里中央に下宿しているのですが、共益費込みで4万6千円です。正直、柴原で済んでいたころより家賃は安いです。梅田に頻繁に行くという方、部活などで休日(学内連絡バスが動いていない)に両キャンパスに用があるという方にはお勧めです。ただ、本当に両キャンパスから「絶妙に」遠いです(笑)。

他、変わり種としては「淡路」に住んでいる人もいます。家賃相場がすごく安いらしいです。その人は共益費込みで2万8千円と言っていました。安く住みたいという方は是非。「茨木」に住んでいる人もいます。吹田キャンパスから少し離れますが、梅田や京都へのアクセスがいいです。また、家賃相場も小野原とかと比べると少し安めです。千里中央の北部(御堂筋線の延線区間)に住んでいる人もいます。家賃相場がここも低いみたいです。

まあ、色々住むところはありますが1つアドバイスをしておくと「拘りすぎない」ことです。自分の希望のすべてを満たす物件などまずありません!自分の希望の6割くらいを満たす物件が色々物件を回ってみて考えると実は一番良かったりします。新入生の皆さんが楽しい学生生活を送れることを祈っております。では今回はこの辺で。

近況報告

author : umatugaku   [ 一般 ]
2017.03.15 Wednesday 14:11 | - | trackbacks(0) | 

どうもお久しぶりです。応用自然科学科精密科学コースのumatugakuです。10泊11日の宮崎合宿も無事終えることができました。宮崎合宿は練習がハードだったので、体重を落とすことが目標だったのですが、宿舎のご飯が美味しすぎて、体重を落とすどころか2kg増量してしまい、自分の太りやすい体質に絶望しました。そういえば、合宿期間中に単位発表があったのですが、僕は4セメスター15コマ履修していたのですが、14コマ分単位を取得することが出来ました。これで卒業するのに必要な単位にだいぶゆとりが出来たので、3年の時間割は2年ほど忙しくないので、だいぶゆとりをもって学生生活を過ごせそうです。単位を取れて1番嬉しかった授業がプログラミングの授業です。3セメスターのプログラミングの授業は単位を落としてしまったので、4セメスターのプログラミングは受験勉強ぐらい猛勉強をして、成績的にはあまりよくないのですが、単位を取得することができました。僕の周りの野球部の人は大抵の人は単位をおおむね取れているのですが、中には10コマ落胆した人がいたりしたので、やっぱり勉強は地道に頑張っておかないとなぁと思いました。本日はこれで失礼いたします。

 

 

3月の研究室

author : 谷口   [ 一般 ]
2017.03.15 Wednesday 13:23 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは.

生命先端工学専攻M1の谷口です.

 

3月も中旬,いよいよ後半に入りました.

B4(学部4年)やM2(修士2年)は無事に卒論 or 修論発表を終え,追いコンの幹事の役割も果たし,今は旅行に行ったり,実家に帰省したりしていて研究室を休みがちになります.さらに,M1も3月から就活が解禁となり,研究室を休みがちになります.というわけで,3月の研究室はあまり人がいません.

 

ただ,当該研究室のM1は6人ですが,私を含めて3人がドクターコース(博士後期課程)への進学を希望しており,就活をしていません.半分の人がドクターコースに進学するなんて,多いですよね.笑

 

理系職に就きたいならば博士前期課程に進学することは当然となっていますが,さらに世界相手に働くことや大企業で出世していくにはドクターコースを卒業して博士号を取得することが有利に働きます.

大阪大学工学部では9割が大学院前期課程に進学し,そのうち1割が後期課程に進学します.後期課程では学費面の補助も厚くなりますし,興味のある人はぜひ調べてみてください.

 

ではでは.入学や進級の準備,がんばってください.楽しみですね.

 

 

言語処理学会第23回年次大会:Conference in Tsukuba

author : krisnadiputra   [ 一般 ]
2017.03.15 Wednesday 10:38 | - | trackbacks(0) | 

Hello! This may be my last post or one before the last one. Now I am in The 23rd of Annual Conference of The Association for Natural Language Processing in Tsukuba and going to present my work today with title "Performance of
Japanese-to-Indonesian Translation on Different Models".

 

I want to say many thanks to MEXT, Osaka University, my professors, my families (especially my parents), and all my friends for supporting me to finish my bachelor degree and letting me to present my work here. I am really happy and thankful for this opportunity. 

 

See you again!

 | 1 / 230 PAGES | >>