阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんな事を考えているのか、など「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報をお求めの方は、
右のバナーの公式サイトや facebook、Instagram、Twitterをご参照下さい。

塾講師から 〜4STEPだけで受かる?〜

author : Mt.Guchi   [ 一般 ]
2018.12.10 Monday 10:36 | - | trackbacks(0) | 

おはようございます!電子情報工学科3年のMt.Guchiです。

今回は、昨夜に引き続き、塾講師3年目に突入した私が思う、受験数学の真髄をもう一つご紹介したいと思います。

 

☆4STEPだけで受かる?

皆さん、4STEP問題集をご存知でしょうか?これはいわゆる教科書傍用問題集というもので、ページの厚みはそこまでありません。その中には各単元の基本問題から発展問題までが敷き詰められているものの、チャート式などの参考書に比べると遥かにボリュームが少ないように思えます。

さて、この問題集について、私が受験生の頃にお世話になっていたチューターさん(奈県医 医学科)がこう言いました。

『いろんな参考書やってきたけど、結局教科書4STEP完璧にしたら合格点は取れるよ』

この話をされて、当時受験生だった私は当然耳を疑いました。周りの皆はプラチカやら一対一を何冊もやっているのに、これだけでいけるんすか!!そう思いました。

具体的にその真意をチューターさんから聞くことはせずに受験生活を終えましたが、阪大入学後もこのチューターさんの真意をずっと考え続けていました。ですが、塾講師3年目のこの時期、生徒の志望校の過去問を解いているうちに、だんだんと気付き始めたことがあります。それは、受験数学に閃きは必要ない、ということです。つまり、どの入試問題も、よくよく見れば4STEPに掲載されている問題の解法と同様の式変形をしているに過ぎないのです。中には閃きが必要な問題もあるかもしれませんが、それを解かずとも合格最低点くらいは優にとれますよ。

その代わり、どの大学も手を替え品を替え問題を出してくるので、その都度解法を頭から引っ張り出してこなければなりません。その引っ張り出す能力は、一朝一夕で身につくものではなく、同じ解法を何度も何度も反復して覚えることで初めて実践でも使えるようになるのです。その練習を、同じ問題で何度も繰り返すのが4STEP、別の問題で何度も繰り返すのがプラチカや一対一だと考えればよいのです。ただ、キャッチボールと同じで、誰と練習するのかということより、その練習回数が重要なわけです。そこで、参考書をたくさん買うくらいなら、4STEPだけ何度もやっておけばいいんじゃないか、ということになります。

一方、この方法で数学を勉強する際は、「なぜここでこの公式、定理、式変形をするのか」ということをいちいち考えてほしいと思います。先述の通り、どの解法も閃きの天才にしかできないわけではなく、何か目的があるはずです。例えば、対数をとる意味。肩の数字が邪魔でこれ以上式変形が出来ないから、しゃーなし対数をとって肩の数字を前に出すことで、式変形を進めることができるんですよね。

どの式変形にもそれなりに目的や意図が隠されているのですが、これが多くの解答には書かれていない!(笑) なぜなら印刷代がかさむから!(たぶん)だからこそ、そこは自分で考えたり、先生に質問したりして、なるべく自然な流れで問題を解けるようにしておくことが重要です。

 

今日も朝からよくしゃべりました。今から浪人生に英語教えてきます。<おわり>

塾講師から 〜受験数学は経路検索〜

author : Mt.Guchi   [ 一般 ]
2018.12.09 Sunday 22:20 | - | trackbacks(0) | 

こんばんは!電子情報工学科3年のMt.Guchiです。

あっという間にもう12月!まもなくガキ使の時期ではありませんか…

そして、私の塾講師生活も3年目。もう要領を掴んでいるので、予習せずとも指導が出来るようになり、かつ生徒が詰まるところもある程度予測できるようになりました。そこで今回は、塾講師を通じて学んだ受験数学の真髄を、今後の投稿でいくつかご紹介したいと思います。参考にしていただければ幸いなり。

 

☆受験数学は経路検索

明日の朝10時に、梅田で友達と待ち合わせするとしましょう。あなたは明日、いつ家を出発しますか?

まずはおそらく、スマホで電車の経路検索アプリを立ち上げて、梅田に10時に着くように設定してダイヤを検索すると思います。そして、いくつかの候補から時間と運賃をもとに経路を決定するはずです。

私は、この流れが受験数学にもそっくり当てはまるように思えるのです。

たとえば、このような場合の数の問題。

Q. 1, 2, 3, 4, 5と書かれたカードがそれぞれ1枚ずつある。この中から3枚を選んで3桁の数を作る場合の数を求めよ。

この問題。その気になれば樹形図を描き尽くすことで答えは必ず出ます。ほれ。

 

ですがこれ、ツッコミどころ満載ですよね。

 

樹形図は確かに万能かもしれません。ですが、人間の集中力とペンの耐久力を考慮すると、この方法が得策であるとは言えないでしょう。その代わり、人間は知恵を働かせて、これを5×4×3=60通り と瞬時に求めることができますから、ミスしづらく計算時間も削減できる後者を選んで解く人が多いのです。

電車でいえば、天王寺から梅田まで行くのに、和歌山・奈良・滋賀・京都を経由して迂回するようなものです。本来、地下鉄御堂筋線を使えば15分ほどで行けるにもかかわらず、他府県を跨いで8時間以上かけて迂回するのはあまりにも非効率ですよね。

このように、その気になれば解ける技術(樹形図や計算ゴリ押し)ももちろん必要ではありますが、受験数学で最も重要なのは、自分にとって最適な解法をその都度見出すことです。電車の経路を選ぶように、複数の解法がいくつか存在するなかで、どの解法が最適かを見極めることが受験数学の要です。それが出来なければ、限られた試験時間でミスなく解き切ることは難しいでしょう。

その解法は、何も模範解答のような美しい方法である必要はありません。結局は解ければいいのですから。目的地に達することが出来れば誰も文句は言いません。だから、最短距離の解法Aと、少し回り道の解法Bがあったときに、もし自分が解法Bの方が得意なのであれば、急がば回れで迷わず解法Bで解けばいいのです。模範解答は印刷の都合上、分量の少ない解法Aのみを載せているかもしれませんが、何もこの解法でなければダメという訳ではありません。

つまり、真の正解は模範解答通りの解法ではなく、時間やミスの可能性を考慮したうえで、自分にとって解きやすい解法であるということです。自分の感性を大切に、1つでも多くの問題を入試本番で解き明かしてくれることを祈っています。

 

次回もお楽しみに!ほならば。<おわり>

冬の思い出

author : ハセ@46kuma   [ 一般 ]
2018.12.08 Saturday 20:17 | - | trackbacks(0) | 

ブログを読んでくださっている皆さん、こんにちは。久しぶりのブログ投稿で何を書こうか迷いに迷った挙句、2年前のことを思い出したのでそれを書こうと思った、まさしく言葉通り「単純な男」なハセです。

 

いやあ、12月入って最初のうちはまだ暖かいなと思っていたのに、突然寒くなってしまい、冬服を急いで用意することになってしまったのが最近のどうでもいいニュースでしょうか。冬服と言えば、僕としては2年前のことを思い出したりします。僕は阪大に入る一年前は浪人生をしていたわけですが、浪人生は高校生と違って私服で生活する人がほとんどです。いや、むしろ私服以外のもの着ている浪人生がいるなら会ってみたいところですが。スーツ着て浪人生活したらどんな感じなんでしょうね。絶対しませんけど。さてさて、話を戻して、2年前の浪人生の僕は、当時服に対して無頓着ではなく、むしろ自分の私服がどのようなものなのか気にしていたほうでした。別に流行に合わせようというつもりは一切ないのですが、ダサくないかとか、季節感なさすぎたりしないかとか、結構気にしながら服選びをしていました。思えば、初めて一人で服を買いに行ったのも、初めてオンラインで服を買ったのも、浪人時代のことでした。今思い出すと懐かしいですね。高校時代は部活の忙しさもあって、冬服とか結構適当というか、数も持っていませんでした。浪人時代に悩んだことTOP3の一つが冬服でしたね。まったくと言っていいほど冬用の私服がなかったので。(回想終わり)

 

ちなみに、浪人時代の悩んだことTOP3は、

・冬服の選び方や購入

・高校時代の友達とのかかわり方

・大学に入ってから彼女ができるのか(工学部の電情なので・・・お察しください)

 

といったところです。勉強の面ではあまり悩むことはありませんでしたね。そもそもなやむくらいならやればええやん。ってくらいの、よく言えばポジティブシンキング、悪く言えば脳筋の持ち主だったので。むしろ、当時は勉強を楽しんでできていた気がします。(今がどうかは言いません。)

 

さて、もう今年も終わりです。受験生の皆さんは迫りくるセンター試験と二次試験に向けて、体調崩さないように、しっかり食べて適度に運動して、全力を尽くせるように準備していってください。

それではこのへんで。ダスビダーニャ。

シミュレーション(シュミレーションと発音してしまう)

author : じゅんたろう   [ 一般 ]
2018.12.05 Wednesday 11:42 | - | trackbacks(0) | 

どうもじゅんたろうです。そろそろ卒業研究も見通しが立ってきて、面白い状況です。研究の合間をぬって旅行に行っています。(土日は基本われわれは研究室に行く必要はありません)最近だと、淡路島、和歌山に行ってきました。淡路島では玉ねぎバーガー、和歌山ではとれとれ市場で海鮮を食べてきました。とっても楽しかったですね。

 

さて、今回はシミュレーションについてお話ししようと思います。シミュレーションのメリットは皆さんご存知ですか?

それはズバリ、コスト面ですね。たとえば僕の扱うタングステンは、非常に高価なものです。それをもしパソコン上である程度の結果を予測できたら、無駄な実験をする手間を省けます。結果として、コストカットにつながりますね。

あとは、実験の必要性を相手(たとえば共同研究先や、専門外の先生方)に説明するときに使用します。僕の場合であれば、もし××ワットのレーザ溶接機を開発すればこれだけの優れた結果が得られます、と説明できますね。そしてこの説明が修士論文へのつながりを示すのです。

 

こんな感じでしょうか?僕のもともとの専攻は船舶海洋工学なので、あまりシミュレーションには詳しくないので結構苦労しています。また、場合によってはプログラミングも勉強し直さないといけない状況ですね。皆さん、大学では幅広く勉強しましょう笑。では今日はこのへんで。

応用化学コース オープンラボについて!

author : ミッケ   [ 一般 ]
2018.12.03 Monday 18:59 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは!応用自然科学科 応用化学コース4年のミッケです。

 

大学3年生で理系のみなさんは、そろそろ来年度の研究室選びについて本腰を入れて考え始める頃でしょうか?1, 2年生のみなさんも、いつかは必ずする“選択”ですね。

そこで今回は、私が所属する応用自然科学科 応用化学コースのオープンラボについてお話していきます。受験生のみなさんは、大学に入ったらこんなんがあるんや〜と想像を膨らませて頂ければと思います(^^)

 

 

1、オープンラボとは?

 

次の年度の4月から研究室に配属になる3年生(学年は学科・コースによります)が、各研究室に見学に行ける期間のことです。毎年、1月中旬〜2月上旬にかけて行われます。

  

2、大まかなスケジュール

 

<1日目>

〜午前〜

全体で、各研究室の先生方(または学生)が2分間ずつ研究室の概要を説明。

研究室訪問(1つ目)(全員参加。研究室は指定済。)

研究室訪問(2つ目)(全員参加。研究室は指定済。)

----お昼休憩----

〜午後〜

研究室訪問(3つ目)(任意参加。行く研究室は自分で決められます。)

研究室訪問(4つ目)(任意参加。行く研究室は自分で決められます。)

 

<2日目以降>

したい人は、個人的にアポを取って訪問。

 

3、各研究室の訪問では何をするのか??

 

それぞれの研究室によりますが、

 

先生が研究内容を紹介

学生(主に4年生)が研究室生活について紹介

3年生からの質問タイム&学生とのフリートーク(先生がいたら言えないあんなこと、こんなことも聞けちゃう?!)

 

という流れが多かったです。

 

4、おわりに

 

せっかくの機会なので、気になる研究室はできる限り訪問しておいた方がいいと思います。私は全部で6つ訪問させてもらいました。回数を重ねるほど、自分への向き不向きもわかってきます。

 

 

いかがでしたでしょうか?

それではまたお会いしましょう(^^)/

工学部でも英語は必須!

author : daigo   [ 一般 ]
2018.12.03 Monday 12:45 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは、昨日に引き続き連続で投稿させてもらいます。

今日は英語について書こうと思います!

 

工学部では数学、物理、化学が得意な人が多くいると思いますが、英語が嫌いな人は少なくないかも知れません。

僕自身最初はあまり好きではありませんでした。

 

しかし、工学部でも英語から逃げ続けることはできません。例えば大学院試験ではTOEICのスコアが求められます。最低でも600700点は求められます。

また、就職の際にも求められてきます。

 

例えば、

  • サムスン
  • パナソニック
  • 野村ホールディングス
  • NTTコミュニケーションズ
  • LG
  • 住友不動産
  • 野村不動産

といった企業では、採用基準として800点以上を求めています。採用時に必須ではなくても、昇進や海外勤務のためには必要となってくるケースも少なくはありません。

 

今回は、企業か求めるTOEICスコアの基準について書きました。もちろん企業側が求めるTOEICスコアは、業種、職種によって異なり、高いTOEICのスコアを取得しているからといって、必ずしも行きたい会社に就職できるとは限りません。

しかし、面接でTOEICスコアが話題に出され、「英語が話せます」というと印象はいいと思います。

皆さんも是非目標をスコアを掲げ、達成に向けて頑張ってください!

 | 1 / 296 PAGES | >>