阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんな事を考えているのか、など「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報をお求めの方は、
右のバナーの公式サイトや facebook、Instagram、Twitterをご参照下さい。

超絶怒涛の夏休み

author : その他   [ 一般 ]
2019.10.10 Thursday 16:28 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは,電子情報工学科3年のながおです.早期配属の人です.

今回は,9月に行ってきたゼミ旅行(研究室旅行)について紹介しようと思います.

 

ゼミ旅行,とは言っても目的は親睦を深めることなので,一般的な旅行と変わりません.

今回行ったのは淡路島で,1泊2日の旅行でした.

スケジュールとしては初日に研究成果発表とゴルフ,夜はレクリエーションがあり,2日目は主に観光,といった感じです.

 

そうです

 

「研究成果発表」があるのです!!!!!!!!!!!!!

 

研究成果を発表するということはつまり,

・研究を行い,今までの進捗と展望を具体的なデータを用いて話すこと

・行っている研究を,全く知らない人に1から説明すること

が必要になります.

ぼくは8,9月の2か月間,それこそ土日以外は研究室に通い詰め,何とか形にできました(無理やり形にしました).

特に,今年研究室入りしたばかりで知識の浅い状態で(研究分野などにおいて)学んだことを用いてさらに発展させていくというのはかなりきつかったですね.正直休みたかったです.今も休みたいですけど.

 

ただこれを終えると,自分が今どのあたりにいるのか,何ができそうなのかがしっかりとわかるので,無駄ではなかったかな,とは思います.論文を書く目途も立ちました(大きい).

 

これは早期配属性に限らず,四年生で配属された人も変わらないと思います.むしろ1年早く入りながら先陣を切って研究をガンガン進めるのは完全にアドですね.「研究に励みたい!」という人にとって,ゼミ旅行で発表するのはとてもいい機会です.ぜひ頑張ってください.

 

(これは余談ですが,頑張れば「休みたかったなぁ」と思うし,頑張らないと普通に焦るので,どっちにしろ満足いかないことに最近気づきました  それなら頑張った方が結果出る分ましですね...)

夏休み旅行紹介

author : その他   [ 一般 ]
2019.10.10 Thursday 10:55 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは。工学部応用理工学科4年生のはなです。

気が付けば新学期が始まりました。夏休み期間は閑散としていた食堂もお昼休みには賑わっています。

 

夏休み気分もまだ少し抜けないので今日は私がここ半年以内に行ってきた国について書こうかなと思います。この半年は旅行や海外研修、留学を含め4カ国の国に行きました。今日は旅行で行った二カ国について紹介してみます!

 

〜イタリア〜

 今年の春休みにずっと行ってみたかったイタリア! 10日間でイタリアを上の方から真ん中付近を縦断しました。本場のピザ、パスタは絶品でサイズもびっくりするほど大きかったです。イタリア人は男性女性関係なくかなりの大きさのピザを一人で一枚全部食べていて驚きました。(ちなみに私たちは二人で1.5枚が限界でホテルに持ち帰ったりしていました。)行った場所でとても印象に残ったのは3か所あってまずはバチカン市国のバチカン美術館、火山灰に埋もれた町ポンペイ、かわいい住居が多いアルベロベッロ。バチカン美術館は本当に広くて見どころがたくさんあります。ただいろんな外人の方にチケットの押し売りなどがあるので十分に注意してください。また写真映えスポットがたくさんあるので旅の思い出はたくさん残せますよ!

 

〜ベトナム〜

 留学生の友人に物価が安くご飯がおいしいからといってすすめられたベトナム。今回は中部の都市ホイアン、ダナンに行きました。ホイアンはナイトマーケットがとても雰囲気があって素敵な町でランタンがほんとに綺麗!いろんな人に親切にしてもらい近所のリーズナブルでおいしいレストランなどを教えてもらったりベトナム語はほんとにわからないので文明の利器google先生に手伝ってもらったりと言葉が通じないという旅の醍醐味を味わうことができました。リゾート地のダナンは海鮮特にエビがおいしかったです。また海が遠浅の海で泳ぐのが苦手な私でもほんとに楽しくて、貝殻集めとかもできます!海外でリーズナブルにリゾートを楽しむならおすすめですよ!

 

最後に海外に行く前にやっておくとおすすめなことを紹介しときます。

・携帯をSIMフリーにしてSIMカードを変えられるようにしておく

  Wi-fiを借りるのも手ですが持ち歩く荷物が重くなったり期間が長いとSIMカードの方がおすすめです。

 ・行く国で使われている言葉を少し勉強しておこう!

   ありがとう。おいしい。○○はどこですか?だけでも聞けたら現地の人と仲良くなれるチャンスが増えますよ!

 

思いついたことをつらつらと書きましたが読んでもらえると嬉しいです。

出は今日はこの辺りで。

リニューアルオープン

author : その他   [ 一般 ]
2019.10.09 Wednesday 08:52 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは。応用理工学科機械工学科目四回生のジャッキです。

 


大学生は10月から新学期です。
9月は夏休みを満喫しすぎて更新を忘れてしまいました。
研究室に配属されたあとは結構夏休みが(少)なくなることが多いですが、勝手に長期休暇取りました(笑)
院試も無事終われたのでこれぐらい許してほしいと思う反面、卒論大丈夫かなと不安な気持ちもあります。10月からは頑張ります。


院試合格したので、ちょいちょい院試情報もはさんでいこうと思います。
院試の方式は学科、コースによってそれぞれ違います。

自分が受ける可能性があるところははやめにチェックしておくべきです。

機械は、三回生の時点で成績上位10%(取得単位数も関係ある)が優先配属といって先に研究室を選べます。優先配属になった人たちは学部卒業後、同じ研究室にいくことを条件に院試が免除になります。

残念ながら優先配属になれなかった残りは話し合いという名のじゃんけん大会になります。
各希望の研究室ごとに決め方は考えて良いので、成績順でもじゃんけんでもあみだでもなんでもアリです。でも大体じゃんけんな気がします。
じゃんけん組の進学希望者は8月末にある院試を受けます。外部の人も受けに来ます。
院試のときにまた改めて第10希望まで研究室の希望を出し、今度は成績順で配属が決まります。
じゃんけんで負けたひとが院試で下克上してくることはよくあります。配属されたい研究室が人気な場合は気合いいれて勉強するしかないです。


話は変わりますが、先週ぐらいから(学校いってなかったので時期は確かではない)生協コンビニがリニューアルしました!やったー!



これまで最大の難点が10時からしかあかないことでしたが、なんと8時からオープンに!
"どちらかというと朝派"からすると嬉しい限りです。
増税にともなってポイントキャッシュバックもあるので常連になりそうです。
写真はきれいになったことがちょっとわかりにくいコンビニです。大人気頭脳グミもたくさん!

 

それでは今日はこのあたりで!

iPhone 11

author : Mt.Guchi   [ 一般 ]
2019.10.05 Saturday 09:37 | - | trackbacks(0) | 

おはようございます!電子情報工学科4年のMt.Guchiです。

本日は消費税が上がる直前に衝動買いしてしまった、携帯電話の購入に関するエピソードとなりまーす!

 

衝動買いといいましたが、実は私の使っていたスマホには複雑な歴史があります。

まず、大学入学以来、事情があって私はスマホを2台持ちしておりました。1つはイオンモバイルで契約した格安SIMの入った富士通のARROWS。通話と月1GBで毎月1280円という極貧生活を送ってきました。そして、もう1つが7年前、僕が高1の頃に買ってもらったiPhone 5!こちらはとっくの昔にキャリアとの契約が終了していましたが、Wi-Fiだけで音楽や写真、動画を楽しんでいました。

 

携帯を使い分けながらいかに安く抑えるか、ドケチな性格が滲み溢れ出る生活を長年営んできましたが、とうとう先月、僕が7年間愛用してきたiPhone 5の画面が剥がれたと同時にカメラのレンズが濁りだして。笑 最初は分解して直そうと思ったのですが(これでも電情)、iPhoneの分解には特殊なドライバーが必要で、それをAmazonで買うのに1000円。正直それなら新しいiPhoneを買って、2台持ちを卒業した方がQOLが上がるのでは?と思った私は、増税前の9月28日の夜にApple公式サイトからiPhone 11 イエローを注文し、9月30日に新作のiPhone 11をゲットしたのです。

 

iPhone 5 → 11と、6学年飛び級した気分で高揚しておりますが、やっぱりすごいですね最新は。画面が大きいことが最初はとても不安でしたが、気づいたらもう慣れた笑 顔認証でパスワードの代わりとなるFace IDでは、マスクをしていると反応しないことを私自身が学習し、最近iPhoneを開ける際、無意識に顔の筋肉を巧みに使って鼻の下までマスクを下せるようになりました笑

 

さて、このiPhone 11ですが、実はまだ端末を買っただけで、SIMカードは用意しておりません。そこで、今から格安SIMサイトをネットサーフィンして、どの会社のSIMが自分にとって合っているか、吟味したいと思います。

 

今日も一日頑張るでぇ<おわり>

私は欅坂、日向坂のPVが好き🐻

author : その他   [ 一般 ]
2019.10.04 Friday 20:08 | - | trackbacks(0) | 

皆さんこんにちは🐣工学部応用理工学科1回生のパスカルです🐻

 

突然ですが、皆さんはYouTube見ますか?

スマホ開いたら、インスタか、ティックトックか、YouTube!みたいな人も多いんじゃ無いかと思います。(高3、高卒の人は全部消す事をオススメします😅)

 

ちなみに私は、インストールしてると勉強の邪魔になるので、入れてません笑

でも時々パソコンで、メイク動画見たり、dTVの公開してるドラマ見たり、アイドルのPV見たりします。

そう、PV!

プロモーションビデオ、略してPV。

 

PVといえば、皆さんは阪大工学部にPVが存在するのをご存知でしょうか。

 

YouTubeで探して見てもらっても良いのですが、正直このビデオ、阪大工学部の魅力が全然伝わらないビデオです!

だいぶ古いですしね。

 

大学の先生方もこのままではダメだ、と、思ったのでしょう。

 

この度、PVを新しく作ることになったそうで👏🏻

 

その参考にする為に、先日、(私を含む)阪大生6人と先生を混じえた座談会が行われました。

 

受験生の時、どんな情報が欲しかった?

志望校探しに、どんな媒体を使った?

なんで阪大工学部を選んだの?

大学に入ってから、何が分からなくて困った?

のような質問をされ、皆の話を聞き、スッカリ気分は新入生になりました☺

そういえば、高校と大学って全然違うよなー。高校生の時に知りたかったことってなんだったっけなー。と、色んなことを考えました。

 

 

というわけで、次回からはもっと大学の基本的な情報や、阪大の魅力をお伝えしていきますね🙌

 

ではまた、次回投稿でお会いしましょう!🐻

受験生の子、秋は踏ん張り時だよ!がんばれ!!

スイスに居て感じたこと

author : nacl   [ 一般 ]
2019.10.04 Friday 18:19 | - | trackbacks(0) | 

少しずつ涼しくなってきて、もう秋かなぁと思いたいのですが、たまに暑くなるのでなんだかなぁと思ってしまいます。

 

こんにちは、電気電子情報工学専攻のnaclです。

 

大学生は8-9月が長期休暇なのですが、私の場合は8月に頑張って論文を書いて、9月に思い切ってスイスに旅行に行ってきました。スイスは涼しく、じめじめした日本に帰ってきた瞬間にスイスに帰りたい…!と思ってしまいました。

 

スイスを旅行してみて、少し感じたことがありますので、今回はそれをお話したいと思います。

 

(1)スイスの物価の高さ!!

スイスはすごく物価が高いです。ハンバーガー1個で300円します。ビックマックセットを頼もうものなら、日本ではそこそこいい居酒屋でお腹いっぱいになるレベルの値段を要求されます。裏を返せば、スイスは日本よりもらっている給料が多いのです。日本の生産性が上がらないだとか、経済が停滞しているだとか…色々言われますが、日本に住んでいるとあまり感じないのも事実です。ただ、スイスに行ってみると、やっぱり日本は給料が少ないのかなぁ…と感じてしまいました。

 

(2)都会のはずなのに、すごくのどか!!

スイスの都会といえば、チューリッヒとジュネーヴが有名です。特にジュネーヴには、世界最大の円形型加速器を持つCERNがあるので、私みたいな物理マニアには近しい存在かもしれません…。ただ、どちらも東京のように人がわさわさいるというよりかは、仙台や札幌など、都会なんだけどのどかな印象が漂っていました。でも、電車は17両編成で来るので満員電車などもなく…非常に快適でした。勿論東京のような都市ならではの魅力もあるのですが、私はこちらの雰囲気の方が好きですね〜。

 

(3)非常にフランク!!

日本は「おもてなしの心」と言われるように、優しい人が多いとされてますが、かといって自分から率先して話しかけて困りごとを尋ねる人は少ないのではと思います。一方スイスは、困ってそうだと大体誰かが話しかけてくれます。日本人は世界的に見てシャイな民族なのだなぁと思いました。

 

これ以外にも色々考えましたが、結論としては、スイス住みたいなぁ…と思いました。スイスは観光地も多くあるのでマッターホルンなどアルプス山脈にも行ってきました。日本とは全く違う景色で本当に良かったです。

 

海外が苦手、ずっと日本にいたい!と思っている人もいるかもしれませんが、海外に出ることで分かる日本の良さ・悪さもあるかと思いますので、是非行ってみてください。

 

 | 1 / 326 PAGES | >>