阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんなことを考えているのか、など、「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報をお求めの方は、右のバナーの公式ページをご参照下さい。

受験生

author : ptep   [ 一般 ]
2017.01.16 Monday 17:20 | - | trackbacks(0) | 

みなさんこんにちは、電情二年のptepです!

 

いつの間にかあけましておめでとうございますなんていう時期はさっさと?通り過ぎてしまいましたね、テストの足音が近づくばかりです。

 

調べてみたら一応15日くらいまでがあけましておめでとうが許される時期みたいです、つまり今日は16日なので滑り込みアウトってことですね (笑)

 

さて、先日はセンター試験でしたが今年は雪が凄かったようですね、というか凄かったですね。

ということで今年の受験生は雪が一つの思い出になったのではないかと勝手に思っていますが、今日は僕の思い出を少し話そうかなーと思います。

 

当時から阪大工学部志望だったので、国語は失敗できない!という気持ちで臨んだところ、緊張なのか武者震いなのか国語が始まって数分は本当に手が震えていました。

ああ、人間が本当に震える時ってこんな感じなんだ、とか思っていました(笑)

そんなわけで本当に大丈夫かと思いながら解いていたのですが、なんと僕の隣の人が開始20分で突っ伏して寝始めてしまいました (笑)

今から思えば国語が受験にいらない?もしくはそこまで重要じゃない人だったのかもしれませんが、その瞬間は「え、この人こんなに早く終わって大丈夫なのか」と自分のことも忘れて勝手に人の心配をしていたことを覚えています。

 

さて、そんな話はどうでもよくて、おそらくこのサイトを閲覧される方の中には受験生もいるとおもうので、今回は皆さんへのエールをもって締めさせていただきたいと思います。頑張ってください!

 

 

 

 

どうせだめならやってみよう

author : じゅんたろう   [ 一般 ]
2017.01.15 Sunday 21:18 | - | trackbacks(0) | 

センター試験お疲れさまでした。雪と寒さで、最悪のコンディションの中、よく頑張りましたね。今日はゆっくり休んでくださいね。

 

今日は僕の受験の体験談を語ろうと思います。実は僕は阪大工学部を受けようとは、ほとんど思っていませんでした。僕の第一志望は、神戸大学海事科学部で、船乗りになるつもりでした。それに至った経緯は省略するとして、僕の受験の道のりを見ていただきましょう

 

センター試験前日、高校の隣にあるお寺で、合格祈願をしてみんなで「明日がんばろー!」と楽しく話していたら、なんだか気分が悪くなってきたのです。最初は「緊張かな?」と思っていたのですが、京都駅内で「ゲボっ」なんとノロウイルスにかかってしまいました。もう浪人決定だな、と思っていました。追試験という選択肢もありましたが、難易度は上がるし、さらに二次試験の勉強を始めたかったので、即座に却下しました。とりあえず家に帰ると、なんと兄貴が家に残っていてくれて、看病をしてもらいました。メンタルは崩壊していました。兄貴に「もう受験終わったわ」と話しました。すると兄貴は、

 

「どうせダメならやってみろよ」

 

ミスチルの「旅人」のワンフレーズっぽいアドバイス。もう吹っ切れました。前回のブログで、センター試験前日はこたつでゴロゴロしてた、と書きましたが、実はノロウイルスでゲボゲボしてた、というのが正確なところですね(笑)。もともとセンター試験前日に勉強する気はなかったので、これでよかった??のでしょう。

 

そしてセンター試験当日。水分をとると下痢しそうだったので、アクエリアスをちびちび飲みながらべっこう飴を食べる。とりあえず糖分があれば大丈夫だろう。そしてセンター試験開始

 

ふたを開けてみると、80パーセントある。奇跡でしたね、なんせ国語に関しては過去最高得点(それでも144点でしたが泣)。ここで思ったのは

 

「割り切るってのは大事だなあ」

 

でした。もうがむしゃらにマークを埋めていったので、全く緊張しなかったです。割り切るってのは、本当に大事です。

 

結局、二次試験も「どうせだめならやってみよう」のスタンスで、前期阪大、後期神大で特攻しました。阪大はセンターリサーチではD判定、かつ過去問はあまり解けない。でも全然焦りはなかったです。センター試験を終えて、メンタルが強くなりました。そして毎日「旅人」を寝る前に熱唱して、心を落ち着かせました(近隣の皆様、ご迷惑をおかけしました)。

皆さんの判定はED? 全然いいじゃん!割り切ってみろよ!どうせだめならやってみよう!!!以上です。受験生がんばれ!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=XbUFEfbv-qE

 

Happy new year!!

author : monmon   [ 一般 ]
2017.01.14 Saturday 01:21 | - | trackbacks(0) | 

Long time no see! monmon here! Long time no see~~

 

First of all, happy new year all!

 

We in OU got a winter holiday from 27th December to 5th January, and most of my Japanese friends went back to their hometown and spent time with their families.

In Japan, they usually watch a music tv-show called Kohaku (紅白歌合戦)and after that, they go for a hatsumoude (初詣)or new year pray in a temple and also do see the first new year sunrise (初日の出)

They also have a special food called osechi, which is a special food they always eat in the new year.

 

Another recent event here is the seijinnohi (成人の日, coming of the age day), where people who turned (or will turn) 20 in that year (actually an academic year based, from April to March next year) are coming to a ceremony where they wear pretty clothes and hear some speech. Actually this is like a legal age ceremony, lol, I mean they are allowed to drink alcohol, etc when they turned 20 so this is quite a big event I think.

 

That's all for today! See ya!

明けましておめでとうございます

author : umatugaku   [ 一般 ]
2017.01.13 Friday 18:11 | - | trackbacks(0) | 

明けましておめでとうございます。2017年もどうぞよろしくお願いいたします。umatugakuです。受験生のみなさんは明日センター試験ですね。大学生のぼくは期末試験にむけて勉強をしています。わかっていたことなんですけど、やっぱり阪大の理系は学業が大変ですね。最近量子力学という科目を勉強しているのですが、量子力学には、解析力学の知識が必要で、解析力学には、線形代数学と微分積分の知識が必要で…。といった感じでテスト期間がくるたびに大学に入ってからの勉強を復習しているかんじになっております。ふだんから勉強をコツコツ頑張っていればこんなことにはならないんですけど、部活をやっていると、部活に必要なお金を稼がなくてはならないので、バイトを頑張らなくてはならないので、そうすると勉強する時間がなくなるんですよねぇ。正直しんどい生活ですが、受験のときに味わったストレスと比べると、全然ましだし、充実感もあるので、テスト勉強を頑張りたいと思います。受験生のみなさんもファイト!!

あけましておめでとうございます。

author : nacl   [ 一般 ]
2017.01.10 Tuesday 15:27 | - | trackbacks(0) | 

今年は大晦日夜で放射冷却が起こったため元旦は全国的にきれいな初日の出が見られたそうです。しかし、北陸では曇りマークが出ていたのでちょっと残念でしたね…。僕の地元の香川では綺麗な初日の出を見ることができました。地元の友人とサンポートという海辺で見たのですが、友人が初日の出に興味なさ過ぎて少し残念でしたがね…

 

改めまして、あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いしますm(__)m。電情3回のnaclです。

 

そういえば初詣に関しては僕も地元ではまあまあ有名な八栗寺で初詣をしてきました。皆が大吉とか小吉を当てている中で、僕のおみくじは凶でした。今年は院試とか色々大変なのでいい運勢のやつが出てほしかったのですが、まあそううまくはいかないようです。

 

僕の今年の目標はTOEFLでいい点数を出すことと、部活を引退したせいでなまけ気味の体から脱却するため筋トレを日課にしていきたいことと、院試をしっかりパスしていくことです。

 

では。皆さんも今年の目標を決めて頑張ってくださいね。

量子科学(4):量子力学はSF的サイエンス

author : A.Mizunoawa   [ 一般 ]
2017.01.09 Monday 16:00 | - | trackbacks(0) | 

新年明けましておめでとうございます。応化2回生のA.Mizunoawaです。

高3生はいよいよセンター試験まであと数日ですね。結果はどうあれ悔いの残らないよう、やれるだけのことをやって本番に挑んでください。でも、体調管理は怠らずに。いくら学力をつけたところで当日風邪をひいては全く意味がありませんからね。

さて、ということで新年早々でなんですが前回の記事の続きになります。未読の方はこちらから読み進めてください。

ここまでの話は全てミクロの世界の話なので、実感が湧きづらく「正しいのか間違っているのか」さえはっきりしないように感じられるかもしれません。しかし、もしこれがマクロの世界にまで拡張されたのなら明らかにおかしいのではないだろうか──そう考えたコペンハーゲン解釈反対論者がシュレディンガーであり、その主張がSF・オカルト界隈で激烈な知名度を誇る「シュレディンガーの猫のパラドックス」という思考実験です。

(ちなみにこれは完全な余談ですが、「量子力学といえばシュレディンガーの猫」という連想から、我らが電子の歌姫は「ねこみみは量子力学♪」と歌っているのだと個人的には思っています。その後の「宇宙は11次元」うんぬんというフレーズも、古典力学と量子力学を同じ枠組みによって記述しようと試みる「超弦理論」に関係するワードですね。……いやー、本当、ものすごく余談ですが)

まず、放射性ラジウムを箱に入れます。放射性測定器を青酸ガス発生機に接続し、猫と一緒に箱に入れて蓋をします。ラジウムが一定時間の間にアルファ崩壊して粒子を放出する可能性が50%だとすれば、青酸ガスが発生して猫が死亡する可能性もまた50%であり、反対に猫が生きたままである可能性も50%になります(注釈:繰り返しますがこれは「思考実験」であり、実際に行ったというわけではありませんのでご安心ください)。

ミクロな世界にあるラジウムという量子に対してコペンハーゲン解釈を適用するならば、マクロな世界にある猫もまたコペンハーゲン解釈的に考えることになるので、観測する前の箱の中身は生きている猫という可能性と死んでいる猫という可能性が半分ずつ混在していることになります。そして、箱を開けて中身を確認した瞬間、その可能性がいずれか一方に収束し、そこで初めて猫の生死が確定することになります。

常識的に考えれば、箱の中身を確認する前から猫は死んでいれば死んでいるのだろうし、生きていれば生きているのだろうと考えられますから、コペンハーゲン解釈は不自然ということになる、というわけです。猫という物体は古典力学のルールに則ったマクロな物体のはずですから「量子力学に固有の考え方であるはずのコペンハーゲン解釈を猫に適用する」のは間違っていることになるんですね。

このように、アインシュタインやシュレディンガー(シュレディンガーは量子力学の基礎である「シュレディンガー方程式」を考え出したひとでもあります)といった重鎮でさえ猛反発したコペンハーゲン解釈は、正しい考え方なのでしょうか? ……実は、その答えはいまだに良くわかっていません。この考え方がもっとも有力な説ではありますが、完全に正しいと断定することはできていないのが実情のようです。

ちなみに、SF的には(もしかしたらフィクションではなく現実なのかもしれませんが!)猫の生死が収束したのは他でもない人間の意識が観測したからだとする「意思説」や、人間もまたコペンハーゲン解釈の内にあって「生きた猫を観測する人間の可能性」と「死んだ猫を観測する人間の可能性」が重ね合わせの状態にあるのだとする「エヴェレット多世界解釈(厳密に言えばSFとして扱いやすいのは多世界というより平行世界ではありますが)」などに話が広がっていきます。タイムトラベル系の作品ではお馴染みの世界観ですね。

それでは、今回はこの辺で。See you again!

 | 1 / 224 PAGES | >>