阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんなことを考えているのか、など、「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報をお求めの方は、右のバナーの公式ページをご参照下さい。

大学院入学試験,お疲れ様でした。

author : その他   [ 一般 ]
2016.08.30 Tuesday 09:40 | - | trackbacks(0) | 

おはようございます。

工学研究科教務課のまっちょです。

 

学部生のみなさま,試験お疲れ様でした。

 

さて,合格発表日の誤解がないように念のため

ブログを更新させていただきます。

 

発表日は9月2日(金)の午後2時です。

http://www.eng.osaka-u.ac.jp/ja/entrance/g_admissions.html

フライングには御注意ください。

入試・留学生係掲示板( GSE コモンイースト棟横)でも

合格を掲示します。
たまーに,ごくまれに,偶さかにあるのですが,

電話・メールによる合否の問い合わせには応じません。

 

ついでに来年大学院試験を受ける阪大生に一点御連絡を。

博士前期課程(Master's course)から

博士後期課程(Doctral course)に

進学希望の場合,受験料は必要ありません。

間違って振り込まないようにしてください。

 

高校生の方々はもう,夏休みが終わってしまったのでしょうか。

みなさまの,未来の先輩方も試験に向けて

勉強をとても頑張っていらっしゃいました。

これから大変とは思いますが,体力も温存しながら,

冬に向けて勉強に取り組まれてください。

 

 

院試が終わりました

author : アズマ   [ 一般 ]
2016.08.29 Monday 22:04 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは。応用理工学科機械工学科目のアズマです。

やっとのことで院試が終わりました。あとは9月1日に結果発表があるのでそれを待つだけです。合格者はインターネットでも発表されるので、また大学入試のときと同じようにパソコンの前で緊張にガタガタ震えながら待つことになりそうです。

さて今日は、ぶっちゃけ大学卒業後の進路について書こうと思います。機械工学専攻の大学院進学率は9割と言われていますが、果たして...
私の所属する研究室の同期は7人、そのうち、そのまま大学院の機械工学専攻を受験して進学希望しているのが4人、残りの3人はそれぞれ別の進路を目指しています。一人は就職で、一人は人工知能に興味があり、それに関する研究をするために他大学を受験するそうです。もう一人はビジネスエンジニアリング専攻という阪大工学研究科内の別の専攻を受験するそうです。ということで、私の研究室の中では進学4人、就職1人、他大学他専攻が2人となっています。
3年半前には同じ応用理工学科を目指して入ってきたものですが、2回生で機械とマテ生産に分かれ、4回生で研究室に分かれ、進路が分かれて、段々とそれぞれの道を進むんだなあというのを考えました。
それではまた。

 

企業との共同研究

author : あひる   [ 一般 ]
2016.08.24 Wednesday 14:33 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは!
あひるです.

今回は,企業との共同研究について書いていきたいと思います.

私の研究室は,工学部の中でもとりわけ社会人が多く,
実験室にも大人の方がひっきりなしにいらっしゃいます.
その中でも企業との共同研究というところに絞って今回は紹介したいと思います.

例えば,私の研究室は動物細胞を扱っているのですが,
細胞を培養する容器を素材メーカーといっしょに作ったり,
ボタンひとつ押すだけで自動で培養を行える装置を
機械メーカーと作ったりなどなどが行われています.

大学側からすると,専門外のことをしていただける企業と研究すると
自分たちだけではできなかったことが実現できるようになるので,
研究が進んでいく幅が広がっていくというメリットがあります.

例に出した研究でも,私たちは生物系なので,培養容器を加工する技術や
機械を設計する技術は持ち合わせていません.
その代わり培養に関する知識やセンスを持っているので,
両者の専門性が合わさって初めて,新しい価値が生み出されるわけです.

また学生側から見ても,大人の方と一緒に研究するというのは,
会社に入った時にどうやってプロジェクトを進めていくのかについての模擬的な体験をできるので
そういった意味でも貴重な経験をさせていただいているなと感じます.

それから共同研究している企業は,研究室のことをわかってくださっているので,
就活の時に推薦があったりなかったり…というのも魅力かもしれないですね笑

研究室を訪れる際は,ぜひどんな企業と共同研究しているのかについても少し気にしてみてはいかがでしょうか.

以上あひるでした.

近況報告

author : umatugaku   [ 一般 ]
2016.08.22 Monday 13:39 | - | trackbacks(0) | 

夏の暑さにまいっているumatugakuです。今回は僕の近況報告をしようと思います。僕は夏休みに入って1学期の復習と来学期の予習をして、部活も頑張っています。

………。というのが僕の夏休み前の予定でした。現実は、バイト、バイト、バイト、そして部活、部活、部活で勉強する暇がありません。でも僕の部活が特別忙しいというわけではないです。部活を頑張って、勉強もしっかりやって、バイトもやっている僕にとってはスーパーマンみたいな人も結構いるので。そういうスーパーマンと僕の違いは何だろうと最近考えています。僕の中の結論としては、スーパーマンは時間の使い方が上手いですね。例えば、ご飯を早く食べて空いた時間で課題をやったりといったことをしていますね。じゃあお前もやればええやろって話なんですが、のんびり時間を使ってしまうんですよねぇ。もう20歳になって大人になったので、自分を変えなくてはならないなあとつくづく思います。

Things you need to know about OU's Library(ies)

author : monmon   [ 一般 ]
2016.08.20 Saturday 23:03 | - | trackbacks(0) | 

Hello! monmon here!

 

Today's topic will be OU's Library!

(We're on our term break actually but whatever library is always open lol)

 

Mainly there is 4 library in OU. Main Library in Toyonaka Campus, Life Science Library in Suita Campus, Science and Engineering Library in Suita Campus, and International Studies in Minoh Campus.

 

Today I'll just explain about 2 things you might need to know.

First one is, you can search the books there from online website (english ver), so you don't have to go to the library just to check whether they have this book or that book.

Second one is reserve system, they have this reserve system where you can reserve some book if the book is out, so after the person return the book, they'll give it to you. Also sometimes I need some book but it only available in Minoh or Toyonaka Campus' library, so I just reserve the book and pick it in Engineering library.

 

That's all for today!

Some you might already know about it but I think many students still don't know about this.

See ya!

Summer in Japan = Fireworks!

author : krisnadiputra   [ 一般 ]
2016.08.19 Friday 23:18 | - | trackbacks(0) | 

Summer in Japan is really hot, even for me, who is Indonesian. Sometimes it gets to around 38 degree C and the felt temperature is even higher because of its humidity. Although it feels so hot, I still think summer is still better than winter. (笑)

 

One thing that makes summer in Japan different than any other place is the existence of fireworks. I think it is a tradition in Japan to have firework festivals in each prefecture or area to compete with others. And I also think Japanese firework is one of the best in the world. I have ever seen one in Tokyo that showed Pikachu's face after its burst. I was very surprised when I saw that one.

 

This summer I have been very busy with experiments, grad school entrance exams, Indonesian Student Association things so I decided not to go to any of the festival. But, 2 weeks ago I had a chance to view the fireworks from Kujiraya, the curry canteen located in Suita Campus. It was very beautiful and slightly reduced the tense of this year's summer.

 

I will show you the picture, but because of the limitation of my camera, it doesn't look similar to the real one. So big isnt it? :P

See ya.

 

 

 | 1 / 209 PAGES | >>