阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんな事を考えているのか、など「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報をお求めの方は、右のバナーの公式ページやFacebookページをご参照下さい。

最近の若者はなかなかお金を使わないって果たしてほんと?

author : あひる   [ 一般 ]
2017.09.21 Thursday 17:19 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは!
あひるです。

いつから言われてることなのか定かではありませんが、
最近の若者はお金を使わない、ものを買わないということを聞いたことはありますか?
おまけに若者がお金を使わないから経済がうまく回っていかないという妄言を吐くひとまでいる始末。

この間、髪をカットしてもらっているひとと話していて、
これはそもそも何かがおかしいぞと思いました。

まず昔の若者がどれだけお金を使っていたのか存じ上げませんが、
たぶん高級な車や時計、家なんかに使っていたんでしょう。
じゃあ対するいまの若者は、お金を使わず貯金してるんでしょうか。
別にそんなにお金を溜め込んでるひともあまりいない気がします。
じゃあどこにお金がいっているのかというと、
たぶん携帯代やネットの使用料、旅行費用、マンションの家賃などなど。
これってつまりお金を払ってる対象がものからサービスや経験に変わってるだけじゃないかと。
そりゃものじゃないんだから、派手な買い物じゃないですよね。
形に見えないから。
でも今まで皆さんが支払ってきた携帯代の累積を計算したことがありますか?
おそらく莫大なものになってるはずです。

考えてみりゃそりゃそうで、とっくの昔に産業の中心は、鉄鋼や機械からITやサービスに遷移してきてるわけです。
産業が変わって消費が変わらないわけがない。
きっと、若者が変わったのかというとそうではなくて、むしろ、産業構造の変化に伴って社会が変わっただけです。

だから、決して若者がお金を使わなくなったわけじゃないんでは?と思うんですよね。
言うならばベクトルがちょっとずれただけ。

ということで、最近の若者はなかなかお金を使わないっていうのはちょっと疑わしいんじゃないかと思います。

では。

夏の研究活動2

author : だーつの   [ 一般 ]
2017.09.19 Tuesday 10:26 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは.

だーつのです.

 

続けてこの夏の研究報告をしたいと思います.

 

先日の諏訪での学会から帰宅途中に国際学会の査読の結果が...

新幹線の長旅で疲労がピークでしたが,メールの着信で目が覚めました.

ご,ゴクリ・・・受かってますように!

さて結果は,,

 

acceptされました!やったー!

 

頑張った事が報われるのは嬉しいことです.

いやー本当に先生方に感謝ですね.

場所は中国のマカオです!

しかも,学会会場がすごいゴージャス(?)なところらしく,ワクワクしています.

研究室の同級生と行けるので非常に楽しみにしております!

また,直前になったら事前準備の様子を報告できればなと思いますね.

 

ではでは,この辺で!

 

 

夏の研究活動

author : だーつの   [ 一般 ]
2017.09.18 Monday 10:09 | - | trackbacks(0) | 

みなさんこんにちは.

だーつのです.

 

今回は夏休みの研究活動について書きたいと思います.

 

つい先日,長野の諏訪で行われた学会に参加してきました.

諏訪といえば日本を代表する避暑地として有名です.

日本アルプスの麓で学会が行われるとあって,初諏訪の私は楽しみにしていました.

今回参加した学会は毎年研究合宿の形体で行われていました.

これは,全国の若手研究者が一緒に寝泊まりをしながらグループワークを行い,

親睦を深める狙いがあるようです.

何から何まで初めてのことだったので,出発前からワクワクしていました.

 

実際に参加してみると,長野は9月中旬でも涼しい!

しかも大阪より空が広くて空気が美味しかったです.

初日の夜は外でBBQをしました.上を見上げると満天の星空が広がっており,綺麗でした.

また,初めて会った学生の皆さんと研究について夜通し語り合いました.

非常に楽しかったですね.

 

私事ですが,この学会で最優秀講演賞をいただきました!

これも嬉しかったです.よかった〜.

 

ではではこの辺で!

 

阪大生、車に乗る。

author : Mt.Guchi   [ 一般 ]
2017.09.16 Saturday 18:15 | - | trackbacks(0) | 

こんばんは!電子情報工学科2年のMt.Guchiです。

 

夏休みなので大学までの定期もなく、日に日に吹田キャンパスと疎遠になっている気がしますが・・・

散歩道には足繁く通っております◎

 

さて、そんな私の近況を少しだけ・・・。今夏、私はセカンドスクールこと、「自動車教習所」に通っており、普通自動車(AT(オートマ)限定)を運転できるよう、アクセルとブレーキを交互に踏む日々を送っております。この夏休み中に取れる自信はありませんが、8月末から通い始め、順調なペースで教習項目をクリアしている最中です。

 

その実態についてざっくり述べると、教習は1コマ50分授業で、座学と実習に分かれています。座学では交通ルール等の知識を頭に詰め込み、実習では教習車を巧みに操る、という流れでして、それぞれの規定のコマをすべて受け終え、試験に合格すれば免許GET、というものです。ただし、規定のコマを受けるタイミングは人それぞれで、自由に申し込みできます。その為、要領の良い人は一ヶ月ほどで免許にたどり着くものの、遅い人は半年くらい教習所に通うことになるそうです。

 

「座学」と「実習」のうち僕が好きなのは、当然「実習」!! 常に運転する楽しさの為だけに教習所へ行く自分がいます。(男性の方は割とこの意見に賛同して下さると思いますが、女性陣には耐えきれない一言かも・・・汗)

 

そんな実習の授業中、運転しながら教官と話すことはほぼ均一。「今日あっちぃな〜」「大学どこいってんの〜?」「彼女おんの〜?」→「・・・。」

そんな日常ですが、この前はたまたまこんな話になりました。

 

教官「なんでAT(オートマ)限定にしたん?MT(マニュアル)は?」

私「MT運転する機会がなさそうなので・・・」

教官「その判断正しいわ!何ならATも必要ないわ。しばらくしたら本当の意味で『自動車』になると思うわ」

私「自動運転のことですか?」

教官「そうそう。まあ事故したときの責任問題とかで複雑らしいけどな」

 

相手が工学部生であったことを見抜いていたのかどうかは分かりませんが、もう人間が運転する必要は無くなるんじゃないか、という話でした。そして、その未来を生み出すのって・・・よく考えたら私たち工学部生ではありませんか・・・・・・

私自身は運転が好きなので、自動運転が当たり前の社会になってしまうことに頗る抵抗があり、個人的には基本自分が運転して、緊急時だけ自動でブレーキが作動する、現在普及しているような技術くらいで十分だと思っています(..;)

 

ということで、広島カープが負けてテンションの下がるMt.Guchiからは以上です。

<おわり>

阪大を楽しむ!〜夏休み〜

author : ゆる   [ 一般 ]
2017.09.15 Friday 17:23 | - | trackbacks(0) | 
この前成績発表があったのですが、必修科目を1つ落としてしまいました…泣
必修ですが選択可能な科目なので、来年再履修する必要はありませんが、秋冬学期頑張って取り返します(-_-;)
さて、今回の話題は、夏休みです。大学生の夏休みは、8月の最初に期末試験が終わったあとから9月の終わりまで、2ヶ月弱続きます。この2ヶ月弱、予定をたくさん立てれば本当に充実した夏休みを過ごすことができます。私は今夏休み絶賛楽しみ中です!
高校までの夏休みと全然違うと感じるのは、食事会に行く多さです。最近はサークルでの懇親会などが多いのですが、これが本当に楽しいです。一緒に食事をすることでいろいろなことを話し、一気に仲良くなることができます!お金の飛び方は半端ないですが…笑
あと思うことは、大学生になると行動範囲が一気に広がり、新たな経験がたくさんできることです。私はいろんなサークルに所属しているので多いのですが、合宿をする機会が多くあります。私はこの夏、いろんな種類の合宿に4つほど参加しましたが、どの合宿でもいろんなことを学んで本当に楽しかったです。合宿でしか経験できないようなこともたくさんあって、自分がいろんな面で成長できました!(*'▽')
残りの夏休みあと少しですが満喫したいと思います!
それではこの辺で〜。

学会参加

author : 谷口   [ 一般 ]
2017.09.15 Friday 15:19 | - | trackbacks(0) | 

みんさま,こんにちは.

生命先端工学専攻の谷口です.

 

今週の月曜から木曜まで,学会@東京に参加してきました.

4日間で長く,まあまあ疲れましたが,勉強の機会に恵まれていて充実しました.

 

私の本学会でのメインイベントは,ポスター発表とショートプレゼンテーション(2分間)でした.

特に,ポスター発表は大変好評で,人が絶えない感じでした!

口頭発表は発表者が一方的に説明していくのに対して,ポスター発表は聞き手と話しながらの進行なのでコミュニケーションが大事になります.自分の研究に対して,聞き手が持った意見や印象を取り入れることができるので,私はポスター発表の方が好きです.

 

それから,次に大切なイベントは,もちろん飲み会です!

学会主催の懇親会や,小規模な飲み会など,学会期間中は毎日飲み会がありました.同じ年代の他大の学生や,企業の方とお話しできて,交流を広げるとても良い機会となりました.

 

研究を頑張って,また学会に行きたいと思います.

それでは,今回はこのへんで.読んでいただいてありがとうございました!

 | 1 / 247 PAGES | >>