阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんなことを考えているのか、など、「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報をお求めの方は、右のバナーの公式ページをご参照下さい。

初めの一歩

author : アズマ   [ 一般 ]
2016.09.29 Thursday 20:49 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは。
応用理工学科機械工学科目4年のアズマです。

さてもうすぐ夏休みも終わり来月から新学期が始まるところですが、研究室に配属されると、実は夏休みはあまり多くありません。
というのも、学生が自分の研究内容を研究室内で発表する研究会や、読んだ論文の内容について発表する輪講は9月下旬からは平気で催されているんです。きちんと休みを取れば帰省はもちろん旅行や合宿に行けるのでそこは安心してください(笑)

ということで、去年までは夏休みを満喫していたこの時期は、今年は院試が終わってやっと本格的に研究が始められる、という時期で、今は最適化計算で使うプログラムを使う練習をしています。私の研究は前にもご紹介したように、電子基板の銅配置パターンをコンピュータで最適化するというものです。電子基板から発生するノイズを少なくするためには基板上をどのような形に配線すればよいのか、をコンピュータで探索します。

最適化計算は2つのソフトを組み合わせて行うもので、ざっくり言うと、片方で物理現象のシミュレーションを行い、もう片方で最適化、つまりより性能が良くなる形状を計算する、という分業をしています。なので最適化をするためには2つのソフトの両方の仕組みや使い方を理解していかなければいけません。
計算を行うMATLABというソフトで使うのは、3年生までで学んだC言語とは似ても似つかぬ感じの言語で、例えばforループはC言語ではfor(i=0; i<5; i++)と書いていたのを、MATLABではfor i=1:5みたいに書きます。

こういう理由もあり、最適化のプログラムを理解するのは初めは難しかったので、これを理解するために、「既成のプログラムを1行ずつ実行する」ということをしてみました。これが何とも分かりやすいんです!MATLABの機能としてプログラムで使っている変数の中身を随時表示してくれるので、その中身を追っていけば、プログラムのそれぞれの行がどのような処理を行っていてどのような意味を持っているのかが、だんだん理解できてきました。分からない所があったら、まず説明書を読み、それでもダメなら先輩や先生に質問して解決していきます。
なかなか地道な作業ですが、始めは訳の分からなかったプログラムが、意味のあるものとして見られるようになってきた時が非常に嬉しかったです。10月の2周目に研究会があるので、それを目標にしていきます!

それではまた。

 

北海道一周

author : nacl   [ 一般 ]
2016.09.27 Tuesday 08:12 | - | trackbacks(0) | 

この夏休みはほとんど家を空けていたのでブレーカーを落としていたのですが、冷蔵庫に食べかけの納豆とヨーグルトがあるのを忘れていて久々に帰ってきたら家が大気汚染されていました。皆さんもブレーカーを落とすときにはコンセントにプラグが差さっていないかは勿論のこと、冷蔵庫に何か残っていないか確認してくださいね…

ご無沙汰しています、電情3回のnaclです。今回はこの夏休み自転車で北海道一周してきたのでそのことについて少し話したいと思います。

自転車で北海道一周というのはロードに乗っている人なら一回はやりたいと思うことだと思うのですが、いかんせん北海道が広いのでためらう人も多いかと思います。まともに海岸線を走ると2800kmあります。北海道一周のノリで日本縦断できちゃいますよね…。僕にはそんな距離を走るための時間も体力もなかったので一部海岸線ではなく国道を走りました。よって2300km位になりました。

ただ、皆さんもご存じの通り今年はなぜか北海道に台風が大量に上陸しましたね。そうです…ちょうどあの台風ラッシュの時に走っていたのでひどいときには台風が直撃している日に一日中走るなど結構しんどい時もありました。でも釧路や知床、宗谷岬など晴れてほしいところは晴れてくれたので良かったです!

最近は自転車ブームで結構自転車に乗っている方が多いのですが、実は通学や通勤に使うだけでロングライドにはいかないという人が多いのですが、いざ行ってみるとすごく楽しいです。自転車を持っている人はぜひロングライド考えてみてください!

マイルームに参る

author : A.Mizunoawa   [ 一般 ]
2016.09.26 Monday 14:00 | - | trackbacks(0) | 

みなさん、ご機嫌いかがお過ごしですか。大変ご無沙汰しています。応化2回生のA.Mizunoawaです。

2年生になって最初の記事にて「吹田キャンパスは遠いからそのうち引っ越したい」という旨を綴らせてもらいましたが、この夏、親と相談してA.Mizunoawaは実際に引っ越すことになりました。今まさにその新居でこの文章を作成しています。

一人で暮らすことの大変さについては僕が述べずとも探せば色々と記述が見つかると思いますので、敢えてここでは書きません。その代わり今回は「マイルーム」について説明しようと思います。

http://www.handai-myroom.com/

マイルームとは生協組合が管轄している不動産屋のことで、各キャンパス周辺に特化して物件を紹介しているところです。他の不動産屋と比較しての強みは、大学に通う前提の立地にある物件を探しやすいこと、トラブルサポートが充実していること、入居までの各種手続きが楽なこと、それから、完全にマイルームのみでしか取り扱っていない「阪大生専用アパート」が存在していることです。僕が選んだアパートもこの阪大生専用で、全戸、阪大生しかいないそうです。個人的な感想ですが、通常のアパートよりもなんとなく居心地が良い感じがして素敵ですね。

来年度以降の新入生の方々、あるいは今後キャンパス移動をされる方々は、是非、マイルームを利用してみると良いのではないでしょうか。おすすめです。

それでは、今回はこの辺で。See you again!

院試お疲れ会

author : アズマ   [ 一般 ]
2016.09.22 Thursday 19:06 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは。応用理工学科機械工学科目のアズマです。

前回の記事では、院試の結果発表待ちで緊張してます、といったことを書きましたが、結果は、合格でした!試験当日は制御工学の試験で躓いてしまい、その後の口頭試問でも「君は制御工学ができていなかったね」と指摘される、ということもありましたが、無事に合格できてほっとしています。

研究室では、院試お疲れ会を兼ねて学生有志で和歌山へのキャンプを先輩が企画して下さり、私もそれに参加してきました。今日はその様子をご紹介します。
行ったのは和歌山県北部にあるキャンプ場で、すぐ近くを綺麗な川が流れているので、到着して荷物を置くとまず川遊びが始まりました(笑)。「川相撲トーナメント」なるものが突発的に開催され、先輩でも容赦なく投げられてずぶ濡れになります。

夕食はキャンプ場の施設を使ってバーベキューでした。申し込んだプランに食材はついていないと思って事前に買い出しに行ったのですが、実は食材が付いていて、その結果食べ物の量が倍になるというハプニングもありましたが(残った分は持ち帰りました)、自分たちで起こした炭火を囲んで、色々なことを話したのは良い思い出になりました。

2日目は、キャンプ場を出て移動し、名物のしらす丼を昼食にして帰路につきました。キャンプを通して、研究内容が異なる等で普段はあまり話すことがない方とも話すことができ、親睦を深められたように思います。これから少なくとも2年半はお世話になる研究室ですので、この関係を大切にして頑張りたいと改めて思いました。
それではまた。

 

Summer Holiday!

author : monmon   [ 一般 ]
2016.09.20 Tuesday 22:39 | - | trackbacks(0) | 

Hello, monmon here!

 

We're still in the summer holiday but our new term in less than 2 weeks (ohno ohno ohno)

 

Maybe some of you  didn't know, but Japanese school term and other countries school term start in different time. Japanese first semester start in April, second semester in October. However, in my country (and some of the other countries too), the first semester starts in August or September, and the second semester starts in February or March. So, actually for international students, there will many more new students coming in fall term rather than spring term.

 

In OUISA, we will have a daily life orientation especially for the new students that are coming to Osaka University on 12 October.

(I will post further information later :D )

 

 

that's all for today~~~ have fun in the rest of the holiday!

Summer Lab Trip: Kobe!

author : krisnadiputra   [ 一般 ]
2016.09.19 Monday 18:10 | - | trackbacks(0) | 

Hello, cosmas here. It is pretty common for labs in Japanese Universities to have lab trip in summer. It is period for students to decide their topics of the research especially for senior year like me. In case of my lab's trip, we went to Kobe, rent rooms and meeting room in a hotel for the first day and traveled around Kobe for the second day. And to cut some of the cost, we traveled by train :p.

 

Here is the photo when we travel China town in Motomachi, Kobe. Although the main purpose of the trip is the presentation of our research topic, we also had fun on the second day.

 

 | 1 / 211 PAGES | >>