阪大工学部の散歩道へようこそ!

このブログは、正真正銘の阪大工学部の教職員・学生が記事を投稿しているページです。
このブログを通じて、阪大工学部では毎日どんな事が起こっているのか、阪大工学部の人たちはどんな事を考えているのか、など「生の阪大工学部」を知って頂きたいと思っています。
ご投稿、コメントをお考えの方はお手数ですが、下記のアドレスまで投稿内容を送信してください。
まだまだ成長途中のブログですので、みなさまの暖かいご声援をお待ちしております。
記事・コメント投稿、要望などはこちらのアドレスまで
→ sanpo@eng.osaka-u(最後に.ac.jpをつける)

大阪大学 工学部/大学院工学研究科についてより詳しい情報をお求めの方は、
右のバナーの公式サイトや facebook、Instagram、Twitterをご参照下さい。

近況報告

author : nacl   [ 一般 ]
2019.04.21 Sunday 11:03 | - | trackbacks(0) | 

最近暑くなってきましたね…。そろそろなまった体を鍛え始めないと、今年の吹田祭までに仕上げられないので、頑張りたいと思います。

 

こんにちは、電気電子情報工学専攻のnaclです。最近、就職活動しかしていないので、就職活動の話をしたいと思います。

 

何とか、就活のゴールが見えてきまして、ゴールデンウィーク前には就職活動を終了できそうです。

 

私は就職活動の中で、あまり業界を絞っていなかったので、非常に大変でした。(コンサル・メーカー・インフラ業界を見ていました。)

 

一応、コンサル3社・メーカー6社・インフラ2社から内々定を頂いたのですが、結局自分のやりたいことはメーカーでの研究職だと思い、この最後の週で色んな人から話を伺い、最終的な意思決定をしようと思います。

 

私の就職活動はこんな感じで進んでいましたが、こう書いてみると、学生優位の売り手市場であることがよくわかるかもしれません。企業も学生を選びますが、学生側も企業を選べるレベルまで立場が逆転してしまっている気もします。

 

ちなみに、大阪大学大学院では大学推薦というものがあり、企業に対して、大学が学生を推薦する制度があります。メリットとしては、推薦なので面接の回数を減らして頂けるなど、学生側の負担が減ります。ただ、推薦を取ると、その企業が受かったらその企業に行かなければいけないという制約も付くので、諸刃の剣のようなモノになっています。

 

私は優柔不断で、縛られることがあまり好きではないので自由で受けましたが、そういう選択肢もあるというのは知っておいてほしいです。

大学院入試(応用化学専攻)の対策について!

author : ミッケ   [ 一般 ]
2019.04.18 Thursday 14:04 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは! 応用化学専攻 修士1年のミッケです。

工学部では大部分の4年生が大学院に進学しますが、そろそろ本格的に院試対策していかなあかんな〜と考えている方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、私が昨年度受験した大学院応用化学専攻の入試対策について書いていきたいと思います!

応用化学専攻の院試は、学問分野としては

化学英語
有機化学
無機化学
物理化学
の4つです。このうち、より綿密に対策しておくべき分野は圧倒的に有機化学です。
化学英語は勉強したところが出る確率が低く、
物理化学は勉強したところが出ても問われ方が変わって解けない可能性もあります。
残るは無機化学と有機化学です。配点は同じですが、有機化学の方が問題量が多い分一問一問の配点が低く、コツコツと得点を稼ぎやすいです。
また、有機化学は勉強したことがダイレクトに得点に繋がりやすい分野でもあります。
よってこのような特徴を持つ有機化学が、最も対策しておくべき分野だと言えるのです。
有機化学を制する者が院試を制す!ということですね!
※昨年度までの傾向なので変わる可能性はあります。
いかがでしたでしょうか。後で焦らないように早めに対策していきましょう...!
それではまたお会いしましょう('ω')ノ

色について(応用化学)

author : すみっコ   [ 一般 ]
2019.04.17 Wednesday 09:01 | - | trackbacks(0) | 

 

 

こんにちは!!

応自3回のすみっコです🐱

 

花粉と戦う日々です…

みなさんは大丈夫でしょうか…❁⃘

 

最近色についていろんな授業で勉強したので、

今回はその話をしたいと思います。

珍しく勉強内容系です🙂

 

まわりをぱーっと見渡してみると、

世界には様々な色があふれています。

実は、これは電磁波を目で認識しているのです。

色はそれぞれ波長の違いで分けられていて、

紫が1番波長が短く、赤が1番長いです。

紫よりも短くなると、

女子の大敵である、紫外線になります!!

赤のときは赤外線です。

昔はガラケーで赤外線通信などありましたね✉

 

 

 

 

そして、色には補色というものがあります。

これは中学の美術で勉強しましたね🖼

カラーサークルの向かいにある色のことです。

今私たちに見えているものの色は、

そのものが吸収している波長の色の

補色となる色なのですね!!

吸収される色は私たちのところまで届きません。

 

それぞれの物体で色が違うということは、

それぞれ吸収する波長が

違うということですよね!!✨

これは電磁波のエネルギーを受けて

原子の電子が励起することによります。

そのときのエネルギー差が

物質によって異なっているために、

違う色に見えている、ということです。

 

少し難しいかもしれませんが、

こういうのに興味がある方は

ぜひ応用自然科学科の応用化学コースについて

調べてみてくださいね( ˙꒳˙  )

 

 

 

新学期スタート

author : あーる   [ 一般 ]
2019.04.08 Monday 16:18 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは!☀ 新3回生のあーるです。

いよいよ今日から新学期の授業が始まりましたね。

ひさしぶりの授業で疲れちゃいました。

今セメは授業が去年より多めなので、テストで苦労しないように

普段から勉強するっていうのが目標です!

来年は院試もあるので勉強の貯金していきたいです📚

今日の朝吹田キャンパスに来た時に桜がとても綺麗だったので

写真をパシャり

去年は例年より開花が早かったので授業が始まる頃はもう桜のピークは過ぎていた気がします。 吹田キャンパスのいろいろな場所に桜が咲いていてとても綺麗でした! もうしばらくはお花見できそうですね🌸

 

それでは新学期も張り切っていきましょうー!📣

 

【Instagramはこちら】

https://www.instagram.com/engineering_osakauniversity/

新入生が4月にすべきこと!

author : ミッケ   [ 一般 ]
2019.04.06 Saturday 18:18 | - | trackbacks(0) | 

こんにちは!応用化学専攻 修士1年のミッケです(この4月から大学院に進学しました)。

 

まずは先日阪大にご入学された皆さん、本当におめでとうございます!(*^▽^*)

サークルオリエンテーションも終わり、いよいよ最初のセメスターが始まりますね。

そこで今回は、”新入生が4月にすべきこと” について書いていきたいと思います!

 

”活・サークルの新歓イベントにはできる限り参加しておく!

 

新歓イベントに行くと、ほとんどの場合ご飯を奢ってもらえます。こういう時期って、今思えば一生に一度きりだったんじゃないかと(遠い目)。

頑張れば1週間夕飯0円も夢じゃない?!最近一人暮らしを始めた人には特に有り難いですよね。

ただ、初対面の人と喋りまくるのは中々気を遣うので、疲れない程度に!

 

気になる講義の初回には出ておく!

 

いざ講義に出席してみて、もし「思ってたのと違うな〜」と感じたら履修取り消し期間内にKOAN上で削除すればいいだけです。

また初回はガイダンスであることが多いので、その講義の全体の流れを把握できます。

 

C訖はキャンパス外から持って行く!

 

入学当初は特にキャンパス内の学食が気になりますよね。

それゆえに、4月の初めは学食が1年のうちで1番混みます(;゚Д゚)売店も然りです。

学食で食べるだけで昼休みを全部使い切ってしまったことも笑

最初は教室の場所がわからなくて迷うこともあり得るので、家・学外のコンビニなどから昼食を持って行き、2限 or 3限の教室で食べるのが良いと思います!

 

 

いかがでしたでしょうか?良いキャンパスライフをお過ごしください♪

それではまたお会いしましょう(・ω・)ノ

情報科学研究科!!!

author : Mt.Guchi   [ 一般 ]
2019.04.05 Friday 17:52 | - | trackbacks(0) | 

こんばんは!電子情報工学科4年のMt.Guchiです!

とうとう新学期の到来ですね.桜並木を通りながら,昨日もサークルのために豊中キャンパスに足を運んできました!

さて,実は一昨日,情報システム工学クラスでは研究室配属がありました.そもそも情報システム工学クラスとは何ぞや,ということですが,2016年度入学※それ以降については変更ありの我々は,以下のような塩梅でコースが分かれました.まず,電子情報工学科に入学した約160人が,2年生になる直前に電気電子工学科目:情報通信工学科目=90:70に分属されました.その後,3年生になる直前で情報通信工学科目に分属されている70人が,情報通信工学クラス:情報システム工学クラス=35:35に分かれました.この情報システム工学クラスにいる35人が8つの研究室に割り振られたのが一昨日だった,ということです.当然,いくつかの研究室は人気と評され,そこには配属を熱望する学生が大勢いますが,競合したときはこれまでの大学での成績を考慮し,成績上位者から優先的に配属がなされます.具体的な成績のつけ方については公表されていませんが,単なるGPA(評定のようなもの)での評価というわけではなく,専門科目や一般教養の科目なども広く勘案された厳密な成績評価が行われるそうです.

実際,一昨日の具体的な流れとしては,

13:00 集合

13:30 研究室見学開始(1研究室あたり15分の紹介)

17:00 研究室希望調査

17:50 研究室配属発表

18:00 各研究室にて歓迎会etc

といったものでした.つまり,半日で研究室を見学し,そのまま配属先を決定するという,今思えばなかなかタイトなスケジュールでした(笑) 研究室の希望は,第1希望から第8希望まで書け,基本的には成績上位者からその希望を呑んでいく,といった形でした.私はなんとか第1希望の研究室に配属が決まったのですが,中には自分の希望にそぐわず,別の研究室に配属される人もいました.それもそのはず,このご時世,やはりAIやビッグデータの研究が盛んにおこなわれている研究室が人気で,そこに人が殺到する傾向があります.そのため非常に競合が多く,なかなかそういったところに配属が決まるケースはレアです.(というより成績上位者であれ,ということですね) とはいったものの,今回私が配属された研究室はネットワーク寄りの研究室ですが,配属人数が最大定員+1人の合計7人で,かなり人気があったそうです(゚Д゚;) また,私と同じくらいの成績をとっている人たちが人気の研究室に配属されていたことから,今思えば私自身,単位を何度か落としたことはあるけれど,意外と真面目に勉強していたのかもなぁ,という実感が今更湧いてきました(笑)

そんな研究室で早速本日の午後からミーティングがあり,先輩方と他愛もない話をさせていただいたり,個別に先生方とお話しさせていただきました.長い時間,とても親切にご対応して下さったので,自分の中でのモチベーションが一気に上がりました(笑) 思ったことを口にする中で自分がやりたいことが少し明確になったのかもしれません.その結果,とうとう自分の研究テーマ(というより研究の見習い)が決定しました!今後は論文を読む訓練からスタートとなるわけですが,必死で喰らいついていきたいところであります!

そんな情報科学研究科がこちら!

写真撮るの下手であまり綺麗に写せませんでしたが,ほんまはめちゃくちゃ綺麗なんすよ!そんな情報科学研究科で今後お世話になるMt.Guchiなのでした.<おわり>

 | 1 / 308 PAGES | >>